Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラジオの時代

GOLDEN J-POP/THE BEST 斉藤哲夫GOLDEN J-POP
/THE BEST 斉藤哲夫

(1999/05/21)
斉藤哲夫



更新のお知らせ。「サウンドストリート・アーカイブス」第4週エアプレイ・リストも早速Radio Sweetheart内に収めました(こちらです)。健太さんご自身もおっしゃてましたが、健太さんが渋谷陽一さんの番組を解説するという図式、何だか面白かったですよね(苦笑)。それに渋谷さんのラジオ番組といえば、始まる時も終わる時もジョン・レノン「スターティング・オーヴァー」という印象が強いだけに、『ダブル・ファンタジー』新譜として特集してる放送をそのままの形で今また聴くことが出来たというのも、やはり不思議というか、当時まだ10歳だった後追いの僕にとっては貴重な体験でした。それから、森永博志さんのサンストを聴くのも今回のアーカイブスが初めてだったんですけど、何と森永さんDJのサンストはお母様がほぼすべての放送をテープに録音して大事に保管して下さってんですね(感謝)。斉藤哲夫さんがゲストで出演された回もあるとのことなので、それは是非とも聴いてみたいです!(NHK青春ラジカセだけじゃなくて、ラジオでもまたアーカイブスして欲しいなぁ~)。

ともあれこの4週間、ウィークデーは毎晩、短いながらも健太さんのDJを聴けるのが嬉しくて嬉しくて(笑)。来週からはいよいよ「元春レイディオ・ショー」が(早くもオンエア曲目が発表されてますね!)、そして4月7日(火)からはラジオ第1「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」の本放送が始まりますが、萩原健太さんのレギュラー番組復活もあらためて熱烈に希望せずにはいられません(NHKさん、何卒宜しくお願いします!!)。

asahi_radio

ところで亀渕さんといえば、3月27日付け朝日新聞の連載「ラジオの時代-第3部:そしてこれから(18)~未来を語る④」に登場されてましたね。今回、NHKでラジオのDJを引き受けられたのはデジタルラジオでも放送すると言われたのが決め手だったとのこと(現時点ではまだまだ東京と大阪で実用化試験中の段階ですが、いつかアメリカのFMみたいに、チャンネルを増やして専門局が沢山出来るよう、亀渕さんに頑張って頂いてデジタルラジオの未来を切り開いて頂かないと!)。「今の子はラジオを聴きませんが、価値観や表現方法が違うだけで、本質は昔と変わりません。熱くて素直な寂しがり屋。やがてやっぱりラジオが心の支えになるんじゃないかしら」とおっしゃるのは現在学校の先生をされてるかつての亀渕さんの番組超常連リスナーさん。また、3月26日付けの同連載(17)でも電通の大越いずみさんという方が「若者のメディアとされるネットも原理はラジオと同じです。例えば、カリスマ的ブロガーは、ラジオのパーソナリティー。ダウンロードは、エアチェック。ラジオが新しく見せる工夫をすれば、若者も聴くと思います」「ラジオは力を過小評価しすぎです。メディアは人を幸せにする公器だと言った人がいますけど、その姿勢を最も崩してなかったのがラジオですよね。淡々と人々の暮らしに寄り添って来た強みを今こそ生かす時です」と語っておられました。僕もどちらかというと、地デジになってチャンネルが増えても通販番組ばっか垂れ流してるようなテレビよりも、ラジオの可能性に期待したい一人(それだけに、パーソナリティーがどうでもいいようなくだらないおしゃべりをして、そのクッション代わりに流行の音楽をかけてるだけのポリシーのない番組には尚更腹が立ちます・・・)。

最後にちょこっと気になる民放FMRadioメモJFNオンライン4月の番組情報をチェックしてたら、「roots」という番組のラインナップに≪◆「~日本語ポップスの原点~漣健児と60‘s」出演:漣健児、大瀧詠一、飯田久彦、弘田三枝子、竹内まりや、宗方脩≫とあったんですけど、放送日時がよくわからないだけに気が抜けません(^^;)。というか、僕の地元局でも放送されるのでしょうか?(≪◆「グリニッジ・ヴィレッジが青春だった頃」~フォーク・ロックが生まれた日~≫という特集もあるみたい)。その他、「風とロック」「ロックの学園」なんて新番組が始まる一方(勿論、前者のDJは箭内道彦さん)、「DAYBREAK」は木曜日の大橋さんが月曜日に移動されて、木曜日が隔週でDJが交替していくみたいですね(9日&16日は東郷かおる子さん、23日&30日は矢島正明さん。最近は火曜と水曜をたまに聴く程度ながら、とりあえず湯川れい子さんの夏のエルヴィス特集はしっかり拝聴させて頂く予定)。斎藤誠さんの「Live-J」ジェシー・ハリスがゲストで出る回が楽しみ!(ちなみに昨夜のゲストは久々に石野田奈津代さんでした♪)。



関連記事
スポンサーサイト

| Radio Sweetheart | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Jesse Harris × 斎藤誠 × おおはた雄一

はじめまして。
すごくいまさらなんですが・・・。
ジェシーハリスのラジオ出演、お聴きになってたら
どんなこと言ってたか、さわりだけでもいいので
覚えてる範囲でレポートしていただけないものでしょうか。

放送日に試してみたんですがFM電波が入らなくて
あきらめたんです。

他のラジオ出演では
バンジョーの話、おおはた雄一NYレコーディングの話
ノラ・ジョーンズの話などが聴けたんですが
この番組ならではの
斎藤誠さんからの音に関する鋭い質問があったんじゃないかと
非常に気になっています。

| T | 2009/05/07 22:17 | URL | ≫ EDIT

●Tさま
はじめまして&コメント有難うございます!

ご質問のジェシー・ハリス出演の「Live-J」について
ですが、既にオンエアから日にちが経ってるので記憶が
徐々に薄れつつあるんですけど(^^;)、確か誠さんから
ジェシー・ハリスへの質問は、作曲方法やレコーディングの
プロセスについてが中心だったように思います。
そんなに突っ込んだ話はなかったものの、唯一「ヘッドホン
を使わずにどうやってレコーディングするのか?」という
質問の際、アウト・オブ・フェーズがどうとか、かなり技術的
な話になって、それには誠さんも「僕もよくわからない」と
おっしゃってました(^^;)。

おおはた雄一さんはライヴ演奏部分のみの出演だったので、
おおはたさんやノラ・ジョーンズについて話はとくになく、
6弦バンジョーについても、演奏前に誠さんがちらっと質問
された程度でした。

とりあえず、こんな感じで宜しいでしょうか?
(ご期待に添えるかどうかわかりませんが、もう少しお時間頂
ければ、レポートとまでいかずとも、記憶を整理して僕なりの
オンエア記録まとめまてみますので)。

| ヤッチンロック。 | 2009/05/09 17:40 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます

さっそくのお返事ありがとうございます。

やはりミュージシャンならではの質問があったんですね。
でも、プロの方がわからないようならば
聴いている人ももっとわからなかったでしょうね。

中心が作曲方法とレコーディングについてということで、
やっぱり番組が聴きたかったです。

レコーディングプロセスについては
とにかく早い!ということや
けっこう失敗してもその部分だけ取り直して編集しちゃう、とか
最新作のレコーディングは時間がかかった、なんて話は
他の番組やWEBインタビューでも知りえたんですが
時間の制約で表層的なものにならざるを得ないのと
どうしてもわかりやすさの面から
「ノラ・ジョーンズの話」が出てきてしまうので
深いところまでわからなくて残念に思っていました。

実はヘッドフォンなしで録音してたんですね!驚きです。
アウト・オブ・フェーズ・・・ギター用語のようですが・・・
ちょっと調べてみたいと思います。

本当にどうもありがとうございました。
さらに細かく思い出していただけるなんて、とても感激です。
お忙しそうなのに仕事を増やしてしまったようで申し訳ないです。
お時間あるときで構いません。いくらでも待ちます。

| T | 2009/05/10 21:18 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/693-6c6128bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT