Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

JFN系『BIG SPECIAL』:スプリング・ソング・コレクション

ロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ:デラックス・エディション(紙ジャケット仕様)ロジャー・ニコルズ
&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ
:デラックス・エディション

(2012/04/18)
ロジャー・ニコルズ
&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ


JFN系『BIG SPECIAL』
2012年4月25日(水)25:00-28:00
「スプリング・ソング・コレクション」
スペシャルDJ:宮治淳一
http://www2.jfn.co.jp/big/


-AM1:00-
~まずは明日の日本を担うヤングに送る曲!
01)We Are Young
 ウィ・アー・ヤング(feat. ジャネール・モネイ) 2012年1位
 [ Jeff Bhasker / Fun ]
 /ファン Fun.

CM
【1時台:みんなが聴きたい春の歌】
02)Wouldn't It Be Nice 
 素敵じゃないか 1966年8位
 [ Tony Asher / Mike Love / Brian Wilson ]
 /ビーチ・ボーイズ The Beach Boys

03)Here Comes The Sun
 ヒア・カムズ・ザ・サン  1969年
 [ George Harrison ]
 /ビートルズ The Beatles

04)April Come She Will
 4月になれば彼女は 1966年
 [ Paul Simon ]
 /サイモン&ガーファンクル
 Simon & Garfunkel

05)The April Fools
 幸せはパリで 1969年37位/R&B33位
 [ Burt Bacharach / Hal David ]
 /デュオンヌ・ワーウィック 
  Dionne Warwick

06)Blossom    1970年
 [ James Taylor ]
 /ジェイムス・テイラー James Taylor

07)Hana  
 [ 作詞:武島羽衣 / 作曲:滝廉太郎 ]
 /カテリーナ・ヴァレンテ
 Caterina Valente

CM
08)Toujours Des Beaux Jours
 I Could Easily Fall In Love With You
 いつも青空 1966年
 [ Brian Bennett / Hank Marvin / John Rostill / Bruce Welch ]
 /シェイラ Sheila

09)Spring Is Nearly Here 春がいっぱい 1962年
 [ Brian Bennett / Bruce Welch ]
 /シャドウズ The Shadows

10)Shyin' Away
 シャイン・アウェイ  1971年
 [ David Sandler / Marilyn Wilson / Diane Rovell ]
 /スプリング Spring

11)Spinning,Spinning,Spinning
 スピニング・スピニング・スピニング
  [ Curt Boettcher / Ruthann Friedman ]
 /ボールルーム The Ballroom
 ※ミレニウムの前身バンド
 
12)Spring Rain
 スプリング・レイン  1977年39位/R&B77位
 [ Bebu Silvetti ]
 /シルヴェッティ Silvetti

-AM2:00-
【2時台前半:宮治さんが”春”をレーベル、A&Mのミニ特集】
13)Don't Take Your Time
 ドント・テイク・ユア・タイム 1968年
 [ Tony Asher / Roger Nichols ]
 /ロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ
 Roger Nichols & The Small Circle Of Friends

CM
14)Small Talk  スモール・トーク  1968年
 [ Gary Bonner / Alan Gordon ]
 /クロディーヌ・ロンジェ Claudine Longet

15)The Radio Song
 ラジオ・ソング 1968年127位
 [ MurrayMacleod / Stuart Margolin / Jerry Riopelle ]
 /パレード The Parade

16)Come Saturday Morning
 くちづけ 1970年17位
 [ Fred Karlin / Dory Previn ]
 /サンドパイパーズ The Sandpipers

17)Love So Fine
 ラヴ・ソー・ファイン 1968年
 [ Roger Nichols ]
 /ピート・ジョリー Pete Jolly

18)Goodbye To Love
 愛にさよならを  1972年7位/AC2位
 [ John Bettis / Richard Carpenter ]
 /カーペンターズ Carpenters

CM
【ここからは宮治さんが考える春の歌】
~春に合う曜日は日曜日ということで、まずはサンデーもの2曲

19)Will You Be Staying After Sunday
 そよ風の日曜日 1969年32位
 [ Joel Hirschhorn / Al Kasha ]
 /ペパーミント・レインボウ
 The Peppermint Rainbow

20)Sunday Will Never Be The Same
 想い出の日曜日 1967年9位
 [ Terry Cashman/Gene Pistilli ]
 /スパンキー&アワ・ギャング
 Spanky & Our Gang


21)Georgy Girl
 ジョージー・ガール  1967年2位/AC7位
 [ Jim Dale / Tom Springfield ]
 /シーカーズ Seekers

22)Don't Pity Me
 ドント・ピティ・ミー 1969年
 [ Andrews ]
 /スー・リン  Sue Lynne

23)Alley Cat
 アレイ・キャット  1962年7位/AC2位
 [ Frank Bjorn ]
 /ベント・ファブリック
 Bent Fabric

CM
24)The Water Is Wide
 悲しみの水辺 1979年
 [ Traditional ]
 /カーラ・ボノフ Karla Bonoff 

-AM3:00-
~眠気覚ましに!
25)Here Comes My Baby
 ヒア・カムズ・マイ・ベイビー 1967年13位
 [ Cat Stevens ]
 /トレメローズ The Tremeloes

CM
~1983年の元気が出る2曲
26)In A Big Country
 インナ・ビッグ・カントリー  1983年17位
 [ Big Country ]
 /ビッグ・カントリー Big Country 

27)99 Luftballons 
 ロックバルーンは99 1983年2位
 [ Joem Fahrenkrog-Peterson / Carlos Karges ]
 /ネ―ナ Nena

~宮治さんが高校1年の春に流行ってた曲
28) Don't Pull Your Love 
 恋のかけひき 1971年4位
 [ Dennis Lambert / Brian Potter ]
 /ハミルトン、ジョー・フランク&レイノルズ
 Hamilton, Joe Frank & Reynolds

29)Baby I'm-A Want You
 愛の別れ道 1971年3位/AC1位
 [ David Gates ]
 /ブレッド Bread

~作者ヴァージョンが春っぽい!
30)Daydream Believer
 デイドリーム・ビリーヴァー 1971年
 [ John Stewart ]
 /ジョン・スチュワート John Stewart
 ※モンキーズ(1967年1位)

~時間に余裕があるのでもう1曲、宮治さんが春を感じる曲
31)Village Green
 ヴィレッジ・グリーン 1967年
 [ Ray Davies ]
 /キンクス The Kinks

CM
~リクエスト
32)South City Midnight Lady
 サウス・シティ・ミッドナイト・レディ  1973年
 [ Patrick Simmons ]
 /ドゥービー・ブラザーズ
 The Doobie Brothers

~春を感じるレゲエ
33)Wonderful World,Beautiful People
 ワンダフル・ワールド、ビューティフル・ピープル 1970年25位
 [ Jimmy Cliff ]
 /ジミー・クリフ Jimmy Cliff

34)Up,Up And Away
 ビートでジャンプ 1967年7位
 [ Jimmy Webb ] 
 /フィフス・ディメンション
 The 5th Dimension
 The Fifth Dimension

35)Cast Your Fate To The Wind
 風の吹くまま 1965年10位/AC1位
 [ Guaraidi / Weber ]
 /サウンズ・オーケストラル Sounds Orchestral

36)Teach Your Children
 ティーチ・ユア・チルドレン 1970年16位
 [ Graham Nash ]
 /クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング
 Crosby,Stills,Nash & Young
 CSN&Y

CM
-最後は5月の歌で-
~ロビンの回復を祈りつつ・・・

37)First Of May  若葉のころ 1969年37位
 [ Barry Gibb / Maurice Gibb / Robin Gibb ]
 /ビージーズ Bee Gees


以上、JFN系『Big Special』4月25日(水)深夜放送分のエアプレイ・リスト。

今回は宮治淳一さんがスプリング・ソングのソムリエ(?)となって春の歌をたっぷりお届け、とのことだったので、てっきりタイトルに”Spring””April”が付く曲など、文字通り「春の歌」に徹底してこだわる特集なのかなと思いきや、決してそうゆう訳でもなく、宮治さんの思い出や思い入れも交えた選曲。正直、定番曲ばかりなら大方予想も付いちゃうだけに、果たしてどうなのかなという懸念も少しあったので、個人的にはこっちの方が楽しめました。確かにA&Mってレーベル丸ごと春って感じですし、ボールルームは曲名を「スプリング・スプリング・スプリング」空目しちゃうくらい、ほんわかと春めいたソフトロック・チューンですよね(苦笑)。「デイドリーム・ビリーヴァー」ジョン・スチュワートの作者ヴァージョンが春っぽい、というのも言われてみて納得!(「朝がねむいよ」という邦題が付けられたフィンガー5による日本語カヴァー・ヴァージョンもまさに春眠暁を覚えずな感じで好きですが・笑)。

あと、ラスト2曲の「ティーチ・ユア・チルドレン」「若葉のころ」とくれば、やはり連想するのは映画『小さな恋のメロディ』。このサントラ盤についてはにもブログで触れてます通り、僕もお気に入りの一枚なんですけど、宮治さんもその辺りを意識されての選曲だったのでしょうか。何にしても、素敵なエンディングに加え、カテリーナ・ヴァレンテスー・リンなどをさり気なく盛り込んで下さる選曲センスもツボだったんですが、欲を言えばもうちょっとガールシンガー系も聴きたいところでした(^^;)。


関連記事
スポンサーサイト

| DAYBREAK/TO VILLA | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ジョン・ステュワート

糸志野露滋 様
デイドリーム・ビリーバー春っぽいということで、かかったのですか。なるほど。たとえば、NRBQのアイ・ラヴ・ハー・シー・ラヴス・ミーやジョン・セバスチャンのウェルカム・バックなんて聴くと僕は、春って感じがします。糸志野露滋 様が春を感じる曲と言えば、どんな曲でしょう?

| 中野 憲孝 | 2012/05/01 08:39 | URL |

中野さん、「I Love Her,She Loves Me」や「Welcome Back」、
確かに春の陽射しのようなほっこりとした気分にしてくれる、
素敵な曲ですよね。

そう言えば「Welcome Back」はこの春、
Rumerのカヴァー・ヴァージョンがヘヴィロテでした!

http://youtu.be/a07DoTMTz44

彼女のメルマガに登録すると無料DLでMP3貰えますよ♪
http://grabtrax.com/welcome-back

春を感じる曲、僕もまず連想するのはほんわかとしたソフトロック系
だったり、或いはポップなカントリーやSSW系とかかな、という気が
するんですけど、でもやっぱりThe Kennedysのジングルジャングル
なフォーク・ロックがいいかも。「Wall of Death」のカヴァー
も入ってる1stのジャケ写も、何となく桜の木のようにも見える
もので(^^;)。

http://www.allmusic.com/album/river-of-fallen-stars-r209802

| 糸志野露滋。 | 2012/05/02 15:01 | URL | ≫ EDIT

ルーマー

糸志野露滋 様
ルーマー情報ありがとうございます。早速行ってみました。原曲のよさを殺さずに良いカヴァーですね。僕が、プロデューサーだったら、是非とも、ジョン・セバスチャンにハーモニカ吹いてもらうのにな。とか考えながら、聴きました。ウォール・オヴ・デスと言えばリチャード・トンプソンですね。ライヴの評判がすこぶる良かったようで。行きたかったです。

| 中野 憲孝 | 2012/05/07 08:00 | URL |

中野さん
ルーマー、昨夜の『Big Special』で健太さんもかけて下さってましたね!
新作のカヴァー集、ロニー・レインやティム・ハーディン、トッド・ラングレン
やギルバート・オサリヴァン等々と、なかなか興味深い選曲です
(更に国内盤にはボートラでヴァン・モリソンのカヴァーも)。

http://wmg.jp/artist/rumer/WPCR000014370.html

そう言えばビルボードライヴにはロン・セクスミスも来日してたんですよね。
RTさん共々、出来ればビルボードじゃないところで観てみたいです(笑)。

ところでご存知かもですが、NHK総合の『SONGS』、
明後日は長谷川きよしさんのようですよ!
http://www.nhk.or.jp/songs/program.html

| 糸志野露滋。 | 2012/05/10 22:34 | URL | ≫ EDIT

ルーマー

糸志野露滋 様
いつも貴重な情報ありがとうございます。早速ルーマーの教えていただいたサイトに行ってきました。カヴァー集の原曲が、僕好みの曲ばかりでびっくりです。ビッシュのあの曲なんてもうドンピシャでビックリです。ヴァン・モリソンもアイ・ウォナ・ルー・ユーですか!!これは間違いなく買いですね。長谷川きよしさん楽しみですね。健太さんは、来週になったようですが、リクエスト大会?

| 中野 憲孝 | 2012/05/12 09:04 | URL |

中野さん
ルーマーのカヴァー集、ありがちな売れ線狙いの選曲とは
ひと味もふた味も違って、その筋の音楽ファンには実に
魅力的ですよね!「P.F Sloan」はシングル・カットも
予定されてるみたいです(アナログも!)。

健太さんの次回DJは4/30(水)深夜、リクエスト大会
で間違いないようですよ!!

| 糸志野露滋。 | 2012/05/14 22:05 | URL | ≫ EDIT

リクエスト大会

糸志野露滋 様
ありがとうございます。リクエスト大会情報ありがとうございます。30日ですか。待ちどうしいですね。話はかわりますが、ドナルド・ダック・ダンさんの突然の訃報。リーヴォン・ヘルムさんに続いてのことで、ただただ驚くばかりです。ご冥福をお祈りいたします。

| 中野 憲孝 | 2012/05/17 08:36 | URL |

中野さん
ドナルド・ダック・ダンさんの訃報、本当に突然でしたし、
丁度来日中でしたから尚更ショックでしたよね。
更に今週はチャック・ブラウン、ダグ・ディラード、そして
ドナ・サマーと訃報が相次ぎ、益々淋しく、やるせないです・・・(合掌)。
健太さんにディラード&クラークを追悼リクエストしようかとも
思ったんですが、去年「お前は追悼リクエストが多い」と言われた
ので他の方にお任せするとします(^^;)。

| 糸志野露滋。 | 2012/05/19 00:38 | URL | ≫ EDIT

追悼リクエスト

糸志野露滋 様
長いやりとりになって、申し訳ありません。そうそう、健太さんに追悼リクエストが多いと言われてましたね。でも健太さんの言葉には愛情が感じられましたよ。ディラード・アンド・クラーク、追悼でなくても、番組にはぴったりですよ。あの時間帯なので、健太さんのやり放題感が満載で、選曲にも間違いなく、勝手度が増しており、ぼくはとっても楽しんでいます。もっともっと健太さんに登場してもらいたいですね。30日がいまから楽しみです。今回の僕のリクエストも好き勝手です。

| 中野 憲孝 | 2012/05/19 10:55 | URL |

いえいえ、何をおっしゃいますやら!
こうゆうお話が出来て嬉しいばかりです。
残念ながら他ではなかなか話が通じませんし(苦笑)。
なのでホント重ね重ねコメント有難うございます!!

今のところ、健太さんの出番は月に2回程度、という感じ
みたいですが、やはりそれではまだ足りないですよね(^^;)。

ともあれ、中野さんのリクエストも楽しみにしてますから!

| 糸志野露滋。 | 2012/05/19 20:18 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1841-32c4d4a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT