Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

JFN『BIG SPECIAL』:フィル・スペクター特集Vol.2

フィル・スペクター~アーリー・プロダクションズフィル・スペクター
~アーリー・プロダクションズ

(2010/04/24)
オムニバス



JFN系『BIG SPECIAL』
2012年1月31日25:00-28:00
「The Sound Of Phil Spector」第2夜(全3回)
選曲&監修:萩原健太
レギュラーDJ:小山ジャネット愛子
http://www2.jfn.co.jp/big/


-1時台:フィレス・レコードに在籍したスターたち-

01)Chapel Of Love 愛のチャペル 1964年
 チャペル・オブ・ラヴ
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ]
 /ロネッツ The Ronettes
 ※ディキシー・カップス (The Dixie Cups-1964年1位/R&B1位)

CM
【フィレス第1号アーティスト、クリスタルズを2曲】
02)Girls Can Tell
 ガールズ・キャン・テル 1963年録音
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ]
 /クリスタルズ The Crystals

03)Woman in Love (With You)
 ウーマン・イン・ラヴ 2011年発売
 [ Barry Mann / Phil Spector / Cynthia Weil ]
 /クリスタルズ The Crystals

【ダーレン・ラヴを2曲】
~発売後2週間で回収されてしまった幻のシングル

[ Philles 123 ](A面)
04)Stumble and Fall スタンブル・アンド・フォール 1964年
 [ Peter Andreoli / Vince Jr. Pocia / Phil Spector ]  
 /ダーレン・ラヴ Darlene Love

[ Philles 123 ](B面)
05)(He's A) Quiet Guy クワイエット・ガイ 1964年
 [ Peter Andreoli / Vince Jr. Pocia / Phil Spector ]
 /ダーレン・ラヴ Darlene Love

【エイプリル・スティーヴンスとシェールを1曲ずつ】
[ VJ555 ]
06)Why Can't A Boy And Girl Just Stay In Love 1963年
 [ Phil Spector / Nino Tempo ] 
 /エイプリル・スティーヴンス April Stevens

[ Phi-Dan 5005 ]
07)Home Of The Brave
 ホーム・ オブ・ザ・ブレイブ 1965年
 [ Barry Mann / Cynthia Weil ]
 /ボニー&ザ・トレジャーズ Bonnie & The Treasures
 ※訂正:シェールではなく、ヴォーカルはシャーロット・オハラでした。

【MFQ】
08)This Could Be the Night
 ディス・クッド・ビー・ザ・ナイト  1965年
 [ Harry Nilsson ]
 /モダン・フォーク・カルテット Modern Folk Quartet 

CM
【ロネッツ】
~『Presenting the Fabulous Ronettes Featuring Veronica』から3曲

09)I Wonder アイ・ワンダー 1964年
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ]
 /ロネッツ The Ronettes

10)You Baby ユー・ベイビー  1964年
 [ Barry Mann / Phil Spector / Cynthia Weil ]
 /ロネッツ The Ronettes

11)How Does It Feel?
 ハウ・ダズ・イット・フィール 1964年
 [ Peter Andreoli / Vini Poncia / Phil Spector ]
 /ロネッツ The Ronettes

~後年発掘された未発表音源を2曲
12)Here I Sit ヒア・アイ・シット 1965年録音(1976年発売)
 [ Harry Nilsson / Phil Spector ]
 /ロネッツ The Ronettes

13)Soldier Baby (Of Mine) 
 ソルジャー・ベイビー・オブ・マイン 1964年2月録音(1976年発売)
 [ Peter Andreoli / Vini Poncia / Phil Spector ]
 /ロネッツ The Ronettes
 ※Candy & the Kisses(1965年)

CM
~お蔵入りだった音源をもう1曲
14)Paradise パラダイス 1965年10月録音(1976年発売)
 [ Perry Jr. Botkin / Gil Garfield / Harry Nilsson / Phil Spector ]
 /ロネッツ The Ronettes
 ※シャングリラス(The Shangri-Las)

【フィレス最後の歌姫、ティナ・ターナー】
[ Philles 135 ]
15)I'll Never Need More Than This
 アイル・ネヴァー・ニード・モア・ザン・ジス  1966年
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Phil Spector ]
 /アイク&ティナ・ターナー Ike & Tina Turner

AM2:00
- 2時台:フィレス以降のフィル・スペクター-
【充電期間を経て、1968年にA&Mとプロデュース契約】
[ A&M 1053 ]
16)Black Pearl 黒い涙 1969年13位
 [ Irwin Levine/Phil Spector/Toni Wine ]
 /チェックメイツ・リミテッド
 ソニー・チャールズ&ザ・チェックメイツ・リミテッド
 Sonny Charles&The Checkmates LTD
 Checkmates, Ltd feat. Sonny Charles

CM
【ビートルズ】
~フィル・スペクターはアメリカのポピュラー音楽界の伝統的な分業システム
を継承しつつも、ロックンロール時代ならではのポピュラー・ミュージックを
作り上げたが、ビートルズの登場によって崩壊。そのせいで60年代半ば以降、
一気に輝きを失ったものの、皮肉なことに、ビートルズからのプロデュース
依頼で再び最前線に蘇ることに。

[ Apple 2832 ]
17)The Long And Winding Road
 ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 1970年1位/AC2位
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

【ジョージ・ハリスンとの共同プロデュースを2曲】
[ Apple 2995 ]
18)My Sweet Lord
 マイ・スウィート・ロード 1970年1位
 [ George Harrison/John Gary Williams ]
 /ジョージ・ハリスン George Harrison

[ Apple 1836 ]
19)Bangla Desh  バングラ・デッシュ 1971年23位
 [ George Harrison ]
 /ジョージ・ハリスン George Harrison

【ジョン・レノンを2曲】
[ Apple 1818 ]
20)Instant Karma! インスタント・カーマ  1970年3位
 [ John Lennon ]
 /プラスティック・オノ・バンド The Plastic Ono Band
 ジョン・レノン John Lennon

~『ロックンロール』セッションより
21)Angel Baby エンジェル・ベイビー
 [ Rosie Hamlin ]
 /ジョン・レノン John Lennon
 ※Rosie & The Originals(1961年5位)

CM
【1974年にワーナー・スペクター・レーベル設立】
[ Warner-Spector 0402 ]
22)A Love Like Yours (Don't Come Knockin' Every Day)
 ア・ラヴ・ライク・ユアーズ 1975年
 [ Lamont Dozier / Brian Holland / Eddie Holland ]
 /二ルソン&シェール Nilsson & Cher

【ディオンをプロデュース】
~アルバム・タイトル曲を

[ Phil Spector Int. 2010 012 ]
23)Born To Be With You
 ボーン・トゥ・ビー・ウィズ・ユー 1975年
 [ Don Robertson ]
  /ディオン Dion

【ラモーンズの『エンド・オブ・ザ・センチュリー』をプロデュース】
~勝手に甘いストリングスをダビングされ、メンバーは激怒

[ Sire 49182 ]
24)Baby I Love You
 ベイビー、アイ・ラヴ・ユー 1980年  
 [ Jeff Barry / Ellie Greenwich / Jimmy Holiday / Phil Spector ] 
 /ラモーンズ Ramones

CM
【レナード・コーエンとの異色コラボ】
~『Death of a Ladies' Man(ある女たらしの死)』をプロデュース。
スペクターがスタジオを占拠し、コーエンは追い出された!?

25)Memories 回想 1977年
 [ Leonard Cohen / Phil Spector ]
 /レナード・コーエン  Leonard Cohen

AM3:00
- 3時台はフィレス・レコード以前のフィル・スペクター -

[ Dunes 2007 ]
26)Pretty Little Angel Eyes
 プリティ・リトル・エンジェル・アイズ 1961年7位
 [ Tommy Boyce / Curtis Lee ]
 /カーティス・リー Curtis Lee

CM
【音楽キャリアの出発点】
~16歳の時に結成したテディ・ベアーズの一員としてデビュー

[ Dore 503 ]
27)To Know Him Is To Love Him
 会ったとたんに一目ぼれ 1958年1位  
 [ Phil Spector ]
 /テディ・ベアーズ Teddy Bears

【以降は裏方に転身、修行時代に手掛けた2曲】
[ Atlantic 2115 ]
28)Twist And Shout ツイスト・アンド・シャウト 1961年 
 [ Bert Berns / Phil Medley ]
 /トップ・ノーツ The Top Notes

[ Atlantic 2104 ]
29)Anyone But You エニイワン・バット・ユー 1961年
 [ Jeff Barry ]
 /ル―ス・ブラウン Ruth Brown

【更に1961年に手掛けたプロデュース作品を2曲】
[ ABC-Paramount 10181 ]
30)Some of Your Lovin' サム・オブ・ユア・ラヴィン 1961年
 [ Philip Spector / Terry Phillips ]
 /ジョニー・ナッシュ Johnny Nash

[ Jamie 1199 ]
31)You Took Advantage Of Me
 ユー・トック・アドヴァンテージ・オブ・ミー 1961年
 [ Ronald Blackwell ]
 /ザ・ブラックウェルズ The Blackwells

【1961年に手掛けた作品の中でも充実した出来映えの2曲】
[ Musicor 1011 ]
32)Every Breath I Take
 愛の息吹き 1961年42位
 [ Gerry Goffin / Carole King ]
 /ジーン・ピットニー Gene Pitney

[ Gregmark 6 ]
33)I Love How You Love Me
 貴方っていい感じ 1961年5位
 忘れたいのに
 [ Larry Kolber / Barry Mann ]
 /パリス・シスターズ The Paris Sisters

【最後にフィレス時代のフィレス以外での仕事を1曲】
[ columbia 4-42678 ]
34)I Love You Betty
 アイ・ラヴ・ユー、ベティ  1962年
 [ Phil Spector / Hank Hunter ]
 /テリー・デイ Terry Day
 ※テリー・メルチャー

CM
【ロバータ・フラック8年ぶりの新作はビートルズのカヴァー集】
~来週発売の『レット・イット・ビー・ロバータ』を紹介

35)In My Life イン・マイ・ライフ 2012年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ロバータ・フラック Roberta Flack

36)We Can Work It Out  恋を抱きしめよう 2012年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ロバータ・フラック Roberta Flack

37)The Long And Winding Road
 ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 2012年 
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ロバータ・フラック Roberta Flack

38)Let It Be レット・イット・ビー 2012年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ロバータ・フラック Roberta Flack

CM
ED)TOKYO MOON 2011年
 [ Chage ]
 /Chage



以上、JFN系『Big Special』フィル・スペクター特集【第2夜】のエアプレイ・リストもスピード仕上げ。今回もわかる範囲でレコード番号も併記してみました。

全盛期フィレス時代のシングルを網羅した第1夜に続き、第2夜ではフィル・スペクターの音楽キャリアをざっと総括。やはり二ルソン&シェール「ア・ラヴ・ライク・ユアーズ」ディオン「ボーン・トゥ・ビー・ウィズ・ユー」辺りは健太さんの選曲以外ではまず耳に出来ないし、そもそもラジオで”音壁”をこれだけまとめて、それも体系的に聴ける機会は滅多にないので、本当に嬉しい限り。もしかして第3夜では健太さんが『レコード・コレクターズ』誌 2012年2月に執筆されてた『他アーティストによる”フィレス・サウンド的”名曲選』(P60-68)のような企画も盛り込んで下さってるんでしょうか?何にしても、今夜もラジオで音壁三昧なロックンロール・ウィンターとなりそうです(^^)。




関連記事
スポンサーサイト

| Radio Sweetheart | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1802-6455b361

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT