Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

NHK-FM『健太×近田のロック巌流島』#05

Get DancinGet Dancin
(1993/08/05)
Disco Tex & His Sex-O-Lettes


NHK-FM『健太×近田のロック巌流島』
2015年02月23日(月)23:00-24:00
第5回「ディスコ・ミュージック」
DJ:萩原健太×近田春夫

http://www4.nhk.or.jp/ganryujima/

OPテーマ
~BGM-01) T.S.O.P. (The Sound of Philadelphia)
 ソウル・トレインのテーマ 1974年1位/AC1位/R&B1位
 [ Kenny Gamble / Leon Huff ]
 /MFSB (Mother Father Sister Brother)

【ロックシンガーがディスコ・ビートを取り入れた代表例】
~ロックとディスコの融合=ピザまん的な発想?
01) Do Ya Think I'm Sexy ?
 アイム・セクシー 1979年1位/R&B5位/Dance1位(UK1位)
 [ Carmine Appice / Rod Stewart ]
 /ロッド・スチュワート Rod Stewart

-ジングル-
BGM-02) Freddie's Dead
 フレディの死 1973年
 [ Curtis Mayfield ]
 /MFSB (Mother Father Sister Brother) 
 Al.『MFSB』
 ※Curtis Mayfield-1972年


【桑名正博「セクシャル・バイオレットNo.1」の元ネタ?】
02) I Was Made For Lovin' You
 ラヴィン・ユー・ベイビー 1979年11位/Dancs37位
 [ Paul Stanley / Desmond Child / Vini Poncia ]  
 /キッス Kiss

~打ち込みディスコビートが蔓延、80年代のユーロビートに直結
BGM-03) You Spin Me Round (Like A Record)
 ユー・スピン・ミー・ラウンド 1984年11位(UK1位) 
 [ Mike Percy / Wayne Hussey / Peter Burns / Steve Coy / Tim Lever ]
 /デッド・オア・アライヴ
 Dead or Alive 
 ※Hot Dance Music/Maxi-Singles Sales-4位

【ディスコっぽい感じのグルーヴを取り入れつつも、
ソウルの影響色濃いうねったビートがカッコイイ!】

03) Lowdown
 ロウダウン 1976年3位/R&B5位/Disco5位
 [ Boz Scaggs / David Paich ]
 /ボズ・スキャッグス Boz Scaggs
 Al.『Silk Degrees』

~それが次作では平板なビートに・・・。
04) Hard Times
 ハード・タイムス 1977年58位
 [ Boz Scaggs ] 
 /ボズ・スキャッグス Boz Scaggs
 Al.『Down Two Then Left』

BGM-04) Long Train Runnin'
 ロング・トレイン・ランニン 1973年8位
 [ Tom Johnston ]
 /ドゥービー・ブラザーズ The Doobie Brothers
 Al.『The Captain And Me』   

【「ベンチャーズの演奏にはグルーヴがあった」という近田さんが
同じようにダンス・ミュージックのグルーヴを感じるロックチューン】 

05) Proud Mary
 プラウド・メアリー 1969年2位
 [ John Fogerty ]
 /クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
 Creedence Clearwater Revival 
 C.C.R.

BGM-05) Proud Mary
 プラウド・メアリー 1971年4位/R&B5位
 [ John Fogerty ]
 /アイク&ティナ・ターナー Ike & Tina Turner

【健太さんが思う「JBが作り上げたビートの最高峰」】
~シングル・ヴァージョンで

06) Cold Sweat, Pt. 1
 コールド・スウェット(パート1) 1967年7位/R&B1位
 [ James Brown / Alfred "Pee Wee" Ellis ]
 /ジェームス・ブラウン James Brown

-ジングル-
BGM-06) What Is Hip ?
 ホワット・イズ・ヒップ 1974年91位/R&B39位
 [ Emilio Castillo / David Garibaldi / Stephen Kupka ]
 /タワー・オブ・パワー Tower Of Power
 Al.『Tower of Power』-1973年

【近田さんが思う「JBの音楽に対する目的が一番見える曲」】
~繋ぎの魅力。

07) Hot Pants, Pts. 1 & 2
 ホット・パンツ 1971年15位/R&B1位
 [ Fred Wesley / James Brown ]
 /ジェームス・ブラウン James Brown

~70年代、レコーディングの現場が大きく変化。

BGM-07) Slip Inside This House
 スリップ・インサイド・ディス・ハウス 1991年
 扉を開けて
 [ Roky Erickson / Tommy Hall ]
 /プライマル・スクリーム Primal Scream
 Al.『Screamadelica』
 ※The 13th Floor Elevators-1967年


【60年代のダンス・ミュージック】
~ベース&ドラムを強調した、若者をダンスさせる為の音楽

08) Tallahassee Lassie
 タラハッシー・ラッシー 1959年6位/R&B13位
 [ Bob Crewe / Frank Slay / Mimi Picariello ]
 /フレディ・キャノン Freddy Cannon

~「タラハッシー・ラッシー」はジョン・レノンにも影響大。
BGM-08) One After 909
 ワン・アフター・909  (1970年)
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles
 ※『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』収録の初期ヴァージョン

~60年代のダンス音楽とえば、やはりツイスト!
(4つ打ちダンス・ミュージックのスタートライン)

09) The Twist
 ザ・ツイスト 1960年1位/R&B2位
 [ Hank Ballard ]
 /チャビー・チェッカー Chubby Checker
 ※Hank Ballard & The Midnighters-1959年(1960年28位)

【莫迦なディスコもの、企画ものディスコも侮れない!】

BGM-09) Stayin’ Alive
 ステイン・アライヴ 1978年1位/AC28位/R&B4位
 [ Barry Gibb / Maurice Gibb / Robin Gibb ]
 /ビージーズ Bee Gees

~ボブ・クルーによるでっち上げグループ。
バブルガム的な覆面性、匿名性の面白さ。
実体性がなくてもフロアが盛り上がればいい。

10) Get Dancin'
 ゲット・ダンシン 1975年10位/R&B32位/Disco1位
 [ Bob Crewe / Kenny Nolan ]
 /ディスコ・テックス
  &ザ・セックス・オ・レッツ 
 Disco Tex & The Sex-O-Lettes  

BGM-10) SEXY
 セクシー 1975年42位/R&B2位/Disco1位
 [ Kenny Gamble / Leon Huff ]
 /MFSB (Mother Father Sister Brother)

【近田さんが一番好きな「ロック的なディスコ・ミュージック」!】 
11) Instant Replay
 インスタント・リプレイ 1978年R&B44位/1979年29位
 [ Dan Hartman ]
 /ダン・ハートマン Dan Hartman

-ジングル-
BGM-11) It’s Your Life To Live
 イッツ・ユア・ライフ・トゥ・リヴ 1979年
 [ Edgar Winter ]
 /エドガー・ウィンター  Edgar Winter
 Al.『Edgar Winter Album』

【最後に締めはこの曲で】
ED・12) Miss You
 ミス・ユー 1978年1位/R&B33位/Dance6位(UK3位)
 [ Keith Richards / Mick Jagger ]
 /ローリング・ストーンズ The Rolling Stones


以上、NHK-FM『健太×近田のロック巌流島』第5回戦のエアプレイ・リスト(作者クレジット邦題チャート&年代等に加え、番組の流れ的なものもざっとメモ程度に書き添えつつ、個人的に作成&アーカイブ)。番組の冒頭で、健太さんが「ラス前」とおっしゃってましたけど、やはり『ロック巌流島』全6戦で次回3月23日(月)放送最終回(テーマは「ロックの反骨精神」だとか)、4月から毎月最終月曜23時鈴木雅之さんによる新番組『Masayuki Suzuki Radio Show GOOD VIBRATION』がスタートするみたいですね。願わくば、これがラストではなく、「1stシーズンの最終戦」だと思いたいところですが、もしかしたら来月以降、早々に番組HPが消滅してしまう可能性もなくはないので、こうしてエアプレイ・リストを書き留めたこともそれなりに意味はありそうです(当ブログと共にデータベースこちらのページにもまとめて収蔵。曲目の検索などもご利用頂けます)。

更に淋しいことに、JFN系『Big Special』今年度で終了とのこと。従って、健太さんによる恒例リクエスト大会次回3月25日(水)深夜放送が最後ということに・・・。どうやら新年度からは民放AMラジオ(JRN系列『萩原健太のMusic SMiLE』なる月-金の新番組もスタートするようですけど(『サウンド・キャッチ』の再来?)、他に健太さんのDJが聴ける番組はないのでしょうか?悲しいかな、このぶんだと春からラジオを聴く楽しみがまた少なくなってしまいそうです。

関連記事
スポンサーサイト

| Radio Sweetheart | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

悲しいっす

FMもないんですね 泣
2005年に降板されて今年で10年目。もしやと言う期待があっただけに 泣

帰って来たら「健太さんFM復活お目出度う御座います。漸くこの国にも平和がやって来たんですね」と言うメッセージを送る予定だったのに

否、私のしょうもない計画はともかく
ラスト巌流島&Big Special聴かせてもらいますよ巌流島は丁度忘れてたんでこの記事読んで思い出しました!有り難うございます。

| 耕作 | 2015/03/21 22:37 | URL |

耕作さん

『ロック巌流島』、元々NHK-FMの編成にしては異例の10月スタート
でしたから、もしかしたら最初から全6回と決まってたのかもしれ
ませんね。昨夜の放送でも「また特番とかで」というご発言もあった
ことですし、やはりこれで終わりということではなく、何らかの形で
放送があればと期待したいところです。

新年度のNHK-FM、『とことん○○』後枠の新番組『夜のプレイリスト』
は週替わりで著名人がパーソナリティとして登場するようですけど、
「女性を取り込む番組をめざす」方針らしく、となるとその顔ぶれも・・・。

http://www4.nhk.or.jp/yoruplaylist/

『洋楽80’sファン倶楽部』後枠の新番組『洋楽グロリアスデイズ』、
健太さんではないにしろ、どなたがDJされるのか気になってたんですが、
引き続きシャーリー富岡さんみたいです。

http://www2.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=07_0064

『萩原健太のMusic SMiLE』以外にも何か番組があればいいんですが・・・。

| 糸志野露滋。 | 2015/03/24 20:59 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/2169-0acb056d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT