FC2ブログ

Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

NHK-FM『ディスカバー・ビートルズ』#31

アビイ・ロード【50周年記念スーパー・デラックス・エディション】(完全生産限定盤)(3SHM-CD+Blu-ray Audio付)アビイ・ロード【50周年記念
スーパー・デラックス・エディション】
(完全生産限定盤)
(3SHM-CD+Blu-ray Audio付)

(2019/9/27)
ザ・ビートルズ


NHK-FM
『ディスカバー・ビートルズ』
2021年2月14日(日)21:00-22:00
#31「『Abbey Road』Side-B」
DJ:杉真理

https://www4.nhk.or.jp/fab4-2020/

BGM) She Said She Said
 / George Martin & His Orchestra


【気まぐれビートルズ】
~杉さんがその日の気分で選ぶ1曲
(リクエストにお応えして)


01) Words of Love
 ワーズ・オブ・ラヴ 1964年
 [ Buddy Holly ]
 /ビートルズ The Beatles
 ※Buddy Holly-1957年

-ジングル-
【アルバム『Abbey Road』Side-B】


BGM) Golden Slumbers / Carry That Weight 1970年
 /Booker T. & The M.G.s
 Al.『McLemore Avenue』


01) Here Comes The Sun
 ヒア・カムズ・ザ・サン  1969年
 [ George Harrison ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

~杉さん実演解説(7フレットにカポ)
「If I Needed Someone」
「Here Comes The Sun」


~杉さん実演解説(変則的なリズム)
「Here Comes The Sun 」


~杉さんの仮説(手拍子の元ネタ?)
02) America
 アメリカ 1957年
 [ Stephen Sondheim / Leonard Bernstein ]
 ※musical『West Side Story(ウエスト・サイド物語)』

BGM) Sun King 1970年
 /Booker T. & The MG's
 Al.『McLemore Avenue』


03) Because
 ビコーズ 1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

~ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」から影響
04) Sonata quasi una Fantasia
 ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 作品27-2「幻想曲風ソナタ」
 [ Ludwig van Beethoven ]
 ※1802年

【ビートルズのエンディング、その2】

BGM) Get Back
 ゲット・バック 1969年1位(UK1位)
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles  

◎動物で終わるパターン

05) Piggies
 ピッギーズ 1968年
 [ George Harrison ]
 /ビートルズ The Beatles

06) Blackbird
 ブラックバード 1968年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

07) Across The Universe
 アクロス・ザ・ユニバース 1969年/1970年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles 

08) Good Morning Good Morning
 グッド・モーニング・グッド・モーニング 1967年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

09) Hey Bulldog 
 ヘイ・ブルドッグ  1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

◎人の声

10) Within You Without You
 ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー 1967年
 [ George Harrison ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

11) The Continuing Story of Bungalow Bill
 ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル 1968年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

12) Helter Skelter
 ヘルター・スケルター 1968年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

13) I'm So Tired
 アイム・ソー・タイアード 1968年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles 

◎物音

14) Long, Long, Long
 ロング・ロング・ロング 1968年
 [ George Harrison ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

◎サイケなエンディング!

15) Strawberry Fields Forever
 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー 1967年8位(UK2位) 
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

16) A Day In The Life
 ア・デイ・イン・ザ・ライフ 1967年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

◎大団円パターン

17) Hey Jude
 ヘイ・ジュード 1968年1位(UK1位)
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

18) All You Need Is Love 
 愛こそはすべて 1967年1位(UK1位)
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles 

【I Love BEATLES!】
~カンケ


BGM) Coming Up
 カミング・アップ 2020年
 [ Paul McCartney ]
 /カンケ
 ※Paul McCartney & Wings-1980年1位/AC48位(UK2位)


19) You Know My Name (Look Up The Number)
 ユー・ノウ・マイ・ネーム 1970年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

【アルバム『Abbey Road』Side-B】

BGM) Something 1970年
 /Booker T. & The MG's
 Al.『McLemore Avenue』


~杉さん実演解説(ジョンの分散和音、ジョージのベースっぽいギター)
「You Never Give Me Your Money」


~杉さん実演解説(ジャーン)
「Mean Mr. Mustard」


20) You Never Give Me Your Money
 ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー 1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

21) Sun King
 サン・キング 1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

22) Mean Mr. Mustard
 ミーン・ミスター・マスタード 1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

23) Polythene Pam
 ポリシーン・パン 1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

24) She Came In Through The Bathroom Window
 シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー 1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

~「Sun King」の元ネタ?
25) Albatross
 アルバトロス (あほうどり) 1968年(UK1位)
 [ Peter Green ]
 /フリートウッド・マック Fleetwood Mac

~聴き比べ(ジョンらしい曲調に共通点)
26) Mean Mr. Mustard (Take 20) 2019年
 ミーン・ミスター・マスタード (テイク20)
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ  The Beatles  

27) I'm the Greatest
 アイム・ザ・グレーテスト 1973年
 [ John Lennon ] 
 /リンゴ・スター Ringo Starr

BGM) Here Comes The Sun
 / The Hollyridge Strings


28) Golden Slumbers
 ゴールデン・スランバー 1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

29) Carry That Weight
 キャリー・ザット・ウェイト 1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

30) The End
 ジ・エンド 1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

31) Her Majesty
 ハー・マジェスティ 1969年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

~「The Fool On The Hill」の歌詞を冒頭で洒落で歌ってる
(歌い出しのところが似ている)

32) Golden Slumbers / Carry That Weight (Takes 1-3) 2019年  
 ゴールデン・スランバー/キャリー・ザット・ウェイト (テイク1‐3) 
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ  The Beatles  

~元々の流れを確認確認
「Mean Mr. Mustard」~「Her Majesty」~「Polythene Pam」のところ

33) The Long One (trial edit & mix?30 July 1969) 2019年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ  The Beatles  

ED) Good Night
 グッド・ナイト 1968年
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles


「あたかも大河ドラマのように1年かけてザ・ビートルズとその時代を紹介していくスペシャルな番組」であるところのNHK-FM『ディスカバー・ビートルズ』杉真理さんお1人で担当の第31回放送番組HPには掲載されないBGM「チョイ聴き曲」にも聞き耳を立ててプレイリストをメモりながら、興味深く拝聴させて頂きました(ブログ内に「ディスカバー・ビートルズ」のカテゴリーも設定しました。一括表示から過去の放送分も遡ってご覧頂けます。曲目の検索なども可能です。検索ワード「番組名」スペース「曲目orアーティスト名」というような形でお試し下さい)。

長いようで短い1年、オリジナル・アルバムの全曲特集も遂に終わっちゃいましたね・・・(やはり『アビイ・ロード』B面メドレーがあるので、番組の進行も中盤のコーナーがいつもより前倒し気味でしたね)。そう言えば「ヒア・カムズ・ザ・サン」変則的なリズムインド音楽だけじゃなくてバーンスタイン作曲による『ウエスト・サイド物語』からの影響もあるんじゃないかという考察は第8回放送でも披露して下さってましたっけ。今回は実演解説聴き比べも交えて下さって、よりわかりやすかったです。ジョンの分散和音についてのご指摘や解説も「ああ、成程そうか」と勉強になりました(「ミーン・ミスター・マスタード」「アイム・ザ・グレーテスト」の共通点も!)。

何でも2月21日(日)3月07日(日)3月14日(日)放送「ビートルズ・レコーディング・カレンダー」と題した特集の3回シリーズとなるそうで。何となく4月「シングル・ヒット・セレクション」特集序章にしてざっと総論、その後のアルバム全曲特集各論みたいに感じてたんですけど、最後に「ビートルズ・レコーディング・カレンダー」時系列おさらい総括して結論、ということでしょうか?(その中でアルバム未収録のシングルB面曲『イエロー・サブマリン』楽曲の回収するという算段でしょうか?)。最後にまたスペシャルもあればいいのですが。その前に、2月21日(日)放送【I Love BEATLES!】コーナーにはThe東南西北久保田洋司さんが登場されるようなので、これまた楽しみです!

関連記事
スポンサーサイト



| ディスカバー・ビートルズ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/2876-e5b88cab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT