Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『成瀬英樹のPOP A to Z』#11

カーズ・グレイテスト・ヒッツカーズ・グレイテスト・ヒッツ
(ヨウガクベスト1300 SHM-CD)

(2017/5/31)
カーズ
ワーナーミュージック・ジャパン

RadiCro
『成瀬英樹のPOP A to Z』#11
2017年06月10日(土)22:30-23:00

http://radicro.com/program/popatoz.html

01) When You Were Mine
 ホエン・ユー・ワー・マイン 1983年
 [ Prince ]
 /シンディ・ローパー  Cyndi Lauper
 ※Prince-1980年

02) Tonight She Comes
 トゥナイト・シー・カムズ 1985年7位
 [ Ric Ocasek ]
 /カーズ The Cars

03) Centerfield 
 センターフィールド 1985年44位/AC17位
 [ John Fogerty ]
 /ジョン・フォガティ John Fogerty  

04) Surrender
 サレンダー 1978年 
 [ Rick Nielsen ]
 /チープ・トリック Cheap Trick

-ジングル-
05) Rudie Can't Fail
 しくじるなよ、ルーディー 1979年
 [ Joe Strummer / Mick Jones ]
 /ザ・クラッシュ The Clash

06) Carry Me Back
 キャリー・ミー・バック 1969年26位
  [ Felix Cavaliere ]
 /ラスカルズ The Rascals

07) The Makings of You (live)
 ザ・メイキングス・オブ・ユー 1971年
 [ Curtis Mayfield ]
 /カーティス・メイフィールド Curtis Mayfield
 ※Al.『Curtis』-1970年
 ※Al.『Curtis/Live!』-1971年



以上、『成瀬英樹のPOP A to Z』第11回放送のプレイリスト(「POP A to Z」カテゴリーも設定しました。一括表示から過去の放送分も遡ってご覧頂けます。曲目の検索なども可能です。検索ワード「番組名」スペース「曲目orアーティスト名」というような形でお試し下さい)。

6月のアルファベット「C」にまつわる楽曲やアーティスト特集、第2週は前半が80年代、後半がおもに70年代の「C」で始まるアーティストや楽曲という構成。3曲目の「センターフィールド」とか、いかにも野球がお好きな成瀬さんらしいゴキゲンな選曲ですが(FMおだわら『NO BASEBALL, NO LIFE』は次回も成瀬さんゲスト!)、ジョン・フォガティクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの「C」でもありますよね(^^)。そして、僕にとってのアルファベット「C」も邦楽なら断然コレクターズ、洋楽ならチープ・トリックの存在が大きいので、カーズクラッシュ共々、やはりこの辺りはどうしても血が騒いじゃいます。しかし今回、それ以上に聴けて嬉しかったのは6曲目の「キャリー・ミー・バック」。長年愛聴してた萩原健太さんのオールディーズ番組でも大体ベンチャーズのカヴァー・ヴァージョンでかかってたこの曲を、ラスカルズオリジナル・ヴァージョンでかけて下さるとは!(いや、ベンチャーズのも好きなんですけどもね・笑)。今回、60年代はこの「キャリー・ミー・バック」1曲だけでしたけど、次回はオールディーズにフォーカスした特集とのことなので、いよいよアルファベット「C」のロックンロール・レジェンドや偉大な女性ソングライター男女兄妹デュオのおでましとなるのでしょうか?勿論、今週も「セイムタイム、セイムチャンネル」で楽しませて頂く所存です!さて、リクエストどうしようかしら・・・(^^;)。


関連記事
スポンサーサイト

| POP A to Z | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/2479-a55b831f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT