Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

憧れのベイ・シティ・ローラーズ

1205_06bcr.jpg

近頃なんとなく「気分は45回転」な僕。そんな訳で今日もレコード棚からベイ・シティ・ローラーズパット・マッグリンとスコッティーズのシングル盤をすこってぃいばかり棚からひと掴み(勿論まだあります・苦笑)。

BCR関係のレコードは、僕がウィングスバッドフィンガーをはじめ、ラズベリーズロイ・ウッド周辺のレコードを熱心に蒐集してた学生時代に、「とくに集めてるつもりはなくとも、気が付けばアルバムもシングルもいつの間にか大体揃ってた」という感じ(だってほら、BCRはラズベリーズの「Let's Pretend」ビーチ・ボーイズ「Don't Worry Baby」などを、パット・マッグリンは“Yours″でバッドフィンガーの「嵐の恋」エジソン・ライトハウス「恋の炎」なんかもカヴァーしてましたし。あと、「太陽の中の恋」すかんち「恋のマジックポーション」元ネタだったことも僕にとっては大きかったんですが、何より当時安かったですから・笑)。



今年は10月に(ザ・ローラーズ名義を含む)BCRのオリジナル・アルバム9枚が紙ジャケCDで再発されたりと、ある意味ちょっとしたローラーズ・イヤー。しかしながら、上柴とおる親方「南港♪」10月26日放送で特集を組んで下さってても、リスナーからのメールでは思ってた以上にさんざんな言われようだし(やはり「単なるアイドル・バンドとしか見てなかった」という方が多いようでした)、『レコード・コレクターズ』2008年11月号での特集も、久々の「レコスケくん」登場こそ嬉しかったものの、AC/DCディランに続く第3特集扱いで、ページ数も少なく、内容的には「物足りない」の一言(カラーページのシングル盤やレア盤のジャケ掲載どころか、シングル・リスト一覧すらなく、イアンのロゼッタ・ストーンやパット・マッグリンのスコッティーズなどの活動についても完全にスルー。そうした情報面の乏しさに加え、ソングライターカヴァー曲など、彼らの音楽的魅力に迫る切り口はいくらでもあるはずなのに、何の考察もしないなんて、本当にガッカリ。そうゆうのやってこそのレココレでしょうに!?)。

どうやら、来年1月21日には、パット・マッグリン関連の5枚も紙ジャケにて世界初CD化とのことなので(とりわけ悪指ファン「嵐の恋」のカヴァーが収録された1982年のアルバム『パトリック・ジェームス・マッグリン&ユアーズ』を要チェック!)、その時こそはあらためて誌面でフォローをお願いしたいものです。

尚、冒頭の写真にも納まってるパット・マッグリンとスコッティーズの邦題「デイドリーム」は、モンキーズ「Daydream Believer」のカヴァー(上柴親方、今度これもかけて下さい!)。「ウォーク・イン・ザ・ルーム」は「南港♪」の特集でもかけて下さってましたが、言う迄もなくサーチャーズベンチャーズカーラ・ボノフポール・キャラック等々でお馴染みのジャッキー・デシャノンのあの曲。ちなみに、スコッティーズのシングル盤には、こんなジャケ・サイズのブロマイドが付いてたんですけど、これではアイドルとしか見なされなくても仕方ないですね(^^;)。

1205_02sm.jpg

以上、本日はロイ・オービソン20回目の命日なので、何かしら彼のことを書くつもりが、「この前ちょっと書いちゃったしなぁ~」ということもあり、結局、今まさに聴いてるローラーズのネタになっちゃいました。



関連記事
スポンサーサイト

| Badfinger | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

♪さ~まぁ~ら~せんせ~しょ~ん

まあまあ、まずは扱ったというだけでもあの雑誌にとって
進歩といえるのでは。僕としては「ハ●ドオフのジャンク箱から
ひとつかみ」みたいな切り口で、とかく馬鹿にされやすい
レコードばかりを取り上げた企画も見てみたいですけどね。
(湯浅さんの「嗚呼、名盤」にもちょっとそういう側面は
ありましたが)

| 日本少年二号 | 2008/12/06 23:08 | URL |

●日本少年二号さん
> まあまあ、まずは扱ったというだけでもあの雑誌にとって
> 進歩といえるのでは。

まぁ、そうも言えなくないですけど、でも、バイオグラフィなぞって、
アルバム・ディスコグラフィを載せることくらい、今時ファンサイトで
当たり前にやってることですからねぇ。
それに正直、僕には今のレココレが雑誌として進歩しているとは
思えなくて(^^;)。

> 僕としては「ハ●ドオフのジャンク箱からひとつかみ」みたいな
> 切り口で、とかく馬鹿にされやすい レコードばかりを取り上げた
> 企画も見てみたいですけどね。

まったく同感です!湯浅さんや安田謙一さんあたりに是非
そのような連載やって欲しいですね。日本少年二号さんの
そっち系のお話もホント楽しいですから(^^)。

実はこのところ僕、リサイクル・ショップやブックオフの
250円コーナー中心で、ハードオフのジャンク箱はご無沙汰
してるんですが、最近どうですか?僕の行きつけのブックオフの
250円コーナーは近頃掘り出し物がめっきり少なくなりました(^^;)。

| ヤッチンロック。 | 2008/12/07 20:38 | URL | ≫ EDIT

ブックオフは波がありますよね。僕の場合、
10~11月はかなり収穫がありました。
プリンス『パレード』250円、ユウヒーズ『ユウヒビール』250円、
ふらーこさんの強い勧めで買ったワタナベイビーの二枚組
1350円(これはマジに傑作。ふらーこさん有難うございました! )
ホフディラン『多摩川レコード』500円、ポールの
『Memory Almost Full』500円…あれ?
ホフディラン関係ばっかり(^^;) 。

そんなわけで、ただいまホフブーム真っ最中です。
ベイビーのブログでこんな記事↓も見つけたり。
http://ameblo.jp/watanababy-blog/entry-10164536143.html

| 日本少年二号 | 2008/12/08 22:07 | URL |

●日本少年二号さん
そうですか、ポールの『Memory Almost Full』が早くも
500円ですか~(^^;)。それにしても、日本少年二号さん
のブックオフ・ライフはなかなか充実してますね~!

ちなみに僕は鈴木康博さんと名前が同じだということころから
オフコースのファンになったバリバリのヤスさん派なので、
ワタナベイビーがめちゃめちゃ羨ましいです(笑)。

| ヤッチンロック。 | 2008/12/20 20:16 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/622-0e392fba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT