Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Baby's Coming Back

Dog Problems Dog Problems
The Format (2006/07/11)
The Vanity Label

新年早々、また昨年の話に戻っちゃうのですが(汗)、NHK-FM「ワールド・ロック・ナウ2006年末SP」恒例の渋谷陽一さん&大貫憲章さん&伊藤政則さんの鼎談、3人揃ってビートルズ『LOVE』ボロカスだったので笑いました(笑)。

政則さんは相変わらず独自路線を歩んでおられるようですが(^^;)、大貫さんが2006年のベストの一つにザ・フォーマットを選んでおられたので思わずニンマリ♪ジェリーフィッシュレッド・クロス絡みということで僕も気になってたんですよね(でもTUTAYA先行発売だった特殊仕様ジャケは日頃TUTAYAでCD買わないどころか、最近はほとんどお店にも行かなくなったので、結局買いそびれちゃいました)。

 http://www.imperialrecords.jp/intl/artistlist/artist/format/index.html

アンディ・スターマー参加のL.E.O.と同じく、1/24に通常国内盤が出るようなんでそれ買うことにします(ボートラはジェリーフィッシュのカヴァーですしね!)。2月に来日公演もあるようですが(そう言えばロジャー・マニング大阪公演の時、またすぐ日本に来ると言ってました)、東京だけなのでガッカリ(インストアだけでもいいので関西も来て貰えないでしょうか?)。

 ◎公式サイト:http://www.theformat.com/
 ◎マイ・スペース:http://www.myspace.com/theformat

そして渋谷さんはアークティック・モンキーズマイ・ケミカル・ロマンスを選ぶ一方で、ボブ・ディランの新作やニール・ヤング『Living With War』を選んでおられたので流石です(最近あんまり番組聴いてなかったんですけど、また聴こうかなと思いました)。ホワイト・ストライプスジャックブレンダン・ベンソンらによるラカンターズも選出されてて、それもやはりディラン繋がりでとのこと。ミュージック・マガジン1月号をはじめ各音楽誌の年間ベスト見てもそうですけど、やっぱディランの新作評価高いですね(確かに大変素晴らしいアルバムだと思います。でも、ホット・クラブ・オブ・カウタウンの解散理由はフィドルとヴォーカル担当の紅一点エラナさんがディランの子供を宿したかららしいという話を教えて貰った今は素直に讃えらないです・苦笑)。


【追記】
Alpacas Orgling
『Alpacas Orgling』
L.E.O. (2006/10/17)
Cheap Lullaby Records

昨年12/4の日記に僕がL.E.O.のことを書いた直後に、萩原健太さんもブログでL.E.O.のこと取り上げておられてこれまたニンマリ(^^)。

  http://knbp.asablo.jp/blog/2006/12/06/984409

そして、上柴とおる親方によるFM-COCOLO「南港♪ミュージック・エンタテイメント」では、いよいよ1/7放送でL.E.O.の特集を組んで下さいます!「ポップス・マニア達による、ポップス・マニアの為の、ポップス・マニア=ジェフ・リンのオマージュ・アルバム」特集、受信エリアにお住まいのポップス・マニアな方は、E.L.O.の紙ジャケ再発第2弾の前哨戦としても是非お聴き逃しなく♪



関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

L.E.O.予約しました

L.E.O.のCDをす○やで予約しました。私はまだ音を聴いていないので、実際にはどんな音をしているのか楽しみです。実は昨年、ロジャー・マニングのCDを買ったのですが、このような内容の濃いポップ・ミュージックって、少なくなったような気がしました。私が不勉強で知らないだけかもしれませんが。

| ドルフィン | 2007/01/08 00:37 | URL | ≫ EDIT

Re:L.E.O.予約しました

●ドルフィンさん
L.E.O.、早速予約されたんですね!(マイ・スペースや
アマゾンでも試聴出来るんですけど、なかなか面白い
です。日本盤はボーナス・トラックも1曲増えるみたい
ですし、それも楽しみですね)。

> このような内容の濃いポップ・ミュージックって、
> 少なくなったような気がしました。私が不勉強で知らない
> だけかもしれませんが。

確かに、ビルボードの年間TOP100とかみてても、上位こそ
ダニエル・パウターやジェイムス・プラントといったアコース
ティックなSSWがいるものの、大半は「○○フィーチャリング
○○」って感じのラップやヒップホップ系のアーティストばっか
ですもんね。

そして、そんな数少ない”ポップ・ミュージック”の中でも、
やっぱり元ジェリーフィッシュ勢は格別だなとあらためて感
じてる今日この頃です。

| ヤスヒロッキー・ウィルベリー | 2007/01/13 16:39 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/67-5bcf5866

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT