Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Pilot大阪公演2016

Pilot大阪公演Pilot大阪公演

英国音楽/VINYL JAPAN presents
PILOT大阪公演
2016年11月24日(木)
阿倍野 ROCKTOWN
開場18:00/開演19:00
前売8400円+ドリンク600円



【19:14 開演】
01) Penny in My Pocket 
 ペニー・イン・マイ・ポケット
 [ David Paton ]

02) Do Me Good
 ドゥ・ミー・グッド
 [ Billy Lyall ]

03) You're Devotion
 君の愛
 [ Billy Lyall ]

04) Canada
 新しきカナダ
 [ David Paton ]

05) Prime Time
 プライム・タイム
 [ Alan Parsons / Eric Woolfson ]
 ※The Alan Parsons Project-1984年US34位

06) Games People Play
 ゲームス・ピープル・プレイ
 [ Alan Parsons / Eric Woolfson ]
 ※The Alan Parsons Project-1980年US16位

07) Over the Moon
 月への想い
 [ Bill Lyall / David Paton ]

-David水分補給-
08) Get Up and Go
 ゲット・アップ・アンド・ゴー
 [ David Paton ]

-メンバー退場、イアンのアコギ独奏コーナー-
09) Summertime
 サマータイム
 [ George Gershwin ]
 ※オペラ『Porgy and Bess』-1935年

10) Alfie
 アルフィー
 [ Hal David / Burt Bacharach ]
 ※Cilla Black-1966年US95位/UK9位
 ※Dionne Warwick-1967年US15位/R&B5位

【19:59 前半終了】

-トイレ休憩タイム-

【20:08 後半開演】
-Davidソロ弾き語り-

11) Lovely Lady Smile
 ラヴリー・レディ
 [ Bill Lyall / David Paton ]

-メンバー紹介、Davidのソロ曲コーナー-
~イアン以外の4人で

12) I've Been Here Before 
 [ David Paton ]

13) Under The Sun 
 [ David Paton ]

-イアン再登場、全員で-
14) Sirius / Eye in the Sky
 狼星(シリウス)~アイ・イン・ザ・スカイ
 [ Alan Parsons / Eric Woolfson ]
 ※The Alan Parsons Project-1982年US3位

15) Dancing On A High Wire
 ダンス・オン・ア・ハイ・ワイヤー
 [ Alan Parsons / Eric Woolfson ]
 ※The Alan Parsons Project-1984年

16) Monday Tuesday
 マンデー・チューズデー
 [ Ian Bairnson ]

17) Call Me Round
 コール・ミー・ラウンド 1975年UK34位 
 [ David Paton / Ian Bairnson ]

18) Just A Smile
 こぼれる微笑み 1974年US90位
 ジャスト・ア・スマイル
 [ Bill Lyall / David Paton ]
【20:48 本編終了】

【20:48 アンコール】
19) January
 ジャニュアリー 1975年US87位/UK1位
 [ David Paton ]

20) Magic
 マジック 1974年US5位/UK11位
 [ Bill Lyall / David Paton ]
【20:56 終演】


- Pilot are -

David Paton (Vo, Bass, Guitar)
Ian Bairnson (Guitar)

Calais Brown (Guitar, Cho)
Irvin Duguid (Keyboard, Cho)
David Stewart (Drum)


まさか2016年になってPilotのライヴを大阪で観れる日が来ようとは。
更に憧れのDavidIanと言葉を交わしてサインを頂戴出来たばかりか、肩組んで一緒に写真まで撮って貰えるとは。本当に夢のようです。

セカンド・フライトセカンド・フライト
(2014/11/12)
パイロット
ワーナーミュージック・ジャパン
新・名盤探検隊

上記セットリストにはあえて書かなかったんですが、ほぼ全曲の演奏前にそれぞれエピソードなども交えつつ丁寧に曲紹介MCしてくれたデヴィッド・ペイトンケイト・ブッシュエルトン・ジョンなど数々のレコーディングやツアーにも参加してるだけあって、当然ながらベースの腕前も抜群だし(オルタネイトピッキングの正確なこと)、年齢を重ねた今の歌声も魅力的で、「Lovely Lady Smile」の美しい弾き語りにはうっとり聴き惚れるばかり。

Pilot-20161124 Pilot大阪公演

そして我らがパイロットアラン・パーソンズ・プロジェクトスーパーギタリストイアン・ベアンソン、大阪公演ではストラップやや短めなゴールドトップレスポールを操り、飄々とファンタスティックなフレーズを紡ぎ出す姿は職人のようでもありました(その技は杉真理さんや井上鑑さんをはじめ、杏里飯島真理浅香唯キョンキョンの曲などでも)。独奏コーナーで2曲披露してくれたのは大阪だけだったのでしょうか(曲紹介なかったですけど、1曲目「サマータイム」でしたよね?)。アコギはIan、David、Calaisの3人が1本のハミングバードを使いまわしてるところからもまるで家族のような仲の良さが伺えます(^^)。

Pilot-20161124

実際、イアン・ベアンソン以外はアルバート・ハモンドのバック・バンドそのままの顔ぶれということもあり、息の合った一体感のあるバンド・サウンドで、期待してた以上に楽しませてくれました(どうやら日本ツアーの直前もアルバート・ハモンドのサポートやってたようですね。「カリフォルニアの青い空」はドイツでも大合唱なのか)。とくにイアンと共に素晴らしいギターを弾いてたCalais Brown、コーラス面でも大活躍ですっかりファンになりましたよ(ドブロマンドリンラップスティールも弾けてザ・マーヴェリックスとも繋がりがあるとは!)。そんな彼とは、思いがけずあべのキューズモール到着時にいきなり遭遇(上着も羽織らず、前から全速力でエスカレーターを駆け下りて来たのでビックリ!?丁度リハ中だったのか、忘れ物を取りに行ってたみたいで、ライヴハウス前で写真撮ってたら程なくマイクスタンドにiPadを取り付ける器具のようなものを持ってエレベーターで戻って来ました)。

Pilot大阪公演Pilot大阪公演

今回の来日公演ではアラン・パーソンズ・プロジェクト時代の曲もいくつか披露してくれて感激でしたが(アルバム同様「アイ・イン・ザ・スカイ」は「狼星(シリウス)」からの必殺メドレー!)、やはり生で聴くパイロットの爽快なポップチューンは想像してた以上に格別。なかでもアンコール2曲の盛り上がり、「Magic」大合唱ハンドクラッピング最高に幸せな瞬間でした!



終演後のサイン会ではDavidとIanの優しい人柄にも触れ、益々大好きな存在に。流石に緊張しまくって思いの丈や感謝の気持ちをほんの少ししか伝えられなかったので、ここであらためて。DavidとIanをはじめ、その他メンバーや関係者の皆様にも心より御礼申し上げます。有難うございました(是非また日本に来て下さい!&呼んで下さい!)。

そう言えば開演前のBGMはどなたによる選曲だったのでしょう?本家パイロットやアラン・パーソンズ・プロジェクトの代表曲と共に、ラトルズ「恋の乗車券」の日本語カヴァー実川俊さんの「愛してスーパースター」「はじめてのチュウ」の人による「コール・ミー・ラウンド」歌謡!)、何よりBOX「Journey To Your Heart」が流れたのが嬉しくてテンション上がりました!

関連記事
スポンサーサイト

| LIVE/EVENT | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

たのしい時間は永遠ですね。福岡で観たかった。来週はアラバマ・シェイクすです。今までで僕が一番緊張したのは京都の都雅都雅の階段からジョン・ステュワートがひょっこりでてきて(ライヴ前)言葉を交わせた時です。松任谷さんの出たばかりの自伝本にユーミンとジョン・ステュワートの曲をよく聴いていたとの箇所がありほんとにお好きだったんだなとあらためて思いました。(面白い本です。お勧めです。)

| 中野 憲孝 | 2016/12/06 18:13 | URL |

伝わってきました♪

とても楽しかったライヴの様子、よ~く伝わってきました♪
終演後も素敵なひとときだったようで、よかったですね(^-^)

| はつみ | 2016/12/06 22:40 | URL | ≫ EDIT

中野さん

そうですか、都雅都雅のあの階段から!
実はPilotの開演前、思いがけずリハ終わりのDavidとも遭遇したんですが、
その時は声かけれませんでした(^^;)。

松任谷正隆さんの本、内容紹介で伊藤銀次さんや杉真理さんの名前を
見つけて気になってたんですけど、まだ手に取ってませんでした。
やはり必読ですね。オススメ有難うございます!
そう言えば健太さんの新刊『アメリカン・グラフィティから始​まった』
も昨日出ましたね。

アラバマ・シェイクス、どうぞ楽しんでらして下さい!

| 糸志野露滋。 | 2016/12/08 00:54 | URL | ≫ EDIT

はつみさん

そうですか、伝わりましたか(^^;)。
有難うございます!

DavidもIanも、本当に優しい紳士だったので、
緊張と感動と涙をこらえるのに必死でした。

クリス松村さんのラジオとかでもそのうちパイロットや
アラン・パーソンズ・プロジェクト辺りかけて
下さらないかなと密かに期待してます(^^)。

| 糸志野露滋。 | 2016/12/08 01:09 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/2413-1eabb7d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT