FC2ブログ

Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

NHK-FM『ディスカバー・ビートルズ』#28

Let It BeLet It Be
(2009/9/9)
ザ・ビートルズ


NHK-FM
『ディスカバー・ビートルズ』
2021年1月17日(日)21:00-22:00
#28「『Let It Be』Side-A」
DJ:杉真理

https://www4.nhk.or.jp/fab4-2020/

BGM) She Said She Said
 / George Martin & His Orchestra


【気まぐれビートルズ】
~杉さんがその日の気分で選ぶ1曲
(リクエストにお応えして)


01) Till There Was You
 ティル・ゼア・ウォズ・ユー 1963年
 [ Meredith Willson ]
 /ビートルズ The Beatles 
 ※Peggy Lee-1961年(UK30位)
 ※ブロードウェイ・ミュージカル『Music Man』-1957年


~BBCライヴでのジョージの素晴らしい間奏!
02) Till There Was You (From Us to You, 30 March 1964) 
 ティル・ゼア・ウォズ・ユー 1964年/1994年
 [ Meredith Willson ]
 /ビートルズ The Beatles 

~杉さんジョージの間奏を実演解説!
「Till There Was You」


-ジングル-
【アルバム『Let It Be』Side-A】


BGM) Across The Universe
 (arr. V. Brodski for violin and orchestra) 1986年
 / Vadim Brodski
 Al.『Beatles Symphony』


03) Two Of Us
 トゥ・オブ・アス 1970年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

~元々はモーティマーに提供した曲(お蔵入り)
04) On Our Way Home
 オン・アワー・ウェイ・ホーム 1969年/2017年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /モーティマー Mortimer

~最後の一声だけジョンが上のパートへ!
03) Two Of Us
 トゥ・オブ・アス 1970年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

BGM) Let It Be
 /?


05) Dig A Pony
 ディグ・ア・ポニー 1970年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

06) Across The Universe
 アクロス・ザ・ユニバース 1970年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles 

~杉さん実演解説
「Dig A Pony」


~ジョンのメロディにポールのハモ!
05) Dig A Pony
 ディグ・ア・ポニー 1970年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

~杉さん実演解説
「Across The Universe」


【ホワイトアルバム不採用曲】

BGM) What’s The New Mary Jane (Esher Demo)
 ホワッツ・ザ・ニュー・メリー・ジェーン 1968年/2018年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

06-a) Sour Milk Sea (Esher Demo)
 サワー・ミルク・シー 1968年/2018年
 [ George Harrison ]
 /ビートルズ The Beatles

06-b) Sour Milk Sea
 サワー・ミルク・シー 1968年
 [ George Harrison ]
 /ジャッキー・ロマックス Jackie Lomax

07-a) Junk (Esher Demo) 
 ジャンク 1968年/2018年
 [ Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

07-b) Junk
 ジャンク 1970年
 [ Paul McCartney ]
 /ポール・マッカートニー
 Paul McCartney

08-a) Child Of Nature (Esher Demo)
 チャイルド・オブ・ネイチャー 1968年/2018年
 [ John Lennon ]
 /ビートルズ The Beatles

08-b) Jealous Guy
 ジェラス・ガイ 1971年
 [ John Lennon ]
 /ジョン・レノン John Lennon

09-a) Not Guilty (Esher Demo)
 ノット・ギルティ 1968年/2018年
 [ George Harrison ]
 /ビートルズ The Beatles

09-b) Not Guilty
 ノット・ギルティ 1979年
 [ George Harrison ]
 /ジョージ・ハリスン George Harrison

~原型
10) Let It Be (Unnumbered Rehearsal)
 レット・イット・ビー (アンナンバード・リハーサル) 1968年/2018年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

【I Love BEATLES!】
~遊佐未森


BGM) 地図をください 1988年
 [ 作詞:工藤順子 / 作曲・編曲:外間隆史 ]
 /遊佐未森
 Al.『空耳の丘』


11) Strawberry Fields Forever
 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー 1967年8位(UK2位) 
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

【アルバム『Let It Be』Side-A】

BGM) The Long And Winding Road
 /Riga Recording Studio Orchestra


12) I Me Mine
 アイ・ミー・マイン 1970年
 [ George Harrison ]
 /ビートルズ The Beatles 

BGM) Across The Universe
 (arr. V. Brodski for violin and orchestra) 1986年
 / Vadim Brodski
 Al.『Beatles Symphony』

13) Dig It
 ィグ・イット 1970年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

14) Let It Be 
 レット・イット・ビー 1970年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

15) Maggie Mae
 マギー・メイ 1970年
 [ Traditional ]
 /ビートルズ The Beatles

~ポールのミスタッチ
14) Let It Be 
 レット・イット・ビー 1970年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

~間奏の後ろ(シングル・ヴァージョン)
14) Let It Be 
 レット・イット・ビー  1970年1位
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

~『ネイキッド』の間奏ピアノ
14) Let It Be 
 レット・イット・ビー  1970年/2003年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

ED) Good Night
 グッド・ナイト 1968年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles


「あたかも大河ドラマのように1年かけてザ・ビートルズとその時代を紹介していくスペシャルな番組」であるところのNHK-FM『ディスカバー・ビートルズ』杉真理さんお1人で担当の第28回放送番組HPには掲載されないBGM「チョイ聴き曲」にも聞き耳を立ててプレイリストをメモりながら、興味深く拝聴させて頂きました(ブログ内に「ディスカバー・ビートルズ」のカテゴリーも設定しました。一括表示から過去の放送分も遡ってご覧頂けます。曲目の検索なども可能です。検索ワード「番組名」スペース「曲目orアーティスト名」というような形でお試し下さい)。

まさか『Let It Be』のアルバム全曲特集をやってるタイミングで、フィル・スペクター訃報に接することになるとは・・・(杉さん、早速『アフタヌーンパラダイス』木曜日13時台後半フィル・スペクターの追悼特集やって下さってましたね)。やはり次回の『Let It Be』B面特集ではA面よりもフィル・スペクターへの言及が多くなるでしょうか。そう言えば杉さん、かつてNHK地上波の音楽番組「Across The Universe」歌われたことあったよなと実演解説を拝聴して懐かしく思い出しました(録画したビデオテープが残ってるハズなんですけど、もう一度見てみたいです・・・)。

ミニ特集【ホワイトアルバム不採用曲】も宝の山で、これだけでもフル特集出来そうなくらいでしたね。

尚、番組のBGMについてなのですが、「Across The Universe」「The Long And Winding Road」インスト・カヴァーはわかったものの、「Dig A Pony」がかかる前にトークバックで流れてたジャズピアノ風な「Let It Be」インスト・カヴァーだけ誰のヴァージョンによるものなのか確認出来ませんでした(一瞬レイ・ブライアントかと思ったんですけど、独奏じゃないですし)。ご存知の方いらっしゃったら是非教えて下さい。宜しくお願いします。

どうやら次回の【I Love BEATLES!】コーナーには『夜のプレイリスト』に続いてフィッシュマンズスカパラ茂木欣一さんが登場されるみたいですね!ミニ特集の【ビートリッシュなアーティストたち】シリーズは我らがBOXとのことで、これまた嬉しいです!

関連記事
スポンサーサイト



| ディスカバー・ビートルズ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/2867-35b890f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT