Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2006上半期Node-Awards①

音楽雑誌などではそろそろ年間ベスト・アルバムが発表される時期になりましたが。そう言えば僕、今年の上半期Awards発表するの忘れてましたね(スイマセン・汗)。そんな訳で、今更ながらなんですけど、一応まぁ恒例ですので、まずは2006年の上半期Awardsの邦楽編から順に、同洋楽編、そして2006年下半期邦楽編・洋楽編と発表させて頂くことにします。



【新作部門】
鈴木祥子『鈴木祥子』
鈴木祥子 (2006/01/25)
ワンダーグラウンド・ミュージック


鈴木祥子さんも基本的に僕の中では新作が出たら自動的に受賞することに決まってるんですが(というか、出る前に2005年12/30の素晴らしかった京都拾得公演を観た段階でほぼ固まってました)、それが初のセルフ・タイトル・アルバムとなれば尚更です!(ジャケの写真も素敵っす!!)。



【再発部門】
GOLDEN☆BEST/シネマ『GOLDEN☆BEST』
シネマ (2006/06/21)
Sony Music Direct


再発部門は既に発表してました通り。どうやら来年は松尾清憲さんの新作ソロに加え、シネマとしてもアルバムが発表されるようなので、どちらも今から楽しみです!



【シングル&ジャケ部門】
リンゴガール「リンゴガール」
ミドリカワ書房、緑川伸一とelly 他 (2006/02/22)
ソニーミュージックエンタテインメント


本秀康画伯によるジャケがめちゃキュートですが、同じく本画伯による多分業界初の漫画仕様歌詞カードにもご注目!(要するに歌詞カードが本さんの漫画になってるのです)。その漫画仕様歌詞カードの一部は今年の3月に発売された『クイックジャパン』Vol.64(映画『ドラえもん』総力特集号)にも広告として掲載されてましたので、ご興味のある方は是非そちらもご覧になってみて下さい(実はP81に本秀康画伯が『のび太の宇宙開拓史』を描いておられるんですが、それがまたとっても素晴らしいんですよ!)。勿論、肝心の中身もほのぼのとしたポップチューンで、おまけにellyこと元SPEED今井絵理子とのデュエットによるカップリング曲「彼は昔の彼ならず」は、ヒロシ&キーボー「3年目の浮気」「5年目の破局」方式で(?)「リンゴガール」と連作(オチ)になっていたりと、洒落が効いていて、どれをとっても実に楽しいシングルです♪



【新人賞】
ピリオド(初回限定盤)(DVD付)「ピリオド」(DVD付初回限定盤)
綾瀬はるか (2006/03/24)
ビクターエンタテインメント


基本的に僕は若手の女優さんが二束のワラジを履いてCDを出したり歌手活動をすることに否定的で、それよりも女優としてもっと本業を磨くべきだという考えなのですが。でも、綾瀬はるかに関しては、ただ単に人気に便乗してCD出してみましたという感じではなくて、彼女らしい色合いも出ていて、素直に「おっ、結構いいじゃん!」と思えました(こんな気持ちになるのって久々。多分、和久井映見さん以来です・苦笑)。



ということで、以上、上半期Awards①邦楽編(同②洋楽編に続く)。
ちなみに、過去のAwardsについてはこちらをご参照下さい。

関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/18-68734528

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT