Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

播州赤穂でビバ昭和!

赤穂玩具博物館

2015年09月03日(木)

「播州赤穂顔ハメ紀行」の続き。
赤穂来訪のお目当てはお城顔ハメだけにあらず。
ある意味、今回は赤穂玩具博物館が一番の目的地だったかもしれません。

赤穂玩具博物館 赤穂玩具博物館 赤穂玩具博物館 

ご覧の通り、限られた敷地の中には、懐かしい旧車看板などが所狭しとギッシリ!?

赤穂玩具博物館

看板の中には初めて見るものもちらほら。

赤穂玩具博物館

例えばこれ。「スピルカ」じゃなくて、「カルピス」の看板でした(^^;)。

赤穂玩具博物館

博物館とはいえ、古い民家を改装して個人で運営されてるらしく、入場料缶のウーロン茶が付いて330円!(2階の休憩スペースで出して下さいます)。更に愉快な館長さんによるクイズ紙芝居も込みでした(笑)。

赤穂玩具博物館 赤穂玩具博物館

やはり「玩具博物館」というだけあって、主役は懐かしいおもちゃの数々で、レコードはSP盤がほんの少しといった感じ。ビクターニッパー君は大・中・小と、館内のあちらこちらで遭遇出来ました。

赤穂玩具博物館 赤穂玩具博物館 赤穂玩具博物館

赤穂玩具博物館 赤穂玩具博物館 赤穂玩具博物館

残念ながら館内は薄暗く、館長さんとのお話も止まらないので(笑)、なかなか思うように写真撮れなかったんですけど、通路の狭さカオス具合は予想以上で、まるでタイムカプセルの中に迷い込んだのような気分。

赤穂玩具博物館

このモーレツに濃密で、ひたすら昭和レトロな空間はヤバイくらい楽しくて、どうにも去り難く、時間が経つのを忘れて、あやうくレンタサイクルの返却に遅れそうになるくらい!?(1日200円とリースナブルな赤穂のレンタサイクル、コミュニティバスの本数がかなり限られていただけに、大変便利で助かりました)。

キミがスキ・ライフキミがスキ・ライフ
(2003/3/26)
マシュー・スウィート


そう言えば赤穂に行く前、色々下調べしたんですが、流石に市立図書館に奈良美智作品と草間彌生作品があるということまでははチェックしきれませんでした(図書館自体もとても魅力的だこと!)。基本的に住民の方のものではあれど、もうちょっとPRすれば観光振興にも繋がりそうですのに・・・。機会があれば是非また行ってみたいです。

姫路 姫路 姫路

そんな赤穂旅のお宿は姫路だったので、夕食は姫路ちゃんぽん焼とお好み焼(姫路焼)の極み豚玉(あと、追加でとん平焼も)。焼きそば焼きうどんをミックスした姫路ちゃんぽん焼は焼きそばよりボリュームあって、両方の食感が味わえるのでちょっぴり得した気分(?)。もしかしたら、滋賀でも食べれるお店あるかもなので、今度試しに行ってみます!

-つづく-
関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/2237-22a5b1db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT