Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「冒険と奇想の漫画家・杉浦茂101年祭」展

杉浦茂傑作選集 怪星ガイガー・八百八狸杉浦茂傑作選集
怪星ガイガー・八百八狸

(2006/11/22)
杉浦 茂



読むと思わず笑顔がこぼれるほがらかさと、常識を揺さぶられる奇想天外さで、昭和初期~30年代に児童漫画界で活躍し、赤塚不二夫ら後進の漫画家だけでなく、音楽家や写真家、小説家など多方面のクリエーターに影響を与えた杉浦茂(すぎうらしげる)。来たる2009(平成21)年は、氏の生誕から101年目に当たります。氏の漫画のキャラクターにはおなじみの人差し指と小指を立てたポーズを「101」に見立て、「生誕101年」を祝うというアイディアのもと、ユカイでフシギな杉浦ワールドを再現する展覧会です。

◇期 間:2009年3月20日(金・祝)~5月24日(日)
◇会 場:2階 メインギャラリー
◇料 金:大人1,000円、中高生500円、小学生200円
※この料金には、ミュージアム入場料を含みます

(1)展示

◆原画・掲載誌・別冊付録・単行本による杉浦茂の漫画作品の紹介と、本展企画協力者(嶌津<しまづ>よたろう、みなもと太郎、中野晴行ら)による解説パネル。
◆杉浦茂ファンを自認する各界クリエーターにより杉浦氏に捧げられた描きおろしイラスト原画。
◆杉浦茂氏の師匠・田河水泡(代表作:「のらくろ」シリーズ)や、同じく田河門下の作家(※)たちなど、氏を取り巻く人間関係の紹介パネル。
※山根青鬼/あおおに(代表作:「名探偵カゲマン」)、山根赤鬼(代表作:「よたろうくん」)、滝田ゆう(代表作:「寺島町奇譚」)、倉金章介(代表作:「あんみつ姫」)、長谷川町子(代表作:「サザエさん」)

(2)体験

◆「忍術合戦」(昭和29年)や「弾丸トミー」(昭和33年)ほか、単行本化されていないものや復刻されていないものなど、幻の作品(14作品・1,000ページ以上)を読める立ち読みコーナー。 ◆「顔ハメ看板」やキャラクター変身グッズなど、杉浦ワールドを体感できる記念撮影コーナー。その他、館内各所に杉浦キャラクターを配し、特別展会場だけでなく、マンガミュージアム全体で「101年祭」を盛り上げます。
◆みなもと太郎氏(漫画家・漫画研究家/本展企画協力者)他によるシンポジウムを3月22日(日)に、サエキけんぞう氏(ミュージシャン)によるトークショーを4月12日(日)に開催。

主催:京都国際マンガミュージアム
共催(企画協力):杉浦茂101年祭実行委員会
=嶌津よたろう(漫画研究家)、みなもと太郎(漫画家/漫画研究家)、中野晴行(漫画編集者/ノンフィクションライター)ほか

★詳細はこちら
http://www.kyotomm.jp/2008/12/sugiura101th.php


以上、昨年末に届いた京都国際マンガミュージアムメルマガ第27号より引用。これはマジ面白そう!出来れば、サエキけんぞうさんのトークショーの日がいいけど、とにかく暖かくなったら是非観に行きたいです(でも「顔ハメ看板」の記念撮影などを思う存分楽しむには平日狙いの方がいいでしょうか・笑)。

ミュージアムのカフェの壁がその後どうなってるかも、しっかりチェックしてこなきゃ!



関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/648-cccff4dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT