Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たぬきの休日に植田正治

tanuki


これはうちの地元の近江たぬきまんじゅう

本秀康画伯のご新居のお庭にタヌキが来るというお話は存知上げてたので、先月のサイン会の折りにもお土産に持参してたんですが(そう言えば画伯の目論見通り、11月6日に発売された「週刊文春」の最新11月13日号表紙で、和田誠さんが再びそのタヌキを表紙に描いておられますね・笑)、何でも、今日11月8日(土)信楽たぬきの休日、その名も「たぬき休むでぇ~」とのこと(昨日、新聞に載ってました)。

 http://www.e-shigaraki.org/tanuki/

それでなのか、僕のお部屋のたぬきロックくんとたぬき巡査(昔、交通安全の集会に出た時に貰いました)も、コースターを敷布団代わりに、消しゴムを枕代わりにして、大いに休日を満喫してしているようです(^^)。

tanuki

それはいいんだけど君達、ついたて代わりに使ってるボーダーラインエリック・カズのCD、あとでちゃんとCD棚に戻しといてね(笑)。


植田正治の世界 (コロナ・ブックス 136)植田正治の世界
(コロナ・ブックス 136)

(2007/10/20)
植田正治事務所



ところで、今日、新聞のテレビ欄見て知ったんですけど、今夜放送のNHK教育テレビ「ミューズの微笑み」(23:00-23:30)で鳥取の植田正治写真美術館を紹介するようですね(以下、NHK番組表より詳細を引用)。

今回紹介するのは、鳥取砂丘を舞台にシュールなモノクローム写真を撮り続けた写真家、植田正治の美術館。生涯、故郷の鳥取を離れず、世界に通じる「Ueda‐cho」という独特な演出写真を生み出した。砂丘での4人の少女をモデルにした代表作「少女四態」や膨大なカメラコレクション、世界最大のレンズが備えつけられ、まるでカメラの中に入ったような不思議な部屋など、植田ワールドを写真家の桐島ローランドが訪ねる。

http://www.nhk.or.jp/muse/


音楽ファンなら、植田正治さんと聞いて遊佐未森さんの『アカシア』『roka』原田知世さんの『カコ』などのCDジャケットの写真を連想される方も多いかと思いますが、僕にとって植田正治さんといえばやはりARB「After'45」のPVが一番印象深いです。



白浜久さんのギターが好きだったこともあり、この時期のARBよく聴いてました
(そしてこの曲を聴くと、松田優作さんの映画を思い出します・・・)。

カコカコ
(1994/02/18)
原田知世


アカシアアカシア
(1996/01/21)
遊佐未森


rokaroka
(1997/02/01)
遊佐未森




関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

たぬきまんじゅう、おいしそうですね。

今日の朝日新聞の読書欄で紹介されている和田さんの大型本「表紙はうたう」はもう本さんの書棚に収まっているでしょうか。近所の図書館で読めたらいいんですけど。この本をベースにしたラジオ番組(「今日は一日、和田誠三昧」とか)やCDができたらと思います。

| ハッピージャック | 2008/11/09 10:32 | URL |

●ハッピージャックさん
> 今日の朝日新聞の読書欄で紹介されている和田さんの大型本
> 「表紙はうたう」はもう本さんの書棚に収まっているでしょうか。

あ、僕もまさにその書評を見てまったく同じこと考えてましたよ(^^)。

何でも、今日はポッキー&プリッツの日だそうで、本画伯が
ポッキーのポスターを描いておられますね!

http://pocky.jp/

| ヤッチンロック。 | 2008/11/11 19:39 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/600-1119389b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT