Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

続・Christmas Wish

1119_02et.jpg


この写真は、先月、紅葉狩り安彦良和原画展を観に行った時に、京都駅ビル大階段で撮影した22メートルの巨大クリスマス・ツリー。その時は「ブログにUPするには、いくらなんでもまだ少し早いかな」と思って、寝かして置いたんですけど(?)、12月になったので、とりあえず昼間ヴァージョンだけ載っけてみました(夜ヴァージョンはまた後日ってことで、もうちょっと寝かしときます・苦笑)。

It's Christmas, Of CourseIt's Christmas, Of Course
Darlene Love
(2007/10/02)
Shout! Factory


そんな前フリに続いて、本題の方もやはりクリスマス絡み。先日書いた通り、僕の今年の新作クリスマス・アルバム大本命盤はダーレン・ラヴで(※11/18日記参照)、正直もうこれだけで充分かなって感じなんですが(何せ、基本的に僕は冬場に新作クリスマス・アルバムを仕入れて、夏場に聴くのを楽しみにしてる「ひねくれ者」ですから・笑)。でもダーレン・ラヴといえば、かつて彼女も参加してた不朽の名作、フィル・スペクターのクリスマス・アルバム紙ジャケで再発されるみたいですね!

a_christmasgift_fps.jpg

クリスマス・ギフト・フォー・ユー・
フロム・フィル・スペクター
(紙ジャケット仕様)

オムニバス (2007/12/05)
USMジャパン


と言っても、僕は長年愛聴してる大瀧詠一さん解説付きの国内盤CD(1988年のアルファ・ムーン/ワーナー・パイオニア盤)やフィル・スペクター箱『Back to Mono (1958-1969)』に入ってる米盤CDに加え、スペクター・サンタ・ジャケのLPなんかも持ってるので、今更、紙ジャケだからというだけでは、すぐに買い直す気にはなれず・・・(それに多分リマスターじゃないですよね?)。スペクター・サンタ・ジャケでアップル帯付きで紙ジャケとか出たら喜んで買うんですけど(って、それは流石に出る訳ないか・苦笑)。

A Tribute to Phil SpectorA Tribute to Phil Spector
(2007/11/12)
Phil Spector



それにしてもこのパロジャケ、いかにもな安っぽい仕上がりが妙にマニア心をくすぐってくれます(苦笑)。


関連記事
スポンサーサイト

| Christmas Song | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/248-b3430187

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT