Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

青い空の音符

822_01ss.jpg

1993年8月22日(日)の鈴木祥子さんのスペシャル・ライヴ招待状(IMPホール)。

僕が鈴木祥子さんの音楽を一番よく聴いてたのは恐らくこの当時だと思うんですけど、もう15年も前になるんですね・・・(招待状1枚で2名入場可で、僕は友達のチケットで一緒に入場したような。あと確かライヴの模様は後日FM802でオンエアされて、もしかしたらまだ録音テープ残ってるかも)。

近年は鈴木祥子さんの音楽からも、ライヴ会場からもすっかり遠のいてるものの、それでもお盆過ぎると急に涼しくなって、それこそ「夏はどこへ行った」という気分になると共に、鈴木祥子さんの歌が恋しくなる今日この頃。そんな訳で今年もまたカーステ『Long Long Way Home』を聴いてます(基本的に佐橋佳幸さんのサポートが光る初期4枚に思い入れが強いんですけど、やっぱりこのアルバムが一番好きで、結局ここに帰って来るみたい)。アルバム前半もさることながら、学生時代、カセットテープのB面に録音して愛聴していた6曲目以降の「夏のまぼろし」「あの空に帰ろう」「青い空の音符」「かもめ」辺りが、なんともせつなくて、やけに胸に沁みます(とくに大貫妙子さん作詞の「青い空の音符」は、祥子さんご自身もCDJournal.comのインタビューで語っておられましたけど、歌詞に深みがありますからね)。

さて鈴木祥子さんと言えば、今年はデビュー20周年ということで、僕の大好きな初期4枚の音源をまとめたDVD付きの集大成ボックス『SHO-CO-SONGS Collection1』のリリースなどもありましたが、いよいよ9月10日には2年ぶりの新作アルバムとなる『SWEET SERENITY』が発売(どうやらSACDとのハイブリッド仕様のようですね)。

SWEET SERENITYSWEET SERENITY
(2008/09/10)
鈴木祥子



前評判も高く、特設ページのコメントなどを見ても、かなりの自信作のご様子で、ジャケット写真からも傑作オーラがぷんぷん。

「我が家の稲刈りが先か、それとも祥子さんの新作が先か」

どちらにせよ、夏バテしてる場合ではなさそうです(^^;)。

 http://syokosuzuki.sakura.ne.jp/index.html


関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんだかタイトルがブライアン・ウィルソンの
某未発表アルバムみたいですね。

| 日本少年二号 | 2008/08/24 21:04 | URL | ≫ EDIT

●日本少年二号さん
『SWEET SERENITY』と『SWEET INSANITY』、
そう言われてみれば何か似てますね(笑)。

それより、雨凄かったみたいですけど、大丈夫でしたか?

| ヤッチンロック。 | 2008/08/29 20:00 | URL | ≫ EDIT

僕が住んでいるところは全く大丈夫だったです。

祥子さん、いまアルバム六枚(風の扉、Long Long、
Hourglass、Radiogenic、Snapshotsに『鈴木祥子』)を
車に積んで聴いていますが、本人の作詞がほとんどないことも
あって昔はあんま好きじゃなかったRadiogenic、
聴き直したら結構いいやんと思いました。しかしこれだけでも
ちゃんと聴いてたら、あっという間に発売日ですね。

| 日本少年二号 | 2008/08/30 23:58 | URL | ≫ EDIT

●日本少年二号さん
そうでしたか、ご無事で何よりです。

確かに、そう言われてみれば『ラジオジェニック』って、
「両手いっぱい」が岡部真理子さんとの共同作詞に
なってるだけで、祥子さんご自身の作詞はほとんど
なかったんですね。とはいえ、「ラジオのように」で始まり
「優しい雨」のセルフカヴァーで締め括られるこのアルバム、
ある種ターニング・ポイント的な要注目作ですよね。

> しかしこれだけでもちゃんと聴いてたら、
> あっという間に発売日ですね。

ホントですね。じゃぁ僕も今日からこれとバカラック・カヴァー
のミニアルバムでも聴いて発売日を迎えるとします(^^;)。

| ヤッチンロック。 | 2008/09/01 20:01 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/549-0195ea31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT