Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

真夜中のオアシス

名盤探検隊~アート・オブ・フォーキー名盤探検隊
~アート・オブ・フォーキー

(2000/06/07)
オムニバス
ジム・クウェスキン・ジャグ・バンド



最近のパジャマ・ディスク(※「夜、寝る時に聴くCD」という意味合いで、数年前、僕がでっち上げた造語です・苦笑)は、『名盤探検隊~アート・オブ・フォーキー』萩原健太さんDJのNHK-FM「ポップス・グラフィティ」2000年6/12放送で特集して下さってたので、リスナー仲間の方はよくご存知かと思いますが、マリア・マルダーで始まり、マリア・マルダーで終わる全17曲の選曲&解説は鈴木カツさんによるもの。そしてご覧の通りジャケットなどのアートワークを手掛けられたのは僕の大好きな本秀康画伯で、CDトレイの底面には、こんな素敵なマリア・マルダーも描いて下さってました(レコガシラくんフィギュアと共に撮影・笑)。

919_aof2.jpg


ちなみにCDの盤面は、いかにもワーナーの再発シリーズ「名盤探検隊」絡みのコンピレーションらしく、レコード盤を模したデザインが施されてます(ライノ『ポップトピア』みたいな洋楽コンピをはじめ、ピチカート・ファイヴL⇔Rなどに同趣向の盤もあるので、ありがちといえばありがちですが、でも僕こうゆうの好きです♪)。

919_aof1.jpg


勿論、肝心の中身の方も、ランブリン・ジャック・エリオットによる最高に格好良いディラン・カヴァー「北国の少女」や、ジュディ・コリンズのピアノ弾き語りによる「風は激しく」トニー・ジョー・ホワイト「The Train I'm On」ジム・クウェスキン「Ramblin'Round Your City」等々、美しくて心に染み入るフォーキーな名曲・名演揃い。他にもトム・パクストンフィル・オークスの弾き語りも味わい深いし、ジョン・フェイヒイジョン・ハートフォードの演奏は絶品だし、ロジャー・ティリソンバーバラ・キースのコクのある歌声も格別で、どれも本当に聴き応え抜群。それに何より全編アコースティックなフォーキー・サウンドが耳心地よくて、心安らぐので、寝しなに聴くにはもってこいの一枚です。

オールド・タイム・レディオールド・タイム・レディ
マリア・マルダー
(1998/05/25)
ダブリューイーエー・ジャパン


なかでも魅力的なのは、やはり最初と最後を飾るマリア・マルダーの麗しい歌声(あと中盤の10曲目にもジム・クウェスキン・ジャグバンドで登場します)。おまけに1曲目から大ヒット曲「真夜中のオアシス」なので、彼女の美声に加え、エイモス・ギャレットの極上ギター・ソロにいきなりとろけずにはいられません。

ただ、英語が堪能でない僕は、今年「タモリ倶楽部」「空耳アワー」を見て以降、"Midnight at the oasis,send your camel to bed~♪"のところが、「専用貨物便~♪」に聞こえて仕方ないです(笑)。



試しにYou Tubeから今年のエイモス・ギャレット来日ツアーから中目黒「楽屋」公演(2007.6.04)の動画を拝借して来ました。歌ってるのはマリアさんじゃなくて、サンディーさんと中村まりさんですけど、ね、「専用貨物便~♪」に聞こえません?(苦笑)。






関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/228-c396712d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT