Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『君がここにいてくれたなら』

btbc.jpg


2010年1月15日 PM8:48
ボビー・チャールズを偲んで『君がここにいてくれたなら』を聴いてます(丁度今はウィリー・ネルソン御大ニール・ヤングさんとの共演による8曲目の「I Remember When」)。年明けてから毎晩のように誰かの追悼をしてるみたいで、何ともやるせないです・・・。

ラスト・トレイン・トゥ・メンフィスラスト・トレイン・トゥ・メンフィス
(2004/04/25)
ボビー・チャールズ


2010年1月15日 PM10:11
只今のBGMは『ラスト・トレイン・トゥ・メンフィス』ディスク2(またまた5曲目で「I Remember When」)。『ボビー・チャールズ』「Small Town Talk」はやっぱり寝る時まで取っておきます・・・。

ボビー・チャールズ+4(K2HD/紙ジャケット仕様)ボビー・チャールズ+4
(K2HD/紙ジャケット仕様)

(2008/06/25)
ボビー・チャールズ


2010年1月19日
佐野元春さんの『ザ・バーン』ツアーパンフを読み返してたら、井上富雄さんが「最もウッドストックを感じさせるアーティストと作品は?」の質問に『ボビー・チャールズ』と答えておられました(同感)。ノージさんや長門芳郎さんをはじめ、天辰さん北中さんらも執筆されてて、なかなか興味深いです。

the_burn_tour

2010年1月20日
久し振りにおおはた雄一さんの『SMALL TOWN TALK ~“アコースティック・ライフ”カバーズ~』聴いてるなう(解説は健太さん)。ディラントム・ウェイツを差し置いて、冒頭を飾るのは『ボビー・チャールズ』名曲カヴァー2連発!やはりおおはたさんにとっても思い入れの深い作品なんでしょうね・・・。


以上、Twitterより、惜しくも1月14日に亡くなられたボビー・チャールズさんにまつわる僕のつぶやき。これだけじゃなくてやっぱブログにも何か書いておきたいなと思ったものの、あらたまって文章出て来なかったもので。それにしても、『ボビー・チャールズ』は本当に名盤中の名盤ですよね。いく聴いても心を穏やかにしれくれて、聴けば聴くほど味わいも増していくみたいで、まったく飽きないです。素晴らしい作品を残してくれたボビー・チャールズさんに心から感謝。



関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/513-76f697e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT