Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロックンロールお年玉2016

ゼマティス 2016

デヴィット・ボウイの訃報に接し、呆然としてるうちに過ぎ去ってしまったような気がする今年の誕生日・・・。プレゼントに松尾清憲さんのCDブック『ニュー・ベスト・オブ・松尾清憲 ~甘くてほろ苦い音楽生活のすべて~ 』を買ってくれるというので、お言葉に甘えた結果、お楽しみには発売日まで当分先送りかなと思ってたら、さんグッズやギターフィギュアとか頂戴して感謝感激。

レコガール

ゼマティス&グレコのギターフィギュア(Wood Front GZ-2700 WF)希少なデッドストックヤフオクだと定価の5倍!?)、早速パーツ組み込んでレコガールに無理くり持たせてみました。

安部恭弘

そう言えば安部恭弘さん、お誕生日が一日違いと知ってお名前に加え益々親近感。デビュー・シングル「We Got It!」はAB面共に松本隆さんの作詞で編曲は清水信之さん。レコ集めようかな。

野村義男

そして遅ればせながらタワレコのバースデークーポンを利用して、ちゃっかりポイント10倍のタイミングで買いそびれてたこの本『野村義男の“思わず検索したくなる"ギター・コレクション (全ギターの前にヨッちゃんが立つ特大ポスター付き)』を購入。いや~、やっぱ義男さんスゴイわ!!今週放送のTBS『マツコの知らない世界』50歳記念ブック第2弾『野村義男の“足の踏み場もない"エフェクター・コレクション (ヨッちゃん考案・電気を使わない“エコフェクター"ペーパークラフト付き)』も楽しみ(^^)。

更に驚いたことに、今年はこれだけではなかったんです。

カレンダー カレンダー

2016年01月15日(金)

ライノカレンダーのプレゼント当選しました!
幸先の良い、ゴキゲンなロックンロールお年玉である共に、
僕にとっては数日遅れの嬉しい誕生日プレゼント。
ワーナーミュージックライフさま、
本当に有難うございます!!


Rhinoだけにサイ先の良さそうなカレンダーは『レコード・ダイアリー』のようなデータも盛り沢山。お陰でクリス・ベルと誕生日が同じだという嬉しい発見も出来ました(それは『レコード・ダイアリー』には載ってませんでした)。

I Am the CosmosI Am the Cosmos
(2014/11/10)
Chris Bell


ビッグ・スターは勿論、彼のソロ・アルバムも大好きなのに、CDしか持ってなかったので、是非アナログ盤も手に入れたいです(ebayに出てたTシャツにも心惹かれるものがあります)。

gremzgremzgremz

ブログで育ててるグリムス(gremz)の木、15本目がもう少しで大人の樹、というところで足踏み状態のような・・・。何事も「成長すること」って、簡単ではないですね・・・(^^;)。

関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

遅ればせながら。。。

お誕生日おめでとうございます。(^-^)
先日、我が家は夫の誕生日だったのですが、5歳児がケーキにケチつけて、ケチつけたくせに、いつの間にか、クリスマスの燃え残ってたロウソク5本突き刺して、電気消して「火つけて〜」、火つけたら、すぐに吹き消して、「フォーク!フォーク!」と要求して、1番初めに食べ始めました。せめて写真撮ってからにしてっ!(笑)

&ライノカレンダーのプレゼントご当選おめでとうございます。
ラモーンズ、かっこいいですね!

ラモーン部のブログ見てみたら、メンバー全員がリスペクトしているのは、実は
ジミ・ヘンドリクスなのだそうです。
どのくらい、愛が深いかというと、絶対に「ジミヘン」て言わなくて、
「ジミ・ヘンドリクス」
と呼ぶのだそうです(笑)。




デヴィッド・ボウイ...
彼の訃報を聞くことになるなんて...

"★"

彼は、いつも、新しい、と思いました。

で、見ました。
映画「ハンガー」のDVD...
は〜こわかった...
なんでこんな映画見る気になったかというと、
生前、彼がインタビューで、俳優の役で1番難しかったのはどんな役ですか?という質問に、「吸血鬼。吸血鬼なんて、見たことも、なったこともないからね」と答えていたからです。
は〜それにしてもこわかった〜ちょいちょいツッコミどころあったけど(笑)
それにデヴィッド扮するジョンは(あ、ネタばらししないほうがいいか...)
特典で、「トニー・スコット監督とスーザン・サランドンによる解説」とゆーのがあって、これがよかったです。
全編にわたって、シーン撮影の裏話や映画にかけるスタッフの熱さ、それに言い訳(笑)やツッコミを入れてて、おもしろかったです。
スーザン・サランドンのツッコミ(=ダメ出し)は映画の怖さを半減してくれます(笑)。

| いちおかまり | 2016/01/23 02:25 | URL | ≫ EDIT

おお〜

夜更かししてらっしゃいますね〜(笑)

私、そろそろ、寝ます。
おやすみなさい。。。

| いちおかまり | 2016/01/23 03:15 | URL | ≫ EDIT

遅ればせながらで申し訳ありません。お誕生日おめでとうございます。幸先の良いスタートですね。今年も良い一年になりますように。

教えていただいたNHKのイヴェント 息子の名前で応募しましたが、残念ながら落選でした。

| 中野 憲孝 | 2016/01/23 09:26 | URL |

いちおかさん

有難うございます!
と共に、いちおか先生もおめでとうございます!

ライノのカレンダー、ちなみに5月はボウイでした。
確かに、彼の訃報を聞くことになるなんて思ってもいなかった
ですよね・・・(それだけに、自分でも驚くほど大きなショック
と喪失感を味わってます)。

ボウイの映画、そうか、『ハンガー』はDVDまだ手に入るようですね。
昨夜はBSプレミアムで『戦場のメリークリスマス』が追悼放映
されてたみたいですけど、どちらかというと自分は『ビギナーズ』
世代だという意識があるので、今『ビギナーズ』が無性に観たいです
(あとレイモンド・ブリッグズ原作のアニメ映画『風が吹くとき』も)。

金曜の夜はクリス松村さんのMBSラジオを聴いてるので
大体夜更かしなんですが、昨夜はサッカーの余韻もあって
益々フカしてました(^^;)。

そう言えばトム・ぺティさん、またまたFMライヴ音源がCD化される
みたいですね。

http://amzn.to/1OMZagZ

| 糸志野露滋。 | 2016/01/23 17:56 | URL | ≫ EDIT

中野さん

有難うございます!

NHK福岡放送局のイベント、そうでしたか。
やはりHKT目当てのファンが沢山応募してたのかもしれませんね。

それにしてもボウイもさることながら、グレン・フライの訃報も
突然で驚きましたね・・・。

| 糸志野露滋。 | 2016/01/23 21:26 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます!

またまた貴重な情報、ありがとうございます。


「ビギナーズ」良かったですね。
「ラビリンス」は学生のとき部活の合宿で小笠原諸島の父島へ向かうフェリーの中で見ました。
「風が吹くとき」の映画はまだ見たことがありません。
「戦場のメリークリスマス」が、私が見ている中では1番好きかな、です。
昔、MTVで放送されたティン・マシーンのライブ、すごく良かったです。
デヴィッド・ボウイ。
もっと見たい!聴きたい!です。

| いちおかまり | 2016/01/23 23:25 | URL | ≫ EDIT

いちおかさん

日曜日はライヴに出かけたので土曜深夜にBSでやってた
ボウイのライヴは録画しただけでまだ見れてないんですけど、
タワレコのマルビル店に立ち寄って追悼パネル展眺めて来ました。

 https://twitter.com/TOWER_Marubiru/status/688274315674976257

『ラビリンス』のDVDって、今1000円なんですね!?
『風が吹くとき』は核戦争後の話でしたが、3・11を踏まえて、
今一度見てみたいと思ってたところでした・・・。

ティン・マシーンといえば、『タモリの音楽は世界だ』への出演も
印象深いです!

 https://youtu.be/jF1xLjS_31k

トム・ぺティさんのFMライヴ音源、更にこんなのも出るみたいですよ(^^;)。

 http://amzn.to/1Viou2h

| 糸志野露滋。 | 2016/01/25 02:05 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます

ティン・マシーンの貴重な映像、ありがとうございます。
デヴィッド・ボウイのユーモアのセンスっていいですね〜
タモリさん若い!
続きが見たいです。

トムさん情報もありがとうございます。
知らない曲が入ってるので、買わんとあかんですね。

| いちおかまり | 2016/01/25 22:56 | URL | ≫ EDIT

いちおかさん

僕もボウイのユーモアセンス大好きです。

ツイッターに「デヴィッド・ボウイ名言集」というのがあって、
ユーモアとウィットに富んだボウイの言葉を沢山紹介して
下さってます。

 https://twitter.com/DavidBowieBot

「音楽のお陰で人生の苦痛が弱まり、悲劇が薄まったとは言えない。
でも音楽があったからこそ、孤独な時に仲間がいてくれたし、
人々と触れ合いたい時にコミュニケーションの為の崇高な
手段を持てた。音楽は知覚の扉であり、僕の住む家でもあるんだ。 」

とくにこの言葉に激しく共感します。

ボウイが京都に住んでた頃に、鋤田さんが撮影された
阪急電車や京阪電車との写真も好きです。

 http://togetter.com/li/927158

ティン・マシーン来日直前の特番も動画ありました!

 https://youtu.be/pB-3w2M84bU

『Music SMiLE』も今週・来週とボウイの追悼特集ですね。

| 糸志野露滋。 | 2016/01/26 02:36 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます

赤ちゃんを抱き上げて微笑んでいる写真、素敵です。
あの衣装の数々は山本寛斎さんだったんですね!
流石です。

トム・ペティのモノマネ、ぱーぺき(パーフェクト&完璧を超えてる様)ですね!
うわ!トム・ペティだ!って思いました(笑)。
デヴィッド・ボウイ関連で笑ったのは、本当に久しぶりな気がします。
...自分のしょーもないモノマネはもうやめます (--;)

彼が京都に住んでたなんて、恥ずかしながら存じ上げませんでした。
...どっかで出会ってみたかったです。
電車で隣に座ってるなんて、最高ですね〜(妄想)

ティン・マシーン
カッコイイ...


「Music SMiLE」 一昨日と今日は野暮用で聴けなかったんですが、昨日の放送で
健太さんが「ディランがちゃんと歌ったみたいな(笑)」ってお話されてて、
健太さんって、本当にまっさらな心で音楽を聴いてらっしゃるんだな、と思いました。
健太さんご自身の音楽体験のルーツはラジオにある、というようなことを、以前、おっしゃってましたが、
純粋に音楽を聴くって、大切ですね。


| いちおかまり | 2016/01/28 01:48 | URL | ≫ EDIT

P.S.

学生だった頃、「さよちゃん」という、すごく綺麗なともだちがいて(どのくらい美人さんかとゆーと、すれ違った人が振り向くぐらいの。すれ違ったカップルの、男性が振り向くことも・笑)。
さよちゃんと「ラビリンス」を見て、「絶対、ボウイのほうがエエやんな〜」と盛り上がりました(笑)。
「ビギナーズ」も。
絶対、ボウイのほうが、エエやん!(役を超えてる...)

| いちおかまり | 2016/01/28 02:36 | URL | ≫ EDIT

いちおかさん

ボウイの追悼特番や特集、いくつか聴いてるんですけど、
悲しいかな、ティン・マシーンは大体スルーされちゃってますね・・・。

『Music SMiLE』の追悼特集は各アルバムから1曲ずつの1日2曲ペース
で今日が「レッツ・ダンス」まで、ってことは、ティン・マシーンも
来週あたりかけて下さるなと密かに期待してるんですが(^^;)。
やはり最終日に『★』のあの曲で締める、という趣向でしょうか。

健太さんはひたすらポップ・ミュージックとしてボウイの楽曲の魅力
を解説して下さってて、そこから色々見えてくるんじゃないかという
スタンスのようですね。僕はまだまだボウイの「アートと文化が
ごちゃまぜ」なところが全然理解しきれてないので、これから少し
ずつ解き明かして行きたいです。

何でもボウイさんは一時期、山科に住んでらしたようですよ。
京都市役所の近くにあったインドネシア料理屋さんには「ボウイが
座った席」があったのですが、残念ながら数年前に閉店してしまった
みたいです。

モノマネ、やめないで下さい(笑)。

| 糸志野露滋。 | 2016/01/28 21:49 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/2278-9db4b28d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT