Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

NHK-FM『とことんビートルズ以前』#09

Best ofThe Very Best of
(2003/05/27)
Vipers Skiffle Group


NHK-FM『とことんビートルズ以前』#09
2013年4月11日(木)24:00-24:50
DJ:亀渕昭信
http://www.nhk.or.jp/tokoton/


OP) Cry For A Shadow 1961年  
 クライ・フォー・ア・シャドウ 
 [ George Harrison / John Lennon ]
 /ビートルズ The Beatles

【コメディアン兼TVタレントによるスタンダードのカヴァー】
01) Memories Are Made Of This
 想い出はかくの如く 1956年UK5位
 [ Terry Gilkyson / Rich Dehr / Frank Miller ]
 /デイヴ・キング Dave King With The Keynotes
 ※Dean Martin-1956年UK1位(US1位)
 ※オリジナルはThe Easy Riders-1955年


【「Lady Madonna」の元ネタか!?】
~エンジニアはジョー・ミーク

02) Bad Penny Blues
 バッド・ペニー・ブルース 1956年UK19位
 [ Humphrey Lyttleton ]
 /ハンフリー・リトルトン&ヒズ・バンド
 Humphrey Lyttelton & His Band
 ハンフリー・リトルトン・バンド
 Humphrey Lyttleton Band

【クオリーメンのお手本となったバンド】
~スキッフル・グループの中でもロック寄りで若者に人気

03) Streamline Train 1957UK年23位
 [ Red Nelson / Wally Whyton ]
 /ヴァイパーズ・スキッフル・グループ The Vipers Skiffle Group

【英米でヒットしたビッグバンド・ジャズ】
04) Swingin' Shepherd Blues
 スインギン・シェパード・ブルース 1958年UK3位
 [ Moe Koffman ]
 /テッド・ヒース Ted Heath & His Music 
 ※Moe Koffman Quartette-1958年UK23位(US36位)

【兄2人、妹1人からなる3人組ヴォーカル・グループ】
05) Lollipop ロリポップ 1958年UK2位
 [ Beverly Ross / Julius Dixon ]
 /マドラークス Mudlarks
 ※Chordettes-1958年UK6位(US2位/R&B3位)

【日本やアメリカでもヒット】
06) Venus ヴィーナス 1959年UK20位
 [ Ed Marshall / Peter DeAngelis ]
 /ディッキー・ヴァレンタイン Dickie Valentine
 ※Frankie Avalon-1959年UK16位(US1位/R&B10位)

【リヴァプールの先輩達を続けて】
07) Istanbul (Not Constantinople) イスタンブール 1954年UK11位
 [ Jimmy Kennedy / Nat Simon ]
 /フランキー・ヴォーン Frankie Vaughan
 ※Four Lads-1953年US10位

08) A Thousand Stars
 お星さまがいっぱい 1961年UK14位
 [ Eugene Pearson ]
 /ビリー・フューリー Billy Fury
 ※Kathy Young & The Innocents-1960年US3位

【アレンジャーはトニー・ハッチ!】
09) Who Put the Bump (In the Bomp Bomp Bomp)
 しびれさせたのは誰? 1961年UK21位
 [ Gerry Goffin / Barry Mann ]
 /ザ・バイカウンツ The Viscounts
 ヴィスカウンツ
 ※バリー・マン-1961年US7位

【ジョン・D・ラウダーミルク作品のカヴァー】
10) Sad Movies (Make Me Cry) 
 悲しきスクリーン 1961年UK44位
 [ John D. Loudermilk ]
 /キャロル・ディーン Carol Deene
 ※Sue Thompson-1961年UK46位(US5位)

ED) Twelfth Street Rag 12番街のラグ 1960年UK47位
 [ Euday Louis Bowman ]
 /バート・ウィードン Bert Weedon
 ※Pee Wee Hunt & His Orchestra-1948年US1位


亀渕昭信さんDJの『とことんBB(Before Beatles)』第9夜おさらいエアプレイ・リストも取り急ぎアーカイブ(これ迄の放送についてはこちらのカテゴリーよりどうぞ。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」といったような形でお試し下さい)。

「ロリポップ」「しびれさせたのは誰?」「お星さまがいっぱい」等々、オールディーズ好きなら誰もが知ってるようなヒット・チューンやポップ・スタンダードをあまり耳馴染みのないイギリスのカヴァー・ヴァージョンで味わえて楽しかったですが、やはり歌ものに関しては英米の「英語の発音の違い」が同時代に多くのカヴァーを生んだ背景となってるんですね。

一方、「レディ・マドンナ」の元ネタなんじゃないかと噂されるハンフリー・リトルトン「Bad Penny Blues」はエンジニアのジョー・ミークもさることながら、ジョージ・マーティンによるプロデュースという点も見逃せません。ポール自身はインタビューで「ファッツ・ドミノをイメージして作曲した」と語ってて、実際に曲調も歌い方もファッツ・ドミノっぽいですけど(ファッツ・ドミノもカヴァーしてるのが何よりの証拠)、確かにイントロは似た感じもありますし、ポールがどの程度意識してたのか、真相が気になるところです。

最後に、亀渕さんがオンエアでちらっとおっしゃった「スキッフル特集」、個人的にこの辺りとっても興味があるジャンルなので是非とも宜しくお願います!

関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/1950-64568231

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT