Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Split Enz

Time and Tide Time and Tide
Split Enz (2006/06/27)
WEA International
来週11/29(水)放送のNHK-FM「ライヴビート」は月に一度のお楽しみ、鈴木慶一さんのナビゲートによるBBCライヴ音源紹介。今回はスプリット・エンズが1980年にBBCに残した貴重なライヴ音源をオンエアして下さるとのことで、これまた本当に有難い限りです。

http://www.nhk.or.jp/livebeat/pastguests/2006/061129/index.html

そんな訳で、只今、予習がてらスプリット・エンズのアルバムを久し振りに聴き返したりしてるところなんですが、そう言えば彼らの最大のヒット曲「Six Months in a Leaky Boat(エアテロアの風 )」を含む1982年のアルバム『Time And Tide』が、今年密かにデジタル・リマスターされて限定デジパック仕様という形でリイシューされてたんですね!(つい最近迄知りませんでした・汗)。

ちなみに、僕が持ってるCDは随分前に買ったオーストラリアのMushroom Records盤なんですけど(1992年製?)、やはりそれよりもグンといい音になってるんでしょうか・・・?ただ、そうだとしても近年僕は同一盤の買い直しに益々億劫になる一方な上、値段もちょっと微妙だし、それに何となくこのジャケはデジパックよりも「プラケース映え」するような気がしないでもないので、今のところあえて買い直そうは思わないですけど(^^;)。

それはともかく、スプリット・エンズは今年の6月に再結成してオーストラリア・ツアーを行なったようですし、ティム・フィンも久々にソロ作『Imaginary Kingdom』を発表したりと、意欲的に活動してるようなので、機会があったら是非日本にも来て頂きたいものです(祈)。

Imaginary Kingdom Imaginary Kingdom
Tim Finn (2006/11/21)
EMI/Parlophone

でもその前に、まずはラジオの前で、(ジャケは夕陽でもクラウデッド・ハウス夜明け前な・笑)スプリット・エンズ全盛期のライヴをLet's疑似体験♪

【追記】
そうそう、クラウデッド・ハウスで思い出したんですけど、1996年のファイナル・ライヴ模様を収めた『Farewell to the World』、当初は11/20発売とのことでしたが、アマゾンを見ると発売日が年明けに延びちゃったんでしょうか?

Farewell to the World Farewell to the World
Crowded House (2007/01/16)
EMI/Parlophone

でもこれは2枚組だし、かなり聴き応えありそうですね(DVD共々、乞う国内発売!)

http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=12967
関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/41-60ceebf1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT