Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『成瀬英樹のPOP A to Z』#08

ザ・リバー(REMASTER)ザ・リバー(REMASTER)
(2015/7/22)
ブルース・スプリングスティーン


RadiCro
『成瀬英樹のPOP A to Z』#08
2017年05月20日(土)22:30-23:00

http://radicro.com/program/popatoz.html

01) Mississippi
 ミシシッピー 2001年
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan
 
02) Sherry Darling
 愛しのシェリー 1980年
 [ Bruce Springsteen ]
 /ブルース・スプリングスティーン Bruce Springsteen

03) Leave A Tender Moment Alone
 夜空のモーメント  1984年27位
 [ Billy Joel ]
 /ビリー・ジョエル Billy Joel

04) Back On The Chain Gang 
 チェイン・ギャング 1983年5位(UK17位)
 [ Chrissie Hynde ]
 /プリテンダーズ The Pretenders

05) Because 2010年
 [ 作詞:菅野よう子、Tim Jensen / 作曲・編曲:菅野よう子 ]
 /菅野よう子×手嶌葵
 ※松竹配給映画『シュアリー・サムデイ』劇中歌

06) Baby It's Cold Outside
 ベイビー、イッツ・コールド・アウトサイド 1982年
 [ Papa Dee Allen / Harold Brown / Ron Hammon / Lonnie Jordan
  / Lee Oskar / Luther Rabb / Howard E. Scott / Jerry Goldstein ]

 /ウォー WAR


以上、『成瀬英樹のPOP A to Z』第8回放送のプレイリスト(「POP A to Z」カテゴリーを新たに設定しました。一括表示で過去の放送分も遡ってご覧頂けます)。

5月のアルファベット「B」にまつわる楽曲やアーティストの特集、第3週は前半が「B」で始まる偉大なソロ・アーティストの3曲、そして後半が「B」で始まる3曲という構成(今回、ジングルがなかったのは放送時間の都合上でしょうか?)。全6曲中、4曲が80年代の曲でしたが、僕も成瀬さんより少し年下ながら大体同年代ですし、音楽の趣味趣向も重なる部分が大きいだけに、これには尚更共鳴しまくり(ただ、ディランを理解するのにはかなり時間がかかったので、洋楽を聴き始めた頃、リアルタイムではボスとビリー・ジョエル、ブライアン・アダムスが個人的な3大「B」だったかもしれません)。お馴染みのアーティストでも大定番じゃないところに光を当てて下さる選曲と共に、限られた時間でも「夜空のモーメント」ではトゥーツ・シールマンスによるハーモニカの素晴らしさに触れ、ブルース・スプリングスティーンの名盤『ザ・リバー』に関しては村上春樹さんの最新作を例示して丁寧かつ簡潔に曲紹介して下さる成瀬さん、そんな信頼のおけるDJには最近なかなか出逢えませんけど、1曲だけ手嶌葵ヴォイス菅野よう子メロディをしれっと挿入される辺りの意表を突く展開も他の番組ではまず味わえないでしょう!(やはり菅野よう子メロディ、この並びで聴いてもガチコーンと持ってく威力ありますねぇ~。手嶌葵は先だって甲斐よしひろさんもラジオで賞賛されてましたっけ)。

そう言えば4月は5週ありましたが、5月の土曜は4週しかないんですよね・・・。「B」はまだまだ沢山ありそうなので、いっそのこと半年くらいやって欲しい気分です(笑)。

関連記事
スポンサーサイト

| POP A to Z | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/2470-38ccde00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT