Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

NHK-FM『健太×近田のロック巌流島』#01

ボブ・ディランは何を歌ってきたのかボブ・ディランは何を歌ってきたのか
(ele-king books)

(2014/08/06)
萩原健太


NHK-FM『健太×近田のロック巌流島
2014年10月27日(月)23:00-24:00
第1回「ボブ・ディランがシーンに与えた影響」
DJ:萩原健太×近田春夫

http://www4.nhk.or.jp/ganryujima/

BGM-01) Like A Rolling Stone
 ライク・ア・ローリング・ストーン 1965年2位 
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 Al.『Highway 61 Revisited(追憶のハイウェイ61)』より

【ディランがまったく駄目、という近田さんにまず聴いて欲しい1曲】
01) Everything Is Broken
 エヴリシング・イズ・ブロークン 1989年Mainstream Rock8位
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 Al.『Oh Mercy(オー・マーシー)』より

BGM-02) Only A Hobo
 オンリー・ア・ホーボー 1970年
 [ Bob Dylan ]
 /ロッド・スチュワート Rod Stewart
 Al.『Gasoline Alley(ガソリン・アレイ)』より

【日本でディランを音楽的に一番継承出来たのは
桑田佳祐さんだと思う、という健太さんの発言からこのBGM】


BGM-03) HAIR 1992年
 [ 作詞・作曲:桑田佳祐 /編曲:小林武史&サザンオールスターズ ]
 /サザンオールスターズ
 Al.『世に万葉の花が咲くなり』より

【ジョン・レノンもディランの影響を受けている】
~ビートルズ時代の一例ということで、このBGM。


BGM-04) Norwegian Wood
  ノルウェーの森 1965年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles
 Al.『Rubber Sou(ラバー・ソウル)』より

【近田さん曰く、唯一フルコーラス聴いたことのある
ディランの曲はジミヘンによるこのカヴァー】


02) All Along The Watchtower
 見張塔からずっと 1968年20位
 [ Bob Dylan ]
 /ジミ・ヘンドリックス Jimi Hendrix
 Al.『Electric Ladyland』より

BG-M05) The Ballad Of Hollis Brown
 ホリス・ブラウンのバラッド 1966年
 ザ・バラッド・オブ・ホリス・ブラウン
 [ Bob Dylan ]
 /ニーナ・シモン Nina Simone
 Al.『Let It All Out(レット・イット・オール・アウト)』より
 ※Bob Dylan『時代は変る』-1964年

【「見張塔からずっと」のオリジナル・ヴァージョンを
一度聴いてみたい、という近田さんのリクエストに応えて】


03) All Along The Watchtower
 見張塔からずっと 1967年
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン  Bob Dylan
 Al.『John Wesley Harding(ジョン・ウェズリー・ハーディング)』より

【「ディランのメロディアスな曲を聴かせて欲しい」
という近田さんのリクエストから、このBGM】


BGM-06) Don’t Think Twice, It’s All Right
 くよくよするなよ 1963年
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 Al.『The Freewheelin' Bob Dylan』より

【ディランはメロディアスな曲も書けるけど、メロディはパクリも多い】
~その代表例を元ネタと聞き比べ


04) Where the Blue of the Night(Meets the Gold of the Day)
 いつの日か君に 1932年4位(1931年録音)
 [ Bing Crosby / Fred E. Ahlert / Roy Turk ]
 /ビング・クロスビー Bing Crosby

05) When The Deal Goes Down
 ホェン・ザ・ディール・ゴーズダウン 2006年
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 Al.『Modern Times(モダン・タイムズ)』より

【「曲はみんなの共有財産、歌詞がオリジナルだったら自作曲」
というのがディランのルール?】
~歌詞はオリジナルでメロディ変えてても、それはカヴァーとしてクレジット。


BGM-07) Blue Moon
 ブルー・ムーン 1970年
 [ Richard Rodgers / Lorenz Hart ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 Al.『Self Portrait(セルフ・ポートレイト)』より
 ※映画『Manhattan Melodrama(男の世界)』-1934年

【健太さんが初めて買ったディランのレコードは『ナッシュビル・スカイライン』】
~近田さんはアイズレーのヴァージョンで「Lay Lady Lay」を認識


BGM-08) Lay Lady Lay
 レイ・レディ・レイ 1972年71位/1971年R&B29位
 [ Bob Dylan ]
 /アイズレー・ブラザーズ  The Isley Brothers
 Al.『Givin' It Back(ギヴィン・イット・バック)』より

06) Lay Lady Lay
 レイ・レディ・レイ 1969年7位
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 Al.『Nashville Skyline』より

【コード進行、3つ目がマイナーになるところが肝】
~ディランはコードへの造詣も深い


BGM-09) Knockin’ On Heaven’s Door
 天国への扉 1973年12位/AC5位
 [ Bob Dylan ]
 ※1994年の『Greatest Hits Volume 3』より

【「風に吹かれて」におけるコード進行の妙についてギターで実演解説】
~近田さんも共感!


【ディランはライヴでやる度に曲(コード進行)が変わってゆく】
~「マギーズ・ファーム」の聞き比べで変遷を検証


07) Maggie’s Farm
 マギーズ・ファーム 1965年
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 Al.『Bringing It All Back Home
 (ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム)』より


08) Maggie’s Farm (Live)
 マギーズ・ファーム 1976年
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 Al.『Hard Rain(激しい雨)』より

09) Maggie’s Farm (Live)
 マギーズ・ファーム 1978年
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 Al.『Bob Dylan at Budokan(武道館)』より

10) Maggie’s Farm (Live)
 マギーズ・ファーム 1984年
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 Al.『Real Live(リアル・ライブ)』より

【ザ・バンドの「ザ・ウェイト」はディラン作だと思ってた近田さん】
~そんな話から、ディランとザ・バンドの関係性について


BGM-10) Just Like Tom Thumb’s Blues
 親指トムのブルースのように
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 ※1998年の『「The Bootleg Series Vol 4: Bob Dylan Live 1966』より
 ※オリジナル『Highway 61 Revisited(追憶のハイウェイ61)』収録

11) The Weight ザ・ウェイト 1968年63位
 [ Robbie Robertson ]
 /ザ・バンド  The Band
 Al.『Music from Big Pink』より

【近田さんは当時「ザ・ウェイト」と、この曲の
生ピアノに魅了され毎日のようにコピーしてたそう】

 
BGM-11) I Say a Little Prayer
 小さな願い 1968年10位/R&B3位
 [ Burt Bacharach / Hal David ]
 /アレサ・フランクリン Aretha Franklin
 Al.『Aretha Now』より
 ※Dionne Warwick-1967年4位/R&B8位

BGM-12) This Wheel’s On Fire
 火の車 1975年
 [ Bob Dylan / Rick Danko ]
 /ボブ・ディラン&ザ・バンド
  Bob Dylan and The Band
 Al.『The Basement Tapes(地下室)』より

【岡林信康withはっぴいえんどは和製ボブ・ディラン&ザ・バンド?】
12) 愛する人へ 1970年
 [ 作詞・作曲:岡林信康 ]
 / 岡林信康
 Al.『見るまえに跳べ』より

BGM-13) Hurricane
 ハリケーン 1976年33位
 [ Bob Dylan / Jacques Levy ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 Al.『Desire(欲望)』より

【最後は1963年、アルバム発売前のNYタウン・ホールでのライヴ音源で】
13) Blowin' In The Wind (Live)
 風に吹かれて
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 Al.『The Bootleg Series Vol. 7: No Direction Home』
 ※recorded at Town Hall in New York City on April 12, 1963


以上、NHK-FM『健太×近田のロック巌流島』第1回放送のエアプレイ・リスト。一応、番組HPにも掲載されてますけど、どの程度アーカイブされるのかまだよくわかりませんし、曲目の羅列、それも原題だけでは味気ないので、やはり邦題作者クレジット、あと番組の大まかな流れなども盛り込んで個人的に作成してみたような次第。勿論、データベースの方にも然るべきページを作って順次蓄積させて頂こうかなと思ってます。

記念すべき第1放送はボブ・ディランに深い理解と愛情を抱く健太さんと、人生でディランをきちんと聴いたことが1度もないという近田さんの対決(?)。近田さんが1曲目の「エヴリシング・イズ・ブロークン」を聞いて「ブルースはあまり面白いと思わない。ロックンローラーが好き」とおっしゃった時点では、果たしてこの勝負に決着がつくのだろうかと先行きが不安になりましたが(笑)、それでもジミヘンアイズレーのカヴァーを通して、少しずつディランに歩み寄りがあり、コード進行の話などでは健太さんとも共感されてたようなので、いちリスナーの立会人としても何だかホッとしました(^^;)。確かに、ディラン道場にはカヴァーから入門するのが遠回りのようで結局は近道だったりするかもしれませんよね(実は僕もカヴァーからでした)。「曲はみんなの共有財産、歌詞がオリジナルだったら自作曲」というディラン・ルールも最初は少々面食らったものの、カントリーにもメロディは同じでも歌詞が違う曲って結構ありますし、それも一つの表現なのかなと思えるようになりました。番組のBGMもなかなか興味深い選曲でしたけど、どうせならアレサ「小さな願い」の後に「ザ・ウェイト」のカヴァーもねじ込んで欲しかった気もします(でも本筋とはちょっと違うか)。

それにしても健太さん、初回放送から23時台はNHK-FM、24時台にはTBSラジオ『荻上チキ・Session-22』Midnight Sessionにおける「高齢の大御所アーティストが続々と新譜を発表!老人力特集」という見事な二刀流で恐れ入りました!?従ってこの際、健太さんが武蔵、ということでいいですよね(^^)。次回も楽しみ!(ちなみにテーマは「音楽史上に燦然と輝くあのスーパーグループ」との予告が)。

その前に、JFN系『Big Special』恒例リクエスト大会&新作探検隊はいよいよ今週11月05日(水)深夜放送。そして、11月中旬にはティム・ハウザーさんを偲んで、マンハッタン・トランスファー3時間大特集して下さる模様!!(twitterでご本人から教えて頂きました)。追悼特集、密かに願ってたので、大変有難いです。最高の選曲、期待してます!!!


関連記事
スポンサーサイト

| Radio Sweetheart | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おぉっ、今日は熱いっすねえ
近田さん嫌い嫌いと言いながら歩み寄ってたような
J-POPのコラムで嫌い(どちらかと言うと凄さは分かるけど苦手。と)と言ってた川本真琴さんとも仲良く話してましたし結構世渡り上手ですねww

でも、最後何となく凄さは分かったような気がすると言いながら分かったって言うことと好きとは又違うからな、と上手にかわしてましたねw
注文があるとすればバックにBGMあんまり流すの聞き慣れないです。あんまり話してる時も鳴ってると違和感が

マギーズファーム近田さんが一番いいと言ったヴァージョン格好よかったなぁ。。音楽は嫌い!と言う近田さんの言葉名言です!!

ビッグスペシャル。恋の青い鳥再リクエストしました。二回目はマンハッタントランスファーでリクエストは無しですね。。

そうかぁ、二刀流だから宮本武蔵お見事!力の入った記事で楽しく読ませてもらいましたぁ

| 耕作 | 2014/11/02 18:43 | URL |

耕作さん

御返事遅くなってスミマセン。
熱かったっすか?
そんな自覚はないんですけど、初回放送でどうゆう形で
エアプレイ・リストまとめようかとまだ探り探りの部分もあるので、
多少力が入ったのかもしれません(^^;)。

近田さんとの対決(?)なので、まず火花バチバチということもない
でしょうし、第1戦としてはまぁ妥当なところかなと。
確かに、NHK-FMの音楽番組でトークバックのBGMはあまり聞き慣れないですが、
ただ60分という放送時間の中でオンエア曲数も限られて来るだけに、
トーク内容に沿ったBGMを挟み込む手法も、それはそれで理解出来ますし、
そこに面白味を見出すことも出来そうです。

『Big Special』における健太さんのリクエスト大会は基本的に月1回
ですので。やはりマントラ特集では健太さんの選曲を3時間存分に楽しみ
たいです。願わくば来月もリクエスト大会とは別にもう1回、ブライアン
特集か大瀧さん関連特集でもあれば嬉しいんですが、果たして・・・

| 糸志野露滋。 | 2014/11/05 17:37 | URL | ≫ EDIT

こんにちは
そろそろ健太さんポップスグラフィティ降板から10年が経とうとしてます。4月になればもしや?と思っています。
ウィークエンドサンシャインで私とラジオと言う企画で好きなラジオ番組の思いでエピソードを募っているので露滋さんも送ってみると面白いかもしれません。

私も今回の巌流島面白いテーマだったので記事にしてみました。コメントはいいので読んで頂ければ嬉しいです。ビートルズはリボルヴァーで終わった、か。。。深い

http://ameblo.jp/pp6t60s/entry-11956665354.html

| 耕作 | 2014/11/25 12:32 | URL |

耕作さん

ブログ拝読しました!
『ロック巌流島』、第2回放送分についても近々エアプレイ・リスト
掲載予定ですので、詳しくはその際に。
ただ、次回の放送日は12/15(月)ですのでお間違いなく!!

『ウィークエンドサンシャイン』に投稿してたのは、それこそ10年以上前の
ことなので、今またあらためて、という気持ちにはならないです。
年末年始の特番、個人的には『リリー・フランキーの“うもれうたAwards 2014”』
の方が楽しみだったりします(笑)。

| 糸志野露滋。 | 2014/11/26 17:21 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/2118-1d18cb01

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT