Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

僕の”MARCH OF THE MODS”2017

新幹線新幹線

2017年03月01日(水)

京都駅で新幹線1時間50分遅れの表示に
一瞬焦りましたが、
5分遅れのこだまに乗って上京物語。
先ほど浜松を通過したところです。
流石に今日ばかりはツイッター見てる余裕
あんまりないかも。




シウマイ

2017年03月02日(木)

昨日は終始ワチャワチャしまくりで
ツイッターどころじゃなく。
というか、今もまだワチャワチャ。
落ち着いたらブログにでもまとめたいところです。
帰りの新幹線、お弁当はやはりこれにしました。





コロコロ旅コロコロ旅

2017年03月04日(土)

ネックウォーマーもいらないくらいの
ポカポカ陽気に誘われて、
「TOUGH」「晴れた空カントリーデイ」
口ずさみながらコロコロ旅へ。
ダム2つハシゴして来ました!
#ひとり”こころ旅”





トラクター

2017年03月07日(火)

武道館が終わった、と思ったら、
もう田植えに向けての準備。
時の流れの速さになかなか身をまかせられないです。
#稲作





ランディ・ヴァンウォーマー

2017年03月09日(木)

久々に中古の洋楽CD50円の激安ワゴンへ。
僕好みのは昨年大体買い尽くしたので
もう残り僅かでしたが、ランディ・ヴァンウォーマー
『モーニング・ブリーズ』を見つけてカーステ用に購入。
ピーター・バラカンさんの弟さんとの共同プロデュース作、
「アメリカン・モーニング」の新録も入ってます。
#レコハン





愛車

2017年03月11日(土)

今日は愛車に愛車を載せてお出かけ。
でも思いのほか肌寒かったので
結局ほぼほぼドライブ(^^;)。





飛び出し坊や

山男な0系の飛び出し坊やと飛び出し山ガール。
今日は春の到来を告げる「びわ湖開き」とはいえ、
この辺りはまだ道路脇や日陰に雪が残ってました。
#飛び出し坊や


飛び出し坊や飛び出し坊や

久々に巨大とび太くんにも逢いに聖地巡礼(?)。
#飛び出し坊や #顔ハメ





トラクター

2017年03月12日(日)

本日の愛車。
FMラジオも付いてるので、その気になれば
『サンデーソングブック』『洋楽グロリアスデイズ』
も聴けたのですが、流石に集中力保てないので我慢
(あとで録音聴きます)。
何とか『ソング・アプローチ』には
間に合うよう帰って来られました
武道館特集放送180回目!)。
#稲作





ジョージ・マイケル健太さん

2017年03月15日(水)

「プレーヤーないから、あげる」と言われて
頂戴したLPがジョージ・マイケル『FAITH』
CDでしか聴いたことがなく、ジャケも盤も
コンディション抜群だったので益々感謝感激。
ライナーノーツは勿論、萩原健太さん。


リタ・クーリッジ

更に譲り受けたLPにはリタ・クーリッジ
『ラヴ・ミー・アゲイン』も!
ボズやスウィート・インスピレーションズ
エヴァリーのカヴァーなど聴き応えたっぷりで
ギターはジェイ・グレイドン
ベンチャーズの名手ジェリー・マギーさん!!
帯付きの見開きジャケや盤も
ピッカピカで泣いて喜んでます。



以上、今月の走行記録収穫レコード日記等々。
長くなりそうなのでまずは前半なんですが、でも一番肝心な武道館のことは感動が大きすぎて未だ整理しきれません・・・。またそのうち追々ということにさせて下さい。



マウンテンバイク乗る時「TOUGH」を口ずさみたくなるのは間違いなくこのPVの影響です!


関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。この時期のリタ・クーリッジ良いですね。趣味が判れるところでしょうか。さて昨日のソング・トゥ・ソウル アルバート・ハモンド良かったですね。レッキング クルーの面々も拝むことができたし、ホントに良い曲を書く人だなと改めて思いました。先日の雨に濡れても 最初はボブ・ディランに歌ってもらおうと作られたものだったとはビックリ!もし彼が歌っていたらどんなことになっていたのでしょう。かなりしっかりした制作のかたがたが気持ちをこめて作っているのが判る楽しい番組です。

| 中野 憲孝 | 2017/03/30 11:22 | URL |

中野さん

リタ・クーリッジ、初期に思い入れが強い方にはどうなのかわかりませんが、
この辺の時代のもなかなかいいですよね!

そう言えば近々Real Gone Musicから『Beautiful Evening: Live in Japan』が
16曲入りに拡大されて装いも新たにCD化されるようです。

 http://amzn.to/2niIneo

『Song To Soul』、4月から放送時間が日曜日に移動するみたいですけど、
「雨に濡れても」のタイトルと印象的な歌い出しはハル・デヴィッドさん
じゃなくてバカラックさんがメロディと共に作ってたとは知りませんでした!?

ところで、先日閉店したParksレコードさん、大濠公園で3日間だけ復活営業(?)
されてたみたいですね!入場料千円でレコード20枚選び放題、行ってみたかったです。

 https://twitter.com/parksnewarrival/status/844905507357806592

| 糸志野露滋。 | 2017/03/30 16:37 | URL | ≫ EDIT

いつも 貴重な情報ありがとうございます。ラヴ・ミー・アゲンの一曲目ユーのギターはマギーさんですね。良い曲です。ハイヤー・アンド・ハイヤーは彼女の歌から、ジャッキー・ウィルソンにたどり着いた世代なので思い入れがあります。ここらへんから嗜好がガーって拡大して行った感じでした。ソング・トゥ・ソウル日曜は月曜早起きのため録画対応になりそうです。パークスさん面白いこころみですね。悲しいことに手に入れたノラ・ジョーンズのコンサートに行けなくなってしまいました。。泣く泣くプライス・ダウンして後輩が是非と言うことで譲りました 残念。

| 中野 憲孝 | 2017/03/30 17:07 | URL |

中野さん

あら~、ノラ・ジョーンズ、それは残念ですねぇ・・・
(そう言えば彼女、30日お誕生日だったんですね)。

リタ・クーリッジの「Higher and Higher」は『Live in Japan』
の1曲目でもありましたね。ジェリー・マギーさんは、
ベンチャーズのギタリストとしても、
サザン・ロック~スワンプ・シーンのギタリストとしても、
まだまだ過小評価されてるような気がします。そろそろソロ・アルバム
とかもリマスターなり復刻して欲しいところです。

『Song To Soul』はどちらにしろ僕は録画派です(^^;)。
気になった証言とか、その場ですぐ巻き戻して確認出来ますので。
今週末は坂崎さんの『レコード時代』再放送で
次回は#47「いとしのレイラ」の再放送のようですけど、
クラプトンもノラ・ジョーンズと同じ誕生日で御年72歳とは驚きですね!

http://www.bs-tbs.co.jp/songtosoul/onair/onair_47.html

| 糸志野露滋。 | 2017/03/31 00:47 | URL | ≫ EDIT

クラプトンもう72ですか、それなりに若くはみえますが、なんと言ってもジェフ・ベック イギリスのひろみ郷という感じでしょうか?あしたのバラカンさんの番組はチャック・ベリーの追悼特集こんどの達郎さんもそのようですね。36年前の初来日に行きました。当時からすでにレジェンドでしたので、かなり覚えています。
ご冥福をお祈りいたします。

| 中野 憲孝 | 2017/03/31 14:43 | URL |

中野さん

さっき知ったんですけど、
「Johnny B. Goode」は1958年3月31日のリリースだったんですね。

チャック・ベリーさんについては先週、健太さんも文化放送
『くにまるジャパン極』の「洋楽ジャパンX」で追悼して下さってました。

http://www.joqr.co.jp/kiwami/2017/03/322.html

あと最近だとトミー・リピューマさんや、かまやつさんの訃報も・・・。

日曜日にTBSラジオで小西康陽さんや曽我部恵一さんらによるムッシュの
追悼特番が予定されてますが、JFNの坂崎さんや甲斐さんの番組でも
それぞれ追悼特集が組まれるようです。淋しいですね。

http://www.tbsradio.jp/132500

NHK-FMに残ってるムッシュやウォッカコリンズのライヴ音源とかも
是非再放送して欲しいです。

| 糸志野露滋。 | 2017/03/31 17:00 | URL | ≫ EDIT

ぼくがチャック・ベリーで一番好きな曲は ユー・ネヴァー・キャン・テルです。 ジョン・プラインのカヴァーも良いですし。南佳孝さんのカヴァーも良い。地味な曲ですが、ロッキン・カントリーの金字塔のような曲です。先日のピーターさんの番組でジョン・プラインのカヴァーがかかっていて、ピーターさんがまったく知らなかったと仰られていて、ジョン・プラインをフォーク・シンガーと仰られていて、僕は違う彼はロック・シンガーなのにと思いました。ジョン・プラインは間違いなくロック・シンガーです。一度ライヴ観たい。誰も言わないけれど、未来日の大物シンガーですよね。ジョニー・マティス ナンシー・グリフィスなんて来日したらどこでも観に行きたいです。

| 中野 憲孝 | 2017/03/31 20:51 | URL |

中野さん

「You Never Can Tell」というと、僕が真っ先に連想するのは
ロニー・レーンやビル・ワイマンのリズム・キングスのヴァージョン
なんですけど、確かにジョン・プラインさんのカヴァーもゴキゲンですねぇ!
あとエミルー・ハリスのカヴァーなんかもなかなか秀逸で魅力を感じます。

残念ながらジョン・プラインさんもですし、ドン・マクリーンさんとかも
フォークシンガーだと思ってる人が多いような・・・。
CDが売れなくなったぶん昨今ライヴが盛況とはいえ、来日アーティストは
ビルボードか大物のホール公演のどっちかなので、どうしてもその辺りの
ライヴが観たいのなら思い切って海外行くしかないのかな、とも。
個人的には海外どころか国内のライヴですら億劫になる一方ですが(^^;)。

未だ来日しない大物アーティストといえば、ヴァン・モリソンの
初期バング・レコード時代の音源が本人公認のもと、ようやくCD3枚組と
なってリリースされるみたいですね!

http://rollingstonejapan.com/articles/detail/27838

| 糸志野露滋。 | 2017/03/31 22:12 | URL | ≫ EDIT

ヴァン モリソン バング時代も良いですね。ただ音が悪いんですよね。あとカーマ スートラとかブラック系のインディはほんとに何故っていうくらい音が悪いです。モーメンツとか曲は良いのに音が悪すぎて。。加川さんまでお亡くなりになられたのですね。合掌

| 中野 憲孝 | 2017/04/06 10:42 | URL |

中野さん

加川良さん、かつては毎年のように滋賀で里帰りライヴして下さってた
のですが(同級生の方も沢山いらっしゃってたようでした)、近年は地元
でライヴがなかったので、是非また生歌を拝聴出来る機会があればいいなと
願ってました。大変淋しいです。

『SONG TO SOUL』の「いとしのレイラ」特集、
パティ・ボイドさん来日中にインタビュー出来たみたいですね。
ボビー・ウィットロックもコメントしてるようなので楽しみです。

https://twitter.com/SongtoSoul/status/848394441660407809

| 糸志野露滋。 | 2017/04/06 23:38 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/2449-08a855b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT