Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

左利きの真実

Lefty in the Right~左利きの真実Lefty in the Right
~左利きの真実

(1997/07/25)
L-R



何でも、今週12/13(木)放送予定のテレビ朝日系「アメトーク」「左利き芸人」特集とのこと!これは左利きのはしくれである僕としても、見逃す訳にはいきません。

http://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/

出演はケンドーコバヤシバナナマン日村をはじめ、西部ライオンズへの移籍が決定した石井一久投手に安めぐみちゃん、野性爆弾ロッシーニブンノゴ森本レイザーラモンHGとなってますが、安めぐみちゃんも左利きだったんですね(そうと知っただけで、いっそう身勝手な親近感を深め、益々ファンになっちゃいそうです・苦笑。ちなみにフジテレビ平井理央アナも左利きなので、毎晩のように「すぽると」見てます・笑)。

さて、左利きといえば、忘れちゃいけないのがL⇔Rの1stフル・アルバム『Lefty in the Right~左利きの真実』。やはりこのアルバムが発売された時、僕はまずそのアルバム・タイトルに強く心惹かれたのですが、実はもう一つ、購入の決め手となったものがありました。それは当時、能地祐子さんが「FMステーション」誌に執筆しておられた記事で、見出しはズバリ「単なる”ポップス”におさまりきらないエル・アールの新作は、ナイフのような冒険心をたたえたロックンロール」でした。

fms_lrt.jpg


見出しもさることながら、この記事の何が興味深かったというと、ノージさんはL⇔Rの音楽の魅力を紹介するにあたって、XTC『ノンサッチ』ビーチ・ボーイズの25周年ベスト『MADE IN U.S.A.』、更には我が最愛のバッドフィンガー『マジック・クリスチャン・ミュージック』BOX『BOX POPS』を引き合いに出しておられたんです!(あともう一枚ミスター・チルドレンのデビュー盤『EVERYTHING』もジャケ写入りで取り上げておられたんですが、それ以外はどれも僕の大好きなアルバムばかり!!)。ということで、これまた僕のポップス・スクラップ帳をご覧下さい(※スイマセン、ジャケ写の部分はカセット・インデックス用に切り抜いちゃいました・苦笑)。

fms_lr.jpg


そんなふうにポップスマニア心を大いに刺激された僕は、勿論すぐにCD屋さんにL⇔Rを買いに走りましたとも(笑)。そして、再生ボタンを押すと、1曲目の「レイジー・ガール」のイントロから、いきなりフォー・シーズンズが飛び出して来てビックリ!?更にバディ・ホリートミー・ロウだったり、ロックパイルかなと思えばロイ・オービソンだったりと、次々と繰り出させる”ポップス愛に満ちた遊び心溢れる仕掛け”の数々に胸をバクバクさせると共に、曲の構成やセンスの良さに感動。リッケンバッカーの音色が眩しくて切ない「Bye Bye Popsicle(一度だけのNo.1)」に心ときめかせ(程なく、ラスカルズ「Rainy Day」が挿入されてることに気付いて思わずニンマリ♪)、ビーチ・ボーイズの「Surf's Up」を彷彿させる「Love is real?(想像の産物)」の幻想的な美しさに酔いしれ、「With Lots Of Love Signed All of Us」のドリーミーなドゥ-ワップ・コーラスにうっとり聴き惚れて、といった具合に、一発で彼らの虜になった日のことを僕はついこの間のことのようによく憶えてるんですけど、早いものでこのアルバムが発売されてから、もう15年になるんですね・・・(マニアックだけど、基本はキャッチーで爽快なポップ・ミュージックなので、やっぱり今聴いても楽しいです)。

そう言えば今年の5月末頃だったか、毎週欠かさず愛聴してるJFN系「DAY BREAK」月曜日で、木崎義二さんが「最近、黒沢健一くんが元気ないようだから、元気付けにL⇔Rの曲かけます」とおっしゃってるのを聴いて、以来僕も心配してたんですけど(※手元の記録を確認したところ、5/215/28の放送でした)、どうやらお元気になられたらしく、ここに来て本格的に活動を再開されたようなので、本当に喜ばしい限りです。

http://www.k-kurosawa.com/

年内のライヴは東京だけのようですが、来年あたり関西でも生歌を拝聴出来る機会があればいいなと、密かに期待しています♪そしてまた久々に萩原健太クロースさん(By-本家ヤッチン・笑)との活動もあれば、尚言うことないのですが(^^)。




関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

私も左利き(携帯メール限定)♪

うわ♪能地さんの記事、すんごい嬉しいです(^O^)!
しかもBOXを引き合いに出して頂いたとは(T_T)。
XTC、ビーチボーイズ、バッドフィンガーは、何とな~く想像つきますが…メチャクチャ感激です☆
(嬉しいので、私のブログで、こちらの記事を紹介しても良いでしょうか(^^)?)

健一さんソロ活動、私も興奮してます!ホント元気に活動再開して下さいましたね(^^)。
来年は、関西でもライヴがあるといいですね♪いや、きっとやりますよ!

| ハリー堀田 | 2007/12/13 00:44 | URL | ≫ EDIT

●ハリーさん
いや~、ハリーさんに喜んで頂けて僕も嬉しいっす(^^)。
やっぱりBOXもエル・アールも、わかる人にはわかる
「ポップスの二重構造」が魅力ってことですね!
(あとグッバイも・笑)。

じゃぁ、ribbonのとこの記事、ジャケ写のとこだけ切り抜いて
るんですが(^^;)、今度コピーしてお裾分けさせて頂きますね♪

> 私のブログで、こちらの記事を紹介しても良いでしょうか(^^)?

それはもう勿論、こんな記事で宜しければ全然いいともですよ(^^)。
光栄です、有難うございます。

ちなみに僕、携帯は左手で持って通話するんですが、メール打ったり
ボタン操作するのは右手です(だから携帯入力苦手なのかな・汗)。

| ヤッチンロック。 | 2007/12/13 17:44 | URL | ≫ EDIT

リンク許可、ありがとうございました♪

こんばんは。ネットカフェからお邪魔します♪

お言葉に甘えまして、リンクさせて頂きました。
どうもありがとうございます(^^)!

「ポップスの二重構造」て、ホント名言ですよね。
この言葉、よく杉さんがおっしゃってますが「わかる人も楽しめて、わからくても楽しめる」…これって凄い事だと思います。
昔なにげな~く聴いていた好きな曲のルーツは、実はこれだった!とか。楽しいですよね☆

ribbonの記事、どうもありがとうございます(^^)!

| ハリー堀田 | 2007/12/15 21:50 | URL | ≫ EDIT

●ハリーさん
いえいえ、こちらこそ、ネタにして下さって、
どうも有難うございます!
ハリーさんなら、無許可でも全然OKですから(笑)。

「わかる人も楽しめて、わからくても楽しめる」

ホントそうですよね、BOXもエル・アールも、あとグッバイやすかんち、
ナイアガラもそうですが、ビートルズやビーチ・ボーイズも、そうゆう
聴き方出来ますもんね!

やっぱり来年あたり是非「ポップスの二重構造を楽しむ会」
を結成しましょう(笑)。

追伸、携帯電話の操作、よく考えてみたら僕、
左手の親指も使ってました(^^;)。

| ヤッチンロック。 | 2007/12/16 15:05 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/231-bc3ee903

TRACKBACK

L⇔RとBOXの、意外な関係

LACK OF REASONLove Mixスピン何と!意外な接点を発見です!相互リンクさせていただいているブログ「Sweetheart Of The Radio」(管理人:ヤッチンロック。さん)によると、音楽評論家の能地祐子さんが以前、「FMステーション」誌でL⇔Rの1stフルアルバム「Lefty In The Rig

| From Me To You | 2007/12/15 21:40 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT