Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今週の脳内へヴィロテBEST10

愛なき世界で愛なき世界で
オーティス・クレイ
(2002/09/21)
ビクターエンタテインメント


日記をブログ化する前からの名物企画だった「今週の脳内へヴィーローテーションBEST10」。最近は忘れた頃にちょこちょこっと復活する程度だったものの、「あとで振り返ると(他の人にはわからくても)その時々の僕の心境とかが10曲の並びに反映されてて、下手な文章よりもいい記録になるかもしれないから、今年からはせめて月1ペースくらいでコンスタントにUP出来ればな」と思ってたんですが、ふと気付けばもう2月末(汗)。とりあえず今月からガンバリます(^^;)。

という訳で、僕の「脳内へヴィロテBEST10」(~2008年2月24日号)です♪

01)Palomine /ベティ・サーバート
02)Free Fallin'  /トム・ぺティ
03)Love Hurts /黒沢健一
04)Pony Boy /ブルース・スプリングスティーン
05)Good Night  /レンブランツ
06)Trying To Live My Life Without You(愛なき世界で)
  /オーティス・クレイ
07)君のParadise /杉真理
08)He's So Fine /ブガルー・ジョー・ジョーンズ
09)真冬のデート /森下恵理
10)乾いた大地 /串田 アキラ


01)最近、90年代に買ったCDを整理しながら順番に聴き返すのが僕のマイブームシェリル・クロウ少年ナイフらと共にカーペンターズのトリビュート盤『If I Were a Carpenter』にも参加していたベティ・サーバートはオランダ出身の4人組で、ヴォーカルの紅一点、キャロル・ファン・ダイクの歌声と、1992年に発表されたデビュー・アルバムのタイトル曲「パロマイン」ひと耳惚れしてCDを買いました(1995年になって徳間ジャパンから来日記念にデジパック仕様の国内盤も発売されました。ボーナス・トラック3曲入りで、解説は中川五郎さんでした)。正直、他の曲はあんまりグッと来なかったんですけど、でもこの曲は今でも輝いているような気がします(今週の鼻歌第1位でもありました)。

02)言う迄もなく、スーパーボウルのハーフタイム・ショウの余韻を思いっきり引きずってます(苦笑)。しつこにカーステで『Full Moon Fever』を聴いてるんですけど、車を運転しながら、この曲のサビの部分を絶唱すると、とにかく気持ちいいです(笑)。

03)昨年末、配信のみで発表された黒沢健一さんの新曲。英語詞なんで、歌詞の内容をどこまで把握出来てるかは自分でも疑問なんですが(^^;)、でも、このせつなすぎるメロディ、一度聴いたら耳から離れません(やはり健一さんはシンガーとしては勿論、メロディ・メーカーとしても素晴らしい才能の持ち主ですね!)。詳しくは、健一さんのオフィシャル・サイトの以下ページをご参照下さい。

  http://www.k-kurosawa.com/sp_kk09.html

04)1992年のアルバム『ヒューマン・タッチ』の最後に収録されていたアコギ弾き語りによるトラディショナル・カヴァー。実は『ヒューマン・タッチ』のことを近々ブログに書こうと思ってたところなので、この曲のこともその時にゆっくりと。

05)これまた「90年代に買ったCDを整理するマイブーム」の一環で聴き直してるレンブランツ。1990年に発表された1stアルバム『The Rembrandts』の完成度の高さをあらためて再確認してます。レンブランツについても、結構思い入れが強いので(もしかしたら、僕の90年代の好きなアルバムBEST10に入るかもしれません)、今度別の機会にじっくり書くことにしますね(この曲、ポール・マッカートニーにカヴァーして欲しい・笑)。

06)昨年12/24に木崎義二さんの「DAYBREAK」(月曜日)でかかってたのが、じわじわ効いて来たみたいで(※その前に2007年4/24放送で10分を超す東京での熱いライヴ・ヴァージョンをフルでかけて下さったのも強烈で、ずっと脳裏に残ってました)、今になって僕の中で盛り上がってます(そう言えばこの曲が表題の収録アルバム、『レコード・コレクターズ』2008年3月号「ソウル/ファンク・ベスト100」では、31位でしたね)。パブ・ロック好きな僕は当然、オーティス・クレイのオリジナルより先にイアン・ゴムニック・ロウ擁するブリンズリー・シュウォーツのカヴァー・ヴァージョンでこの曲を知りました。

07)デビュー30周年の集大成となった、杉真理さんの待望の新作『魔法の領域』。杉ファン仲間から「どの曲が一番好きか?」と質問されてるんですが、聴けば聴く程いい曲ばかりで、発売から一ヶ月たった今もまだ一番を決められずにいます(^^)。やっぱり、このアルバムの何が素敵って、松尾清憲さんや伊豆田洋之さんをはじめとするBOXピカデリー・サーカス人脈に加え、竹内まりやさんや伊藤銀次さん、安部恭弘さんに姫野達也さん、更には村田和人さんや黒沢秀樹さん等々といった杉さんゆかりの豪華ゲスト陣とコラボしつつも、どこをとっても「杉さんらしさ全開!」なところではないでしょうか(本当にタイトル通りポップスの魔法に満ち溢れた傑作だと思います)。「君のParadise」は堂島孝平くんとのコラボですが、堂島くんとのコラボ2曲は想像してた以上の素晴らしさで、今はこの曲が僕のお気に入りです。

08)ブガルー・ジョー・ジョーンズは僕が大好きなジャズ系のギタリスト。最近また久しぶりにCD聴いてたので、多分その名残りかと。シフォンズのヒット曲のカヴァーなんですが、インストなので知らずに聴いたらジョージ・ハリスン「マイ・スウィート・ロード」と区別つかないかもしれません(苦笑)。

09)木崎義二さんの「DAYBREAK」(月)2/04放送では作者の竹内まりやさんヴァージョンでかかってましたが、やっぱり僕がキュンと来るのは断然オリジナルの森下恵理ちゃんのツンとした歌声です(^^;)。

10)僕が小6の頃ガンダムと同じくらい夢中になった富野由悠季監督による日本サンライズ・アニメ『戦闘メカ ザブングル』のエンディング・テーマ。バンバンバザールの福島さんが、アニメ・ソングの中でもエンディングが好きなんだとおっしゃってましたが、僕もそうかもしれません(苦笑)。ちなみにこんな曲です(オープニングと一緒にどうぞ♪)。そう言えばバンバンは4月4日(金)になんばHatchで開催されるよみうりテレビ「共鳴野郎」のスペシャルLive「First Finale」への出演が決定しましたね!(共演は、仲井戸麗市さん、山本拓夫さん、平原綾香)。どうやら今夜の放送でも告知がある模様です。

では最後に、今週の第1位、ベティ・サーバートの「パロマイン」をライヴ・ヴァージョンでお楽しみ下さい♪





関連記事
スポンサーサイト

| My Brain Park | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/313-5d602d6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT