Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

西部講堂ボロフェスタ'07②

10月7日(日) パート②

071007_24tt.jpg


僕にとっては3年ぶりとなるボロフェスタは、いきなりメインディッシュのザ・コレクターズのライヴから参戦ということに。

BEAT SYMPHONIC(紙ジャケット仕様)BEAT SYMPHONIC(紙ジャケット仕様)
THE COLLECTORS
(2004/09/22)
コロムビアミュージックエンタテインメント
※「Psychedelic Heartbreak」収録


開催初日当日になって野外のサンセット・ステージが中止となり、タイムテーブルが急遽変更になった影響もあるのか、どうやらリハらしいリハはないらしく、ステージ前に黒幕を垂らした衝立を立てた状態で、まずはサウンドチェック。挨拶代わりとばかりに、阿部耕作さんの力強い暴れ太鼓がドスンドスンと炸裂すると、観客からは「うぉ~、スゲ~!」という歓声が(確かにこれだけで鳥肌もん)。そして、そこに小里さんのベースが乗っかり、コータローさんのギターが加わり、更に加藤さんのマイク・チェックが重なって、「Psychedelic Heartbreak」に発展。そう言えばこの曲、通常ライヴでは加藤さんの衣装チェンジの時によく演奏されるインスト・チューンなので、4人でやってるの初めて聴いたんですけど、これがまたグルーヴィーでマジ格好イイこと!(もしコレクターズだと知らずに、「衝立の向こう側で音出してるバンドは誰でしょう?」と質問されたら、僕は「The Who」と答えてたかもしれません)。

FESTIVAL OF KINGS~GLORY ROAD TO 20th MAXIMAM(完全盤)FESTIVAL OF KINGS
~GLORY ROAD TO 20th MAXIMAM(完全盤)

THE COLLECTORS
(2007/07/18)
インディーズ・メーカー


そんな具合に、開演前から早くも、しかも衝立越しに観客を魅了するコレクターズ。僅か1曲のサウンド・チェックが終わると、拍手が巻き起こり、ここでようやく衝立を撤去。BGMにスモール・フェイセス「レイジー・サンデー」が流れ出したのも束の間、その拍手が開演を待つ手拍子へと変わり、入場テーマが鳴り響き、メンバーが登場、ほぼタイムテーブル通りにライヴが始まりました!(セット・リストは以下の通り)。

【PM2:35】
①TOUGH
②恋の3Dメガネ
MC
③1.2.3.4.5.6.7 DAYS A WEEK
④夢見る君と僕
MC
⑤愛してると言うより気にってる
⑥Maybe Tomorrow
⑦未来のカタチ
【PM3:08】



サウンド・チェックも凄かったですが、当然ながら本編はそれ以上に凄まじく、初っ端から最後までアクセル全開飛ばしまくりで、疾風怒涛の33分(とくにコータローさんがアグレッシブにガンガンはじけまくってて、②「恋の3Dメガネ」と⑥「Maybe Tomorrow」なんかは、7月の磔磔公演以上に激しかったです)。やはり磔磔でも演奏された④「夢見る君と僕」も、またもや聴けて感激(汗だくになりながら、一緒に歌いました)。

BIFF BANG POW !BIFF BANG POW !
THE COLLECTORS
(2005/08/24)
コロムビアミュージックエンタテインメント
※「Maybe Tomorrow」収録


MCでは「最近、あんまり学園祭に呼んで貰ってなかったので、今回呼んで貰えて嬉しいです」と加藤さん。ボロフェスタを学祭だと思っておられたんでしょうか(まぁ、雰囲気は学祭みたいなもんですけど・苦笑)。

「初めてコレクターズ観る人も多いと思うので言っときますが、メジャー・デビューして20年、ルックスで売ってます(笑)」と、尺短めながらも相変わらずの加藤節(笑)。

あと「ロック・ファンにとって伝説的な西部講堂に出れたので、これでやっと歌謡界と縁が切れるよ」なんて冗談も飛ばしてましたっけ(^^;)。

とにかく、限られた時間ながら、本当にコレクターズらしい、威風堂々、グレイトなライヴでした(ボロフェスタの公式ブログに実況中継という形で写真がUPされてます)。

http://blog.borofesta.com/?eid=492724

ただ、素晴らしいステージだっただけに、出来ることならもっと演奏聴いていたかったです(終演後、アンコールを求める拍手も少なくなかったんですが、無情にも遮るように客電が付き、BGMにThe Who「ピンボールの魔術師」が流れ出し、あっけなく機材の撤収が始まりました・・・)。

西部講堂はステージ高くて見やすくし、意外と音も良く、何より他では味わえない独特の雰囲気持ってる場所なので、願わくば是非一度、ここでワンマンやって欲しいです。コレクターズ、思ってた以上に西部講堂にハマってました!!

僕はコレクター(紙ジャケット仕様)僕はコレクター(紙ジャケット仕様)
THE COLLECTORS (2004/06/23)
インペリアルレコード


ぼくを苦悩させるさまざまな怪物たち(紙ジャケット仕様)ぼくを苦悩させるさまざまな怪物たち
THE COLLECTORS(2004/06/23)
インペリアルレコード


HERE TODAY(紙ジャケット仕様)HERE TODAY(紙ジャケット仕様)
THE COLLECTORS (2004/08/25)
コロムビアミュージックエンタテインメント


夜明けと未来と未来のカタチ夜明けと未来と未来のカタチ
THE COLLECTORS (2005/01/26)
コロムビアミュージックエンタテインメント




関連記事
スポンサーサイト

| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/192-77f0d3cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT