Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#1

Waking Up Is Hard to DoWaking Up Is Hard to Do
(2009/01/06)
Neil Sedaka



#1:2009年4月07日放送

BGM:Bittersweet Samba ビタースウィート・サンバ 1965年
 [ Sol Lake ]
 /ハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラス
 Herb Alpert & The Tijuana Brass
 
01)All You Need Is Love 愛こそはすべて 1967年1位
 [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ビートルズ The Beatles

02)Hello, I Love You ハロー・アイ・ラヴ・ユー 1968年1位
 [ John Densmore / Robby Krieger / Ray Manzarek / Jim Morrison ]
 /ドアーズ The Doors

03)Happy Together ハッピー・トゥゲザー 1967年1位
 [ Alan Gordon/Gary Bonner ]
 /タートルズ Turtles
 
04)Let's Turkey Trot
 ガヤガヤ・ノロノロ・ヨチヨチ・ウーウー・ターキー・ダンス 1963年20位/R&B16位
 [ Gerry Goffin/Carole King ]
 /リトル・エヴァ Little Eva

05)You've Got A Friend  きみの友だち 1972年
 [ Carole King ]
 /ロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイ
 Robert Flack & Donny Hathaway

06)Loco-Motion ロコ・モーション 1980年
 [ Gerry Goffin/Carole King ]
 /キャロル・キング Carole King

07)Put A Little Love In Your Heart 恋をあなたに 1988年9位/AC2位
 [ Jackie DeShannon / Jimmy Holiday / Randy Myers ]
 /アニー・レノックス&アル・グリーン Annie Lennox & Al Green

08)Viens Valser Avec Papa パパと踊ろうよ 1956年
 /アンドレ・クラヴォー André Claveau
 
BGM:Calendar Girl カレンダー・ガール 1960年4位/R&B22位
 [ Howard Greenfield / Neil Sedaka ]
 /ニール・セダカ Neil Sedaka  
 
09)Dinosaur Pet 2009年
 [ Greenfield / Sedaka / Marc Sedaka / Neil Sedaka ]
 /ニール・セダカ Neil Sedaka  

10)Peter Gunn ピーター・ガン 1986年50位
 [ Henry Mancini ]
 /アート・オブ・ノイズ(Featuring Duane Eddy) The Art of Noise

11)Love Me ラブ・ミー  1956-57年2位
 [ Jerry Leiber/Mike Stoller ]
 /エルヴィス・プレスリー Elvis Presley


以上、「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」第1回放送のエアプレイ・リスト。一応、番組公式サイトにも放送曲目リストが掲載されてはいるものの、曲名(邦題のみ)と歌手名だけで少々味気ないので、お勉強を兼ねて個人的にもアーカイブ(ただし、今後も続けるかどうかは未定・苦笑)。

まず特筆すべきはやはり何と言っても亀渕さんのテンポの良い軽妙な話術と選曲&構成の素晴らしさ!これが本物のDJ「匠の技」なんでしょうね。往年の洋楽ヒット・ポップスを中心とした番組ながら、ジャッキー・デシャノンのヒット曲「恋をあなたに」(1969年4位/AC2位)をビル・マーレイ主演の映画『3人のゴースト』の主題歌としてヒットしたアニー・レノックス&アル・グリーンによるカヴァー・ヴァージョンでかけてみたり、デュアン・エディ「ピーター・ガン」(1960年27位)もあえて彼のギターをフィーチャーしたアート・オブ・ノイズのヴァージョンを選ぶ辺りもセンス抜群。

そんな中、番組初のリクエストは大瀧詠一さんからリトル・エヴァ「ガヤガヤ・ノロノロ・ヨチヨチ・ウーウー・ターキー・ダンス」(勿論、作者はゴフィン&キング)。このぶっとんだ邦題を命名されたのは亀渕さんの上司でいらした高崎一郎さんとのことですが、命名裏話がまた面白可笑しいこと(笑)。かと思えば、亀渕さんと大瀧さんの友情秘話から「きみの友だち」ロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイのヴァージョンでしっとりと流して、その後はセルフ・カヴァー・ヴァージョンの「ロコ・モーション」でご陽気に盛り上げてと、中盤は怒涛のキャロル・キング3連発。その他にも、スタジオの2匹のカメを紹介した後にタートルズをかけたり(笑)、締めには番組スタートに際しビートルズに次いで2番目にリクエストが多かったのがエルヴィスということで、リーバー&ストーラーの名曲「Love Me」を持って来たりと、終始絶妙なキラーパスの連発で、とにかく本当にあっという間の楽しい50分間でした。生憎うちのAMの受信状態は決して良くはないんですけど(時折、混線してくる中国語の放送にイライラ・汗。この際、デジタルラジオだけじゃなくてFMでも再放送して貰えないでしょうか?)、今から次回の放送が待ち遠しいです♪

尚、ニール・セダカが2人のお孫さん達(シャーロットちゃんとアマンダちゃん)と歌う「Dinosaur Pet」は大ヒット曲「カレンダー・ガール」の替え歌。アルバム・ジャケットのイラストそのままのアットホームでほんわかとした幸福感に満ち溢れていて、可愛らしいお孫さんの歌声もとっても無邪気。今の世の中、辛いことが多いですけど、こうゆうの聴くと思わず顔が綻んじゃいますよね(^^)。



関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/705-5ea9cb25

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT