Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

DAYBREAK(月):湯川れい子&山本さゆり①

ナット・キング・コール・ベストナット・キング・コール・ベスト
(2002/02/20)
ナット・キング・コール



#96:DAYBREAK (月)  2009年2月02日深夜放送

01)16 Tons / テネシー・アーニー・フォード  1955年1位
02)Sleepy Lagoon /ハリー・ジェイムス楽団
03)Buttons and Bows ボタンとリボン /ダイナ・ショア
04)Again /ドリス・デイ
05)You Belong to Me /ジョー・スタッフォード 1952年1位
06)Because Of You  /トニー・ベネット
07)Strange Fruit  奇妙な果実 /ビリー・ホリデイ
08)Heartbreak Hotel /エルヴィス・プレスリー 1956年1位(カントリー1位/R&B3位)
09)Milk Cow Blues Boogie  /エルヴィス・プレスリー 
10)Love Letters In The Sand 砂に書いたラブ・レター /パット・ブーン 1957年1位
11)Too Young /ナット・キング・コール
12)Unforgettable /ナット・キング・コール
13)Blue Hawaii /エルヴィス・プレスリー 
14)Where The Boys Are ボーイハント /コニー・フランシス 1961年4位
15)Paint It Black 黒くぬれ! /ローリング・ストーンズ 1966年1位
16)Mr. Lonely /ボビー・ヴィントン 1964年1位
17)The Great Escape March 大脱走のマーチ /ミッチ・ミラー合唱団
  Mitch Miller The Gang And Orchestra
18)Goldfinger /シャーリー・バッシー 1965年8位
19)Slaughter On 10th Avenue 10番街の殺人 /ベンチャーズ
20)Rock and Roll Music  /ザ・ビートルズ



残念ながら昨年いっぱいで木崎義二さんが降板されてしまったJFN系「DAYBREAK」月曜日。1月の放送には心底ガッカリされられただけに、もう聴くのやめようかと思ったものの、2月の第1週と第2週は湯川れい子さんがDJを担当されると知り、期待を込めてエアチェックしてみたところ、見事な選曲と語りで目からウロコの連続(正直、先月の担当DJの方は、まるでやる気のない天下り官僚が昔話や自慢話のクッションに音楽流してるかのような退屈さで、僕は少しも楽しめなかったんですけど、その点、湯川さんはご自身のことをお話をされてても決して一方通行にはならず、リスナーからのメッセージもタイミングよく紹介しつつ、やさしく語りかけるように上手く番組を進行されてたので、「流石!」というよりほかありません。やっぱりラジオはこうでなくっちゃ!)。しかも湯川さんお一人だけじゃなくて、山本さゆりさんがご一緒だったので、益々もって嬉しい限り(NHK-FM「軽音楽をあなたに」「ポップス・アヴェニュー」~「ポップス・ステーション」水曜日、よく聴いてました)。

まず、2月2日深夜放送は湯川れい子さんの「パーソナル・サウンド・グラフィティ」前編といった感じで、冒頭を飾ったのはロックンロール前夜の大ヒット曲、テネシー・アーニー・フォード「16トン」(1955年1位/年間チャート20位)。炭鉱労働者の厳しい現実を歌った曲で、湯川さんは「アメリカではこんな曲がヒットするのか!?」と、目も心もアメリカのヒット曲に行ってしまった、「たった一枚のレコードが世界を運んで来てくれる」ということに目覚めさせて貰った、とのこと。更に、続く2曲目ハリー・ジェイムス楽団「Sleepy Lagoon」では、戦死された一番上のお兄様が出征前、防空壕を掘りながら「自分が作った曲だ」と言って、三日間ずっと口笛を吹いてたのでメロディを覚えてしまった、そして戦後にこの曲を進駐軍放送で聴いて驚いたというエピソードを披露して下さってましたが、この辺りから湯川さんのお話にぐんぐん惹き込まれて、結局ベッドの中で最後まで拝聴させて頂きました(3曲目に行く前にもトークバックのBGMにラヴェル「ボレロ」を流しつつ、特攻隊員だった2番目のお兄様が幼い湯川さんを抱っこして、寝る前にこの曲にかけながらいろんなお話をしてくれたと述懐されてましたが、そんな湯川さんが「戦争は絶対してはいけないこと!」とおっしゃると尚更説得力を感じます。「音楽には国境も敵も味方もない」と投稿されてたリスナーの方もいらっしゃいましたが、まったくその通りですね)。

その他にも興味深いお話が目白押しで、湯川さんを通して、ポピュラー音楽の魅力をあらためて教えて頂いたというか、視野や楽しみ方を広げて頂いたような気分。なかでもビリー・ホリデイの悲しすぎる最期(所持金もほとんどなく、生き倒れて救急車で搬送されるも病院をたらい回しされた挙句、廊下に放置されたストレッチャーの上で亡くなっただなんて・涙)や、ナット・キング・コールが自身が出演するラスべガスのホテルで、ショーの合間にレストランで食事をしてたら、白人の女性客が「このレストランは黒人と一緒に食事をさせるのか!」と激怒し、それを受けて支配人が「申し訳ありませんがお引き取り下さい」とナット・キング・コールに告げたこと(なんてこった!?)、それでもナット・キング・コールはぐっと堪えて「はい、わかりました」とホテルを引き払い、ショーの時間になるとどこからともなくあらわれて一週間きっちりショーを続けたというエピソードが印象深かったんですが、それにしても湯川れい子さんは日本だけに限らず、世界的に見ても「女性DJの草分け的存在」だったんですね!素晴らしい!!(しかし後に続く今時の民放FMの女性DJは日本語も英語も中途半端なら、音楽への深い愛情や知識があるとも思えず、何をしゃべってるのか訳わからない人が多すぎて、ホント嫌になっちゃいます・・・)。

何でも、8月には「DAYBREAK」月曜日に再び湯川れい子さんが登場されて、ビリー諸川さんと共に2週間エルヴィス・プレスリーを偲んでエルヴィス尽くしの特集を放送して下さるとのこと。ということは、4月以降も月曜日はレギュラーDJを置かず、2週間交代方式が続くということなのでしょうか。出来れば、個人的にはレギュラーDJを固定して頂きたいところですが、とにかく来週も湯川さんのDJ楽しみです♪(2月16日と2月23日は石坂敬一さんが担当されるようですけど、願わくばこのまま毎週湯川さんと山本さゆりさんにDJやって頂きたいくらい・笑。それが無理なら、八木誠さんや亀渕昭信さん、朝妻一郎さんなどの登場を希望します。勿論、大瀧詠一さんが出て来て下さったら言うことないんですが・笑)。

そう言えば、(先日もちらっと書きましたが)4月からNHKラジオ第1でスタートする「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」は毎週じゃなくて隔週の放送なんですね。

 http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200901210103.html

FMでも放送して欲しいなぁ~(^^;)。



関連記事
スポンサーサイト

| DAYBREAK/TO VILLA | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おぉ~~ そんな豪華なDJがあったんですか。
木崎さんが言われていた「内緒だけどビックリするような人が出られる」というのは、そういうことだったんですネ。
残念、聞き逃した(笑)。
1月第1回の放送を5分聞いて止めてから、あの番組から完全に離れていたもんですから。

"Blue Lagoon" の話はボクも聞いたことがあって、mixiの記録をひっくり返してみたら、ちょうど1年前の2/10のことでした。
2月は湯川さんが活躍される月なんでしょうか?

| 雀村 | 2009/02/05 23:10 | URL |

●雀村さん
> 1月第1回の放送を5分聞いて止めてから、
> あの番組から完全に離れていたもんですから。

お気持ち、よくわかります。
僕は我慢して半分くらいまで聴いたんですけど、
物凄く損した気分になりましたから(苦笑)。
やっぱり、どんなに肩書きが立派な洋楽業界の
スペシャリストであろうと、DJがお粗末では話に
ならないですよね。湯川さん&山本さんは来週も
DJ担当されますので是非♪

2/10といえば、健太さんのお誕生日ですね!
今、まさにテレビで「BS熱中夜話~ロック黄金時代ナイト」
再放送の健太さんの解説を見てるところです(^^)。

| ヤッチンロック。 | 2009/02/07 01:17 | URL | ≫ EDIT

放送中にも、リスナーからの応援メールがたくさんありましたね。湯川さんと山本さんが共演している放送を聴いたのは、何年ぶりかな~。 来週も(もちろん、8月も!)聴き逃せませんね♪

| ア太郎 | 2009/02/07 20:30 | URL | ≫ EDIT

●ア太郎さん
そう言えば、僕は後追いポップス・ファンなので、
湯川さんと山本さんがご一緒にDJされてる放送を実際に
聴いたのは今回が初めてでした(そうゆう意味でも
非常に有難い限りです)。
ホント、今夜の放送も楽しみですね!

| ヤッチンロック。 | 2009/02/09 20:56 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/657-4b59cd31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT