Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

DAYBREAK(月)#68

ロマンティックロマンティック
(2005/07/20)
エアプレイ



#68:DAYBREAK (月)  2008年7月21日深夜放送

01)Sea Cruise /ディオン
02)So Bad /ポール・マッカートニー

03)Gary, Please Don't Sell My Diamond Ring /ウェンディ・ヒル
04)踊ろよ、フィッシュ /山下達郎
05)Cry Me A River /ジュリー・ロンドン
06)Everybody's Talkin'  うわさの男 /フレッド・ニール
07)Spirit In The Dark  (Live) / アレサ・フランクリン
08)I Wonder What She's Doing Tonight 恋の危険信号 
 /バリー&ザ・タマレーンズ
09)Somebody Oughta Do Something /ダニー・レイ Danni Leigh  
10)For Your Precious Love  /ジェリー・バトラー
11)It Will Be Alright /エアプレイ
12)Simple Song Of Freedom  /ボビー・ダーリン
13)Any Old Time /マリア・マルダー
14)Che Sara ケ・サラ /ホセ・フェリシアーノ
15)Needle in a Haystack /ヴェルヴェレッツ The Velvelettes
16)Take It Easy /トラヴィス・リット
17)Dream Seeker / 竹内まりや
18)Moon River /フランク・シナトラ
19)Gloria /ローラ・ブラニガン
20)Ventura Highway  /アメリカ
21)Snap Your Fingers /ロニー・ミルサップ
22)Diamond Head /ベンチャーズ



関東地方の梅雨明け後初となる7月21日深夜放送の「DAYBREAK」月曜日は、海の日ということもあり、いかにも木崎さんらしくDionのゴキゲンな海ソング「Sea Cruise」で幕開け(ちなみに収録アルバムは『Adventures of Ford Fairlane』のサントラ盤。7月18日Dionのお誕生日だったということもあり、そのお祝いでもありました。そう言えばこの曲、ジョニー・リヴァースも歌ってましたけど、オリジナルはフランキー・フォードでしたっけ)。

そして早くも2曲目には僕のリクエスト。オンエアでも読んで下さった通り、「7月7日深夜放送の1曲目【そうめんの歌】には参りました!あの放送以来、「Soul Men」が「そーめん」にしか聴こえません(笑)。でも僕はそうめんもさることながら、お蕎麦が大好きなので、【そうめんの歌】の次は是非【そばの歌】もかけて下さい」というこじつけでリクエストさせて頂いたのがポール・マッカートニー「So Bad」(苦笑)。木崎さん、僕のしょうもない洒落に乗っかって下さって、本当にどうも有難うございました!採用して頂けて大変嬉しかったです(感謝)。

続く3曲目のウェンディ・ヒルゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズ「This Diamond Ring(恋のダイアモンド・リング)」(1965年1位)へのアンサー・ソングで、この曲も例のアンサー・ソングばかりを集めたコンピレーションCD『The Answer to Everything: Girl Answer Songs of the 60's』に収録(そう言えば16曲目のトラヴィス・リットによる「Take It Easy」もカントリー系のアーティストによるイーグルスのトリビュート盤『Common Thread: The Songs of the Eagles』に収められていましたが、やはりこの辺からのオンエアが多いようですね)。

それから、9曲目のダニー・レイとかは、なかなか他のラジオ番組では聴けないだけに取り上げて頂けて有難い限り(確か彼女が出演してた熊本の「カントリー・ゴールド2001」の模様をテレビで見てて、僕も歌上手いなぁ~と思ってたんですけど、結局それっきりになってたので、今度CD見つけたらチェックしてみようと思います)。12曲目のボビー・ダーリン「Simple Song Of Freedom」はリクエストされた方同様、僕も映画『ビヨンド the シー~夢見るように歌えば~』のあのシーンが印象深いです。

その他、今回個人的にツボだったのは、深みのあるギターの音色が独特なフレッド・ニールロニー・ミルサップアレサ・フランクリンの絶品フィルモア・ウェスト公演など。アレサのフィルモア・ウェストの4枚組CDからは、今後もちょくちょくかけて下さるみたいだし、13曲目の「Any Old Time」は今度オリジナルのジミー・ロジャースのヴァージョンでかけて下さるとのことなので、その辺りも楽しみ(ロニー・ミルサップも、もっと聴かせて頂きたいところ)。

あと、エアプレイアメリカの「ヴェンチュラ・ハイウェイ」もラジオで聴くのは久々だったんですが、やっぱり爽快ですねぇ!

0723_ppop.jpg

ところで、「So Bad」が収録された1983年のアルバム『パイプス・オブ・ピース』は、ポールらしさが出てて、彼のアルバムの中では結構好きな作品なんですけど(「So Bad」以外にも「もう一人の僕」やアルバム・タイトル曲はポールのMy Best作るなら是非入れたい曲)、でも巷のポール・ファンの間では結構評価が低いというか、存在が薄いですよね(^^;)。プロデュースは前作同様、ジョージ・マーティンが手掛けているのに、それでも前作『タッグ・オブ・ウォー』より評価が低い理由は、もしかしたらマイケル・ジャクソンとの「Say Say Say」が足を引っ張ってるんでしょうか?(苦笑)。





関連記事
スポンサーサイト

| DAYBREAK/TO VILLA | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです

バリー&ザ・タマレーンズ、かかったんですね。
番組、結局、睡魔に勝てず、聴けませんでした。

週末、バリタマのCD、届く予定です。

| ナガッチャン | 2008/07/24 21:57 | URL | ≫ EDIT

『パイプス・オブ・ピース』Side A は5ブラポー(^^;

こんばんは。好きなアルバムなんでいまいち評価は気になるものの、納得している部分もあります(^^;タイトル曲はPVも素晴らしく(ユキヒロさんもベスト3PVに上げていたような)、好きな曲です。アビーロード的なThe Other Meもポールのジェラス・ガイといった感じもあるし♪So Imagine how I feel、なんて歌詞も最高です。邪夷蹴・悪損とのデュエットも当時は良く出来ていると感じました。ただポールのメリハリの効いたスピード感のある曲、Getting CloserやNo wordsのようなものも有ればという気もします。しかしなんといってもやはりBサイドのメドレーががっかり。そんなに悪いというわけではないけれど・・・・。まあアビーロード的ではあるんですが(^^;もう少し1曲1曲を熟成させてほしかった。ポールはメドレー好きで結構あるんですが、どうもやっつな印象が。ジョージ・マーティンもほんとにOK だったのかな

| zapple | 2008/07/25 22:51 | URL | ≫ EDIT

●ナガッチャンさん
こちらこそご無沙汰しております。

> 番組、結局、睡魔に勝てず、聴けませんでした。

あら、それは残念!
間違いなく、ナガッチャンさんのリクエストでしたよ。

バリー&ザ・タマレーンズ、予定よりは少し遅れました
けど、無事CD発売されましたね。

| ヤッチンロック。 | 2008/07/29 22:26 | URL | ≫ EDIT

●zappleさん
そうですか、「パイプス・オブ・ピース」のPV、幸宏さん
がベスト3に選ばれておられましたか!(何でも実話が元に
なってるとのことですが、ホント、あれは良く出来たPVで
短編映画のようでしたものね)。

実は僕も邪夷蹴・悪損(笑)とのコラボは決して悪い
とは思ってないんですけど、今となっては低評価の理由
をついそこに持って行きたくなるというか・・・(^^;)。

それから、zappleさんがおっしゃる通り、確かにこのアルバム
は全体的に起伏が乏しくて、インパクトに欠けるというか、
とくにB面はのっぺりした感じがしますよね。

> そんなに悪いというわけではないけれど・・・・。
> まあアビーロード的ではあるんですが(^^;
> もう少し1曲1曲を熟成させてほしかった。
> ポールはメドレー好きで結構あるんですが、
> どうもやっつな印象が。

同感です(苦笑)。
これはこれでポールの味なんでしょうけどもね(^^;)。

| ヤッチンロック。 | 2008/07/29 22:57 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/524-9464e4f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT