Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

作曲家・細野晴臣-20世紀音楽の旅:第2夜

今年の夏はモア・ベター今年の夏はモア・ベター
(1998/05/21)
森高千里



NHK-FM
「サウンドストリート21」

2009年5月17日(日)
23:00-24:30
DJ:細野晴臣、川勝正幸
ゲスト:中川翔子



OP:「シムーン(Inst.ヴァージョン)」
 /セニョール・ココナッツ(Senor Coconut)
 <XECD-9051> Al.『プレイズYMO』(2006)

01.「バイ・バイ・ベイビー」 /久保田麻琴
 <COCP-35491> (1975)
02.「ZOOT KOOK」 /サンディー
 <COCP-35492> (1980)
03.「スティッキー・ミュージック」
  /サンディー&サンセッツ (1984)
04.「月世界ナイト」 /スターボー
 <COCP-35493> (1983)
05.「ねらわれた少女」 /真鍋ちえみ
 <COCP-35492> (1982)
06.「月世界旅行」 /アポジー&ペリジー
 <COCP-35494> (1984)

≪ゲストのしょこたん登場≫
07.「天国のキッス」 /松田聖子 (1983)
08.「黄色いカーディガン」 /松田聖子
 <COCP-35493> (1982)
09.「硝子のプリズム」 /松田聖子
 <COCP-35494> (1984)
10.「禁句」/中森明菜 (1983)
11.「風の谷のナウシカ」 /安田成実
 <COCP-35493> (1984)
12.「心のアンテナ」 /中川翔子
 <サンプル>  (2009)
≪しょこたんとはここでお別れ≫

≪細野晴臣ディスカヴァー・カヴァー≫
13.「パーティー」 /ピチカート・ファイヴ
 <COCA-7575> (1991)
14.「東京ラッシュ」 /森高千里
 <EPCE-5001> (1998)
15.「風来坊」 /湯川潮音
 <UPCH-1425> (2007)

ED:「グッド グッド」 /小泉今日子 & 細野晴臣
 <COCP-35491~6> (2008)


以上、「サウンドストリート21」5月17日(日)放送のエアプレイ・リスト(前回に続き後々便利なので個人的に記録)。第2夜は細野さんの提供楽曲の中から「女性ヴォーカルものを中心に」とのことでしたが、話の流れ上、1曲目は久保田麻琴さん(笑)。どうやら、今年の後半からまたハリー&マックのコンビ復活があるらしく、秋には大阪の琉球フェスティヴァルにも出演される予定だとか!?(毎年、大阪ドームで開催されてる恒例のあのイヴェントでしょうか?)。

続く2曲目から6曲目にかけては差し詰め80年代のニューウェイヴテクノ歌謡コーナーといった感じで、2曲目サンディーさんの「ZOOT KOOK」デヴィッド・ボウイもお気に入りだったそう。4曲目スターボー「月世界ナイト」は作詞が松本隆さん、アレンジは清水信之さんと豪華布陣ながら、誰も止める人もいなければ「関わった人間はみな内心これでいいんだろうかと思いながら仕事してた」と細野さん(苦笑)。一方、阿久悠さんの作詞による真鍋ちえみの5曲目「ねらわれた少女」は細野さんも納得の作品らしく、確かにパフュームの先駆け的なサウンドかも。そう言えば戸川純さんと三宅裕司さんの匿名ユニット、アポジー&ペリジーよる6曲目「月世界旅行」ニッカウヰスキーCMソングでしたっけ?(何となく憶えてます)。   

そしていよいよ7曲目からはNHKホールでのツアー・ファイナル公演を終えたばかりのしょこたんがゲストで登場。第一声から「夢のようでございます」と”細野さんリスペクト・モード全開”で(笑)、まず彼女が一番好きな聖子様のシングル「天国のキッス」をオンエア。更に「松田聖子様のシングルB面アルバムの中の曲が好き」と言うしょこたんが「私の”理想”と”究極”」だと大絶賛して紹介したのがアルバム『Candy』のB 面4曲目に収められていた「黄色いカーディガン」「ピンクのモーツァルト」のB面だった「硝子のプリズム」(要するにmusicsheifの特集でも選んでた3曲で、勿論、作詞はいずれも松本隆さん。細野さんが松本さんとのコンビで作曲される際は詞が先なんですね)。何でも、「黄色いカーディガン」は細野さんが聖子ちゃんに提供した最初の曲だそうですけど、デモ段階の仮歌は細野さんご自身が歌っておられたとのこと(音源残ってるなら是非何らかの形で聴いてみたいです!)。

そんなふうに80年代アイドル歌謡に焦点をあてたコーナーの最後は、しょこたん念願の松本さん&細野さんコンビからの楽曲提供となる12曲目「心のアンテナ」。7月公開の映画ポケモンの主題歌として細野さんの自宅スタジオでレコーディングされたそうですけど、元々は細野さんが自身のソロ用に作ってた曲で、アレンジも全然テクノじゃなかったという話。「僕もソロで歌ってみようかな」とおっしゃってたので、もしかしたらそのうちセルフカヴァーのリリースもあるかもしれませんね(^^)。その前に、しょこたんヴァージョンのカップリングには「硝子のプリズム」のカヴァーが収録されるようなので、これは益々リリースが楽しみです(7月15日発売のようですね)。

それから、今週の「細野晴臣ディスカヴァー・カヴァー」は細野さんも参加されてるピチカートの愉快な「パーティー」や、細野さんのプロデュースのもと、遊び心溢れる森高千里「東京ラッシュ」もさることながら、湯川潮音さんの澄んだ歌声による「風来坊」にうっとり聴き惚れるばかり。映画『リンダリンダリンダ』はわりと最近になって深夜にテレビで見たんですが、やはり彼女が「The Water is Wide」とこの曲を歌うシーンが一番印象に残ってます(というか、他はとくに・・・苦笑)。

さて、早くも最終回となってしまう第3夜のゲストは松本隆さんとのことなので、これまた聞き逃せませんぜ!



関連記事
スポンサーサイト

| Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/736-952c7c2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT