Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Shine On



僕の心の闇をやさしく照らす光、
それはピート・ハムトム・エバンズが紡ぎ出す、淡く切なく、美しいポップ・ワールド。
「Shine on,Shine on me」、この「輝き」は永遠に不滅なり。

BadfingerBadfinger
(2000/03/13)
Badfinger



ということで、今年のバッドフィンガー愛聴週間『涙の旅路』からスタート。どちらかというと地味な印象のアルバムながら、流石に熱心なファンの皆さんはよくわかってらっしゃるようで、悪指党主催の第1回人気アルバム投票では第4位第2回人気アルバム投票でも現在同率4位と健闘中。「サウンドが美しい」「数々のトラブル・不運を抱えている中、そんな事を全く感じさせない澄んだ音が素晴らしい」「shine on が好きです」といったコメントを頂戴してますが(感謝)、僕もまったく同感です(「Shine On」以外にも、「I Miss You」「Lonely You」といった哀愁漂う名バラードもあれば、ファンキーかつスワンピーな「Matted Spam」あり、アコースティックな調べが清らかなマイク作の「My Heart Goes Out」もあってと、収録曲は粒揃い。加えて、クリス・トーマスによるプロデュース手腕は勿論、ジョン・コッシュによるジャケットのアートワークも実にハイセンスときた!)。

それにしても、ここ数年、やれ紙ジャケ最新リマスター高音質素材だと再発・再々発が繰り返されるアルバムが多数ある一方で、ワーナー時代のバッドフィンガーのアルバムが手つかずのまま置いてけぼり状態というのは、本当にはがゆいばかり(ぶっちゃけ僕はあまり紙ジャケCDは好きじゃないけど、でもとりあえず一度くらいは紙ジャケ化もして頂かないと!)。従ってこの機会に、ワーナーさんには今一度”バッドフィンガーの然るべき形でのリイシュー再発”悪指党より強く陳情申し上げる次第です。

乞う、再発!



関連記事
スポンサーサイト

| Badfinger | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/718-d56036be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT