Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢伝説

夢伝説夢伝説
(2008/08/27)
スターダスト・レビュー



スターダスト・レビュー「夢伝説」が最近またCMで流れてますが(どうやら新録のマキシCDも発売されるようですね。ジャケ写も爽快!)、先日、懐かしのシングル盤を開放倉庫の「1枚50円、5枚で180円」コーナーで発見しました(ジャケットには「カルピス・イメージソング」の文字が)。値段も値段だし、せっかくなので何か5枚買うことにして、エサ箱をトコトン物色しまくった末、僕が選んだ「夢伝説」以外の4枚はと言いますと。


0809_kfs_k.jpg

まず、「初回生産分のみカラーレコード(赤」)」という宣伝文句にも釣られて稲垣潤一さんの「バチュラー・ガール」(言う迄もなく作詞・作曲は松本隆大瀧詠一コンビで、編曲は井上鑑さん)。大滝さん本人のヴァージョンもさることながら、稲垣さんヴァージョンも結構好きです。

それから羽田健太郎さん作曲&編曲による壮大かつシンフォニックな展開が印象深い『超時空要塞マクロス』の主題歌「マクロス」。同じくハネケンさんの作曲&編曲によるB面のエンディング曲「ランナー」が何だか無性に聴きたくなって、思わず買ってしまいました(確か最終回だけリン・ミンメイ役の飯島真理さんが歌ってましたっけ・・・)。マクロスといえば、現在放送中の『マクロスF(フロンティア)』坂本真綾さんが歌う主題歌の「トライアングラー」好きだったんですけど、今月から違う曲に変わっちゃってちょっぴり残念(ちなみに「トライアングラー」をはじめとする音楽全般は菅野よう子さんが手掛けておられますが、カップリング「ことみち」の作曲は高田みち子さんなのでした)。

そして萩原健太さん監修のコンピレーションCD『洋楽天国』(EMI編)にも収録されていたマーティ・バリンのヒット曲「Hearts(ハート悲しく)」(1981年8位)。ジャケットの写真はアルバム『Balin』と同じで、ライナーノーツは湯川れい子さんがを書いておられるんですけど、そう言えば「ハート悲しく」は湯川れい子さんの日本語詞で稲垣潤一さんがカヴァーしてて、マーティ・バリンも稲垣潤一さんの「一人のままで-There's No Shoulder-」(作詞:湯川れい子/作曲:松尾一彦/編曲:井上鑑)を日米競作みたいな感じで歌ってましたよね(上柴とおる親方の番組でも以前かかってました)。

あとは、僕的にあんまり目ぼしいのがなかったので、数合わせで選んだのがベイ・シティ・ローラーズ「サタデー・ナイト」「バイ・バイ・ベイビー」の最強カップリング・シングル。てっきりシングル盤はベタすぎて(?)持ってなかったような気がしたんですが、帰宅後に調べてみたらしっかり持ってました(^^;)。こんなことなら、コンディションが悪くとも郷ひろみさんの「バイ・バイ・ベイビー」の方を買っとけばよかったです(苦笑)。

0808_27khf_k.jpg

その他、今回はレコードやマンガ本と共に面白半分でガンダムのガチャポン・フィギュアの詰め合わせパックも一袋購入(300円)。

0808_28_f_k.jpg

うちに帰って袋の中を確認してみたところ、1/400スケールらしい台座付きのフィギュアがぎっしりと29個も入ってました(笑)。正直、知らないモビルスーツもいくつかあったものの(基本的にZ以降のシリーズには馴染みが薄くて、SEEDとかも見てなかったもので・汗)、ガンダムが3ポーズ、Zガンダムの飛行形態ウェイブライダーに加え、シャア専用ザクゲルググ、それと百式、更にはギャンゾックなどが入ってたので、とりあえずそれで充分満足してます(そんな中、唯一ゾックだけがダブって2個入ってたので、どなたか欲しい人いたら差し上げます。何ならBCRのシングル盤付きで・苦笑)。

0808_29_gf_k.jpg

おかげで、僕の机の上は今この有様です(笑)。

以上、ささやかではありますが、「今月の収穫」報告でした。


【追記】

0508_prc.jpg

ひこね赤祭り、今年は8月3日に開催されたようですね。どうやら大半はスポーツカー系で、4駆系は少ないようですし、また来年以降もあるようなら、僕も赤い車に乗ってるうちに一度参加してみようかなと思わないでもなく・・・(尚、これは僕の家の中での愛車でやはり赤備え。この先も原油高が続くのなら、マジでこれに乗りたい気分)。

 http://akairo.jp/

10月の「ゆるキャラまつりin彦根~キグるミさみっと2008」には奈良のせんとくんもやって来るみたいですけど、果たしてせんとくんは「ゆるキャラ」なんでしょうか?(笑)。

 http://kigurumi.shiga-saku.net/




関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今CMに流れている『夢伝説』は確かにヴァージョン違いますネ。 シンセの音とエコーがキツくなった感じ。CMでは盛り上がる前に終わっちゃって、あれを使って15秒CMにするのは無理がある気がするのはボクだけでしょうか(笑)。
それにしても新旧『夢伝説』のジャケットを見るとおんなじ様な風景なんだけど、これは夏の曲なのかな? 歌詞は決してそんなこと無いのにネ。

| 雀村 | 2008/08/10 13:39 | URL | ≫ EDIT

せんとくん

って、きぐるみ製作可能なんでしょーか?
まんとくんもびみょー・・・

奈良って、やっぱり大仏と鹿だけなんでしょーか?

実家に子猫が投げ込まれました。
なんて、ひどいことするんだ(怒!)!
「生きててよかったなー」と妹に拾われて、ナナと呼ばれてます。
ダンス天国??

| いちおかまり | 2008/08/12 00:55 | URL | ≫ EDIT

●雀村さん
確かにそう言われてみれば、歌詞に「夏」を連想させる
言葉はないのに、新旧共に夏っぽいジャケですね。
そして前回がカルピスのCMで今回がキリンチューハイ
のCMと、やはり曲自体はそうでなくても、要さんの
歌声やスタレビのサウンドに夏っぽい清涼感があると
いうことなんでしょうか(^^)。

| ヤッチンロック。 | 2008/08/13 19:41 | URL | ≫ EDIT

●いちおかさん
そう言えば僕、この前ニュースで見たんですけど、
せんとくんの作者の方が、せんとくんのお兄さん(?)
の着ぐるみと一緒に奈良の県庁だったか市役所だったかを
表敬訪問されてましたよ。ただ、その着ぐるみも「ゆるキャラ」
とはちょっと違うような印象でしたが(^^;)。

それにしても子猫ちゃん、妹さんに助けられて良かったですね。
でも「ダンス天国は「ラ~ララララ~」じゃかったでしたっけ?
なので「ナナ」ちゃんなら、テーマソングはジョー・サウスの
「孤独の影」でいかがでしょう?(^^)。

PS.ミュージック・マガジンの8月号(サザン特集号)で健太さんが
マッドクラッチのこと書いておられましたね(ご覧になられました?)。

| ヤッチンロック。 | 2008/08/13 19:59 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/536-b203523e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT