Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

I Love This Town

The Best of Clive GregsonThe Best of Clive Gregson
(2009/04/27)
Clive Gregson



エニー・トラブルグレッグソン&コリスターリチャード・トンプソン・バンドなどを経て、エディ・リーダーブー・ヒュワディーンとトリオを組んだり、イアン・マシューズアンディ・ロバーツ率いる再結成プレインソングにも参加したりと、ソロ以外でも何かとご活躍のクライヴ・グレッグソンは僕の大好きなパブポップ職人(ナッシュビルに拠点を移してからはナンシー・グリフィスとの交流も深まってるようですね)。ケネディーズ『Life Is Large』と共に2001年秋の当HP開設当初から2大プッシュしてきたイアン・ゴム『ロックンロール・ハート』にも全面的に参加してたということもあり、僕のカーステオーディオから彼のゴキゲンなギターや温かい歌声が流れてくる比率はかなり高いのですが、残念ながら日本ではイアン・ゴム以上にまだまだ知る人ぞ知る存在なのか、ラジオで耳にすることもほとんどなければ、どうやら音楽系のブログなどでもあまり取り上げられていない様子・・・。

それならば「せめて僕が」という訳でもないんですけど(^^;)、丁度今月末に彼のベスト盤『The Best of Clive Gregson』が発売されるようなので、軽く紹介させて頂こうかなと思った次第。これまでクライヴ・グレッグソンの音楽にご縁がなかった方も、この機会に1枚いかがですか?1996年の同名ソロ・アルバムでも冒頭を飾ってた「I Love This Town」をはじめ、カントリーやフォークなどルーツに根ざした豊潤でマイルドなパブポップ・チューンが沢山入ってますから!



ちなみに僕は『悪魔のお仕事~ディーモン・レコード・サンプラー』で「I Love This Town」に出逢って「ひと耳惚れ」したんですけど、この16曲入りのレーベルサンプラーがなかなか良くて!(勿論ニック・ロウエルヴィス・コステロも収録。MSIさんから発売された日本盤のライナーは締切をすっぽかされたらしい駒形四郎さんに代わり服部武さんが執筆されてました。服部武さん、今どうされてるんでしょう?短期間でしたけど、レココレの連載好きでした)。

その他、「I Love This Town」に加え「Antidote」「Home Is Where The Heart Is」「Trouble With Love」「Fred Astaire」「Cornerstone」の5曲もMy Spaceで公開されてますので、ご興味のある方はチェックしてみて下さい♪

 http://www.myspace.com/clivegregson


関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/696-70e49a17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT