Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

DAYBREAK(月)#90

Rock 'n Roll ChristmasRock 'n Roll Christmas
(2000/08/11)
Dion



#90:DAYBREAK (月)  2008年12月22日深夜放送

01)I Saw Mommy Kissing Santa Claus ママがサンタにキッスした  /ロネッツ
02)(Just Like) Romeo And Juliet ロメオとジュリエット /スティーヴン・ビショップ
03)The Christmas Song  /竹内まりや
04)Stand By Me /シル・ジョンソン Syl Johnson
05)Hooked On A Feeling /ヴォンダ・シェパード  Vonda Shepard 
06)(Now And Then There's) A Fool Such As I /エルヴィス・プレスリー 

07)Graceland /ポール・サイモン 
08)Five Minutes /ロリー・モーガン  Lorrie Morgan
09)Bells Of St. Mary 聖メアリーの鐘
 / ボブ・B ソックス &ブルージーンズ  Bob B. Soxx&The Blue Jeans 
10)Parade of the Wooden Soldiers 人形のパレード  /クリスタルズ
11)The Rising  /ブルース・スプリングスティーン 
12)O Holy Night  /ディオン
13)Just One Look /ドリス・トロイ 
14)I've Got Mine /グレン・フライ
15)Baby,Baby (I Still Love You) /シンデレラズ Cinderellas
16)Christmas Eve  / コモドアーズ The Commodores
17)Stardust /カーメン・マクレー Carmen McRae
18)Unchained Melody /ハリー・ベラフォンテ Harry Belafonte
 ライチャス・ブラザーズ 1965年4位
19)These Eyes /ゲス・フー The Guess Who
20)Danny's Song ダニーの歌 /アン・マレー 
21)Silent Night /山下達郎


木崎義二さんDJによる「DAYBREAK」(月)のエアプレイ・リストを記録しつつ復習するコーナーの12月22日深夜放送編です(リスト一覧はこちらからどうぞ)。

やはりこの日は事実上クリスマス・イヴイヴということもあって、先週以上にクリスマス・ソングをちらほらと織り交ぜた選曲。まず、言う迄もなく1曲目ロネッツと9曲目ボブ・B ソックス&ブルージーンズ、更に10曲目クリスタルズは超名盤『クリスマス・ギフト・フォー・ユー・フロム・フィル・スペクター』より。結局、今年出た紙ジャケ再発CDも買ってない僕は(フィル・スペクター・サンタ・ジャケの英アップル盤LP仕様の紙ジャケが出たら買うんですが・笑)、4枚組BOXセットの『Back to Mono (1958-1969)』から取り出すのも面倒なので、未だに大瀧詠一さんが解説を執筆された1988年発売のアルファ・ムーン盤を愛聴してます(^^;)。

それから、12曲目ディオン「O Holy Night」は1993年発表の『Rock 'n Roll Christmas』から(旧ブログ2005年5月11日でも取り上げたことがありますが、間違いなく、今僕が1番好きなクリスマス・アルバムです。2001年に好きなクリスマス・アルバムBEST10のリストを作った時、うっかりこのアルバムを入れ忘れたことを未だに激しく後悔してます・苦笑)。 

そして、16曲目コモドアーズ「Christmas Eve」は勿論、山下達郎さんのカヴァーで、その達郎さんの21曲目とまりやさんの3曲目も、共に定番のクリスマス・ソングのカヴァーでしっとりと。

それでは、ここからはいつものようにヒットチャートを確認していきますと、今週もポップ・チャートのNo.1ソングはなかったものの、8曲目ロリー・モーガン「Five Minutes」が1990年にHot Country Singles & Tracksで1位(木崎さんの「DAYBREAK」が終わっちゃったら、彼女の歌声もラジオでは聴けなくなるかもしれませんね・・・)、また、20曲目アン・マレー「ダニーの歌」(言う迄もなくケニー・ロギンスの作品でロギンス&メッシーナのカヴァーですよね)が1973年にポップ・チャートでは7位、カントリーでは10位ながら、アダルト・コンテンポラリー・チャートで見事No.1に輝いていました。

続いて、チャート上位の曲に目を向けると、6曲目エルヴィス「(Now And Then There's) A Fool Such As I」は、作者のハンク・スノウが1952から53年にかけてカントリー・チャートで3位だったのに対し、1959年2位(R&B16位)という好記録。加えて、19曲目ゲス・フー「These Eyes」が1969年6位で、前述の通りアン・マレーの「ダニーの歌」が1973年7位、あとドリス・トロイにとって唯一のヒットとなった13曲目「Just One Look」が1963年10位(R&B3位)と、ここ迄がTOP10圏内。

以下は、高揚感抜群の11曲目ブルース・スプリングスティーン「The Rising」が2002年52位で、僕のギックリ腰の痛みをすっとばすべく選曲して下さった(感謝!)7曲目ポール・サイモン「Graceland」が1986年81位(確かにゴキゲン♪)、それと14曲目グレン・フライ「I've Got Mine」が1992年91位(AC12位)といったところ。 

その他、2曲目スティーヴン・ビショップ「ロメオとジュリエット」リフレクションズのカヴァーで(1964年6位)、ドラマ『アリー・myラブ』のサウンド・トラックに収録されていた5曲目ヴォンダ・シェパードによる「Hooked On A Feeling」は、B.J.トーマスが1968年5位とヒットさせた後、スウェーデン出身のブルー・スウェードが取り上げて1974年に1位を獲得した曲(ちなみに作者はマーク・ジェームス)。しかし何と言っても今週僕がグッと来たカヴァーは4曲目のシル・ジョンソンと18曲目のハリー・ベラフォンテで、あらためて彼らの歌の上手さにうっとりするばかりでした(そう言えば南佳孝さんが鈴木カツさんの対談集『洋楽で育ったぼくらの話』NHK-FM「私の名盤コレクション」出演時にハリー・ベラフォンテのライヴ盤『Belafonte at Carnegie Hall』を紹介しつつ大絶賛されてましたよね。おかげで僕にとってもお気に入りの愛聴盤となりました)。 

最後に、15曲目シンデレラズ「Baby,Baby (I Still Love You)」は、ノンヒットながら、かつて萩原健太さんDJのNHK-FM「ミュージック・プラザ第2部ポップス」(月曜日)ワンダーミンツダリアン・サハナジャがゲスト出演した際(2005年1月31日放送)、ダリアンが好きなガールグループ特集の中でも選んでた曲なので、ガールグループ・マニアは要注目(作者はシンシア・ウェイルラス・タイトルマンで、バリー・マンによるプロデュースとのことなので尚更です!)。

ということで、木崎さん&由起さんによる「DAYBREAK」(月曜日)は、とうとう次回で最終回となります(本当に淋しいです・・・)。少なくとも、ここをご覧になって下さってるポップス・ファンの方には、是非とも聴いて頂きたいです!!(聴いて下さい!!!)。

 http://www2.jfn.co.jp/break/


関連記事
スポンサーサイト

| DAYBREAK/TO VILLA | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/635-c50ec980

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT