Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベアズヴィル紙ジャケ!

a_nicolewills.jpg
『テル・ミー』(K2HD/紙ジャケット仕様)
ニコル・ウィルス (2007/03/07)
ビクターエンタテインメント

ここだけの話(?)、時々上柴とおる親方からCDのリリース情報などをお裾分けして頂いているんですが(とりわけや悪指ジェフ・リン関係の情報は逐一お知らせ頂くと共に、FM-COCOLO「南港♪ミュージック・エンタテイメント」のオンエア内でも呼び掛けて頂いたりと、いつも本当に感謝しております♪)。昨年末またまたどえらい紙ジャケ再発情報を頂戴してビッ栗しました!?


≪Bearsville Label 紙ジャケ全15タイトル≫
ビクターより2007年3月7日発売予定
全タイトル紙ジャケット仕様/K2HDマスタリング

『ボビー・チャールズ』 / ボビー・チャールズ
『ベター・デイズ』 / ポール・バターフィールズ・ベター・デイズ
『イット・オール・カムズ・バック』
 / ポール・バターフィールズ・ベター・デイズ
『プット・イット・イン・ユア・イアー』 / ポール・バターフィールド
『ノース・サウス』 / ポール・バターフィールド
『ジェシ・ウィンチェスター』 / ジェシ・ウィンチェスター
『ハングリー・チャック』 / ハングリー・チャック
『グレート・スペックルド・バード』 / グレート・スペックルド・バード
『フェリックス・キャヴァリエ』 / フェリックス・キャヴァリエ
『デスティニー』 / フェリックス・キャヴァリエ
『ハーフネルソン』 / ハーフネルソン
『ウーファー・イン・トゥイーターズ・クロージング』 / スパークス
『M・フロッグ』 / M・フロッグ
『エア・ポケット』 / ロジャー・パウエル
『テル・ミー』 / ニコル・ウィルス


これはラインナップみただけで万歳三唱したい気分!ボビー・チャールズやバターフィールド関係もさることながら、個人的には長らく国内盤が店頭から消えていたグレート・スペックルド・バードの⑧と、ニコル・ウィルスの⑮の再発が嬉しい限り。⑧はトッド・ラングレンのプロデュースによる名盤ですが、二コル・ウィルスの⑮もトッドやカーラ・ボノフの曲に加え、イアン・ゴムデイヴ・エドマンズも取り上げたNRBQの名曲「Never Take The Place Of You」のカヴァーなんかも入ってて(大好き!)、なかなかいいんですよね~(ギターはピーター・バラカンさんの弟さんが弾いておられました)。

更に長門芳郎さんから教えて頂いた話では、ボーナス・トラックはまだ未定ながら、「出来る限り追加」の方向で準備を進めているとのこと。そしてライナーノーツも上柴親方やピーター・バラカンさんをはじめ、伊藤銀次さん、サエキけんぞうさん、難波弘之さんらが新たに書き下ろされるそうなので、これは益々期待出来そうです!!

そんな訳で、このニュースを聞いて以来、早速僕も『ウッドストック・サウンド』モードに突入。2007年の初聴きCDも、その一環だったのでした(^^;)。

【追記】
長門さんといえば、ミンツマガジンの年末スペシャル、『クラウン・イヤーズ・オブ・ ハリー細野:1974-1977』を語る~マネージャー奮戦記~も、実に興味深い内容でした! (ヴァン・ダイク・パークスジョン・サイモンの新作も今から待ち遠しいです! )。


関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

憧れのウッドストック・サウンド

ついにベアズヴィル・レーベルの紙ジャケ登場ですか。とても嬉しいです。何故か買いそびれていたグレート・スペックルド・バードも、この機会に入手しようと思います。それにしても、やっぱりウッドストック・サウンドっていいですよね。

| ドルフィン | 2007/01/20 16:50 | URL | ≫ EDIT

Re:憧れのウッドストック・サウンド

●ドルフィンさん
本当にこのリイシューは嬉しいですよね。
グレート・スペックルド・バード、僕も是非買おうと思ってます!

| ヤスヒロッキー・ウィルベリー | 2007/02/10 17:36 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/70-90eacb84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT