Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Blue Suede Shoes

Blue Suede Shoes: A Rockabilly Session『Blue Suede Shoes: A Rockabilly Session』
Carl Perkins (2006/06/06)
Snapper Classics

早いもので、明日11/29はジョージ・ハリスンの5回目の命日。

やはり何かしらジョージの曲を聴いて彼を偲ぼうかなと思ってるんですが、まずはレコスケ『オール・シングス・アバウト・ジョージ・ハリスン』などを読みながら、今年CD化された『Blue Suede Shoes: A Rockabilly Session』を聴いています(1985年にイギリスで収録されたカール・パーキンス音楽生活30周年記念番組として映像では既にお馴染みのものとはいえ、18曲入りで1500円以下なので、これはなかなかお買い得です。アマゾンで全曲試聴出来ます)。

朋友エリック・クラプトンリンゴ・スターデイヴ・エドマンズらと共にカール・パーキンス御大を囲むジョージの笑顔も素敵ですが、演奏がまた本当に楽しそう!そして本当にゴキゲンで、何回聴いても胸が踊ります(もしかしたら、今頃ジョージは天国でも敬愛するカール御大やチェット・アトキンス御大らと共に、こんなふうにセッションを楽しんでいるかもしれませんね・・・)。

どうやらDVDも同ジャケで新装再発されてるようですけど、以前出てたものよりも画像や音質がよくなったりしてるんでしょうか?(リージョン・コードの制約もあるので、是非また国内盤も出して欲しいです)。

Blue Suede Shoes 『Blue Suede Shoes』
Carl Perkins & Friends (2006/08/29)


そう言えば、オリビア夫人の最近のインタビューによると、次のジョージ関連のリマスター再発はトラベリング・ウィルベリーズの1stアルバムになるとのこと(何でも生前ジョージは、2001年にこのアルバムのリマスターに取り掛かっていたものの、完成には到らなかったのだとか・・・)。アルバム再発にともなって、レコーディング時にハンディ・カムで撮られた映像もDVDにしてリリースされる予定だそうですが、でも、どうせなら1stだけじゃなくて、2ndも一緒に、そして尚且つアルバム未収録だったハンク・スノウのカヴァー「Nobody's Child」(これ大好き!)や、シングルのカップリング曲、その他デル・シャノンとの幻の2作目を含む未発表セッション等々を全部集めて『コンプリート・ウィルベリーズ』というか、2枚組アンソロジーのような形でリイシューすればいいのに、と思うのは僕だけでしょうか?(更に願望を言わせて貰えるなら、ジョージの遺志を受け継いで、トム・ペティジェフ・リン主導でバンドを再始動させて欲しいです)どなたか、オリビア夫人の知り合いの方いらっしゃったら進言宜しくお願いします(^^;)。
関連記事
スポンサーサイト

| Beatles | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/43-8038146b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT