Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Ooby Dooby

1118_02ro_k.jpg

ロイ・オービソン『伝説』は、1990年に発売されたCD4枚組全76曲収録のボックス・セット『The Legendary Roy Orbison』の国内盤で、確か僕が初めて買ったCDボックス・セット(国内盤の分厚いブックレットには、歌詞・対訳と共に、コーリン・エスコット氏によるライナーの対訳と長門芳郎さんによる曲目解説が掲載されていました。ちなみに税込定価1万円)。当時僕はまだ学生で、自由に使えるお金も少なく、ロイ・オービソンについても代表曲を知ってる程度のひよっこだったものの、「これさえ買っとけばきっと一生モノ決定盤で、ロイ・オービソンの音源をほとんど網羅したも同然に違いない!」というくらいの気持ちで奮発して購入したのですが、その後、音源の発掘やリマスター再発が続々と進み、CD7枚組の『Orbison 1955-1965』なども発売されたりと、結局CD4枚組76曲も決定盤どころかロイ・オービソンの奥深さの前ではまだまだ序の口に過ぎず(^^;)。更に今年は没後20年ということで、トラヴェリング・ウィルベリーズや亡くなった後にリリースされた音源をも含む全キャリアを総括した集大成的なCD4枚組全107曲の新しいボックス・セットがお目見え。しかも国内盤『ソウル・オブ・ロックンロール~ロイ・オービソンの生涯』にはボーナス・トラックが1曲付いて、どうやら(英文ライナーの対訳だけでなく)萩原健太さんの解説も付くようなので、これはもう益々『伝説』を持ってるからと言って見過せそうにありません(健太さんの解説や全108曲というボリューム、未発表音源に加え、今となっては『伝説』の音質に物足りなさを否めないだけに、最新リマスターという点にも少なからず心惹かれるものがあります)。

1118_04ccr_k.jpg

そして見過ごせないといえば、そう、C.C.R.。彼らの音源は、2001年発売の6枚組CDボックス『クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル』を買った時点で、流石に今後どのような形で再発されてもCDで買い直す必要はないだろうなと考えてたんですけど、12月10日発売予定のバンド結成後40周年スペシャル企画らしいSHM-CD仕様による紙ジャケ再発盤は、「全タイトル萩原健太氏によるライナーノーツ書き下ろし」だそうじゃないですか!?(おまけに2008年最新リマスターで、「初登場音源含めボーナス・トラック多数収録」って、まだそんなのあるんですか・・・汗)。

出来ることなら、健太さんのライナーノーツだけでもバラ売りして欲しいです(笑)。

では最後に今の気分で1曲:「Ooby Dooby」

ロイ・オービソンのヴァージョンは1956年59位。C.C.Rは1970年のアルバム『コスモズ・ファクトリー』でカヴァーしてましたけど、ジョン・フォガティがロイ・オービソンの追悼コンサートで歌ったヴァージョンもグッと来るものがありました。






関連記事
スポンサーサイト

| Radio Sweetheart | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こちらではお久しぶりです

情報ありがとうございます。m(__)m
これは買わなきゃねー。
ああまた散財してしまう・・・
でも!無駄遣いじゃないもん!
(ってゆおう。夫に追及されたら)
ああ毎年のクリスマスプレゼント。
いつも自分用が一番高価xx

| いちおかまり | 2008/12/01 01:41 | URL | ≫ EDIT

●いちおかさん
いえいえ、どういたしまして♪

そうなんですよ、ロイ・オービソン箱は僕も買わなきゃ
とは思ってるんですけど(健太さんのブログによると、
全108曲の曲目解説を執筆されたようですね)、自分へ
のクリスマス・プレゼントは既に『レス・ポールの伝説』
DVDを予約してて、他にもちょっと欲しいものがあるので、
今すぐにはまだ手が出せなくて・・・(^^;)。

CCRも音源的には今持ってるCCR箱で充分なので、
何とも悩ましいばかりです(ホントにライナーだけバラ売り
して欲しいです・苦笑)。

| ヤッチンロック。 | 2008/12/02 21:30 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/610-d6f26708

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT