Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#3

レイジング・サンドレイジング・サンド
(2007/11/07)
ロバート・プラント&アリソン・クラウス



#3:2009年5月05日放送

01.I Can't Stop Lovin You 愛さずにいられない /レイ・チャールズ
  1962年1位(R&B1位/AC1位)

BGM:Country Gentleman /チェット・アトキンス 1959年

02.Act Naturally /ビートルズ  1965年
02.Act Naturally /バック・オウエンズ&リンゴ・スター 1989年

03.Gone Gone Gone (Done Moved On)
 /ロバート・プラント&アリソン・クラウス 2007年

04.Children Of The Revolution /T・レックス 1973年

05.The Kids Are Alright /The Who 1965年

06.Early In The Morning しあわせの朝 /クリフ・リチャード 1969年

07.More Than I Can Say 星影のバラード /レオ・セイヤー 1980年2位

08.The Door To Paradise 星空の花売り娘 /ボビー・ライデル 1961年85位

09.Mother Of Mine ママに捧げる詩 /ニール・リード(Neil Reid) 1972年

10.Pearly Shells 真珠貝の唄 /ビリー・ヴォーン楽団 1965年

11.He Will Break Your Heart 恋には御用心 /ジェリー・バトラー 1960年7位 

12.The Three Bells 谷間に三つの鐘が鳴る /ブラウンズ
  1959年1位(カントリー1位)
12.The Three Bells 谷間に三つの鐘が鳴る /レイ・チャールズ 1971年


以上、「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」第3回放送のエアプレイ・リスト。やはり邦題だけしか掲載されない番組サイトの曲目リストは僕には物足りないので、原題やチャート&年代、BGMなども書き添えて個人的にアーカイブ(過去のリスト一覧はこちらからどうぞ)。

今週のツカミは冒頭の挨拶をすっ飛ばして、いきなりレイ・チャールズの名曲「愛さずにはいられない」でガツン("I've Made Up My Mind~♪"が「あべのママ」に聴こえるという、空耳の名曲でもありますよね・笑)。

そして、レイ・チャールズはカントリー音楽とブルース音楽を融合させた偉人ということで、ここからチェット・アトキンス御大のBGMを皮切りにちょっとしたカントリー・コーナー(木崎義二さんの番組が終わってから、なかなかこの手の音楽はラジオでは聴けなくなっただけに、本当に有難い限りで、尚且つ田植えモード真っ只中の僕には最高に素敵なタイミング!)。しかもバック・オウエンズの大ヒット曲「Act Naturally」(1963年カントリー1位)を前半はビートルズのカヴァー・ヴァージョンで、後半はリンゴとバック・オウエンズの「ご本人と一緒」デュエット・ヴァージョンを繋げてかけるという心憎い演出に続けて、同じくイギリス人とアメリカ人のデュエットによるカントリーをということで、ロバート・プラントと大好きなアリソン・クラウスによる「Gone Gone Gone」をかけて下さったので大感激!言う迄もなくこの曲はエヴァリー・ブラザーズのカヴァー(1961年31位)で、2007年度のグラミーBest Pop Collaboration With Vocalsを受賞した曲。収録アルバムの『レイジング・サンド』2008年度のグラミーで5部門を受賞した傑作だけに、日本でももっと注目して頂きたいものです。

それから、4曲目と5曲目は「こどもの日」にちなんでの選曲。今度は英国ロックでガツン。更に、7曲目「星影のバラード」のオリジナルはボビー・ヴィー(1961年61位)というところから、8曲目はボビー繋がりで(笑)ボビー・ライデル「星空の花売り娘」。イタリアの民謡をアレンジしてチャップリンが映画『街の灯』に使って一躍有名になった曲ですが、亀渕さんはこの『街の灯』が一番お好きな映画なんだそうで、今でもこの曲を聴く為にDVDをご覧になることもあるとか。

その他、スコットランドはグラスゴー出身で当時11歳だったニール・リードが歌う9曲目「ママに捧げる詩」は「82歳になる母にこの曲をプレゼントしたい」というリスナーの方のリクエストに応えて(未CD化音源なのでアナログ盤で紹介)。確か南沙織さんがカヴァーされてましたけど、最近ではヘイリーも歌ってましたっけ(そう言えばもうすぐ母の日ですね)。そこからラストスパートとばかりに10曲目は「今週のインスト曲」ということでビリー・ヴォーン「真珠貝の唄」、対して11曲目は「今週のブルース(R&B)」としてカーティス・メイフィールドのペンによる「恋には御用心」と来て、締めの12曲目は「谷間に三つの鐘が鳴る」(何と、元々はフランスのシャンソンだったんですね!?)。これまた1番と2番をブラウンズのヒット・ヴァージョンで、3番をレイ・チャールズのヴァージョンで、という趣向で楽しませて下さいましたが、最後に「本日はレイに始まり、レイに終わる、一同、礼!」というキレイなオチが付いたところでお開きとなりました(笑)。

さて、何やら次回放送ではモンキーズC.C.R.をかけて下さる模様(となれば、新緑の季節にぴったりなカントリー・ロック系の曲でしょうか?)。おかげ様で、我が家の田植えパート(2)は本日どうにかこうにか無事終了しました。流石にぐったりです(^^;)。



関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/726-678ae00f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT