Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メビウスの世界

moebius005023

2009年5月23日(土)

連載シリーズのつづき【Part4】「杉浦茂101年祭」特別展の会場を出たら、同じくマンガミュージアム2Fのギャラリー4にて、企画展「メビウスの世界」も開催されていたので、ちらっと覗いてみることに。メビウスさんについては【Part2】でも触れた通り、バンド・デシネと呼ばれるフランス漫画界の巨匠で、宮崎駿さんに加え、大友克洋さんや松本大洋さん、鳥山明さんら日本の多くのクリエイターにも影響を与えているとのこと(何でも手塚治虫先生もメビウスさんのファンでらしたそうですね。東京では浦沢直樹さんとのシンポジウムも開催されたようですけど、やはり浦沢さんにとっても憧れの存在だったのでしょうか)。実のところ、恥ずかしながら僕はメビウスさんのことを全然存知上げておらず(汗)、今回の企画展の為にメビウスさんがマンガミュージアムをモチーフに描き下ろされたポスター画を見て一目惚れした超々にわかファン(^^;)。それ故、フライヤー掲載のプロフィール紹介で、マンガのみならず、『エイリアン』『トロン』『フィフス・エレメント』、更には『ブレード・ランナー』といった実写映画のコンセプチャルデザイン衣装デザインなどを担当されてたと知ってビッ栗!?(とくに『ブレード・ランナー』はつい先日、深夜にテレビの地上波で久々に観たところだったので尚更です)。

メビウス / アルザック・ラプソディ [DVD]メビウス
/ アルザック・ラプソディ [DVD]

(2009/05/20)




確かに、展示されてるイラストレーションなど作品の数々は、SFやロボ好きな僕には魅力的で、細密でリアルな線描と独特の色彩で大きなスケール感を生み出していて、実にアーティスティック(成程、大友克洋さんが影響を受けたというのも納得)。何となく『スター・ウォーズ』を彷彿とさせる作品があるなと思ったら、DVD『アルザック・ラプソディ』のフライヤーにジョージ・ルーカスからも賛辞が寄せられていたり、そのアルザック反重力翼手竜に乗る姿もナウシカとイメージを重ねて見てたら、メビウスさんがナウシカを描いた絵もあってニンマリ(何と、メビウスさんのお嬢さんの名前は「ナウシカ」なんですってね!)。そんなふうに宮崎駿さんと互いに影響を受け合ってるだけあって、井上直久さんのイバラードの世界観とも近いものを感じたりと、なかなか興味深かったです。

  

あとそう言えば、アルザックと反重力翼手竜を見てたら、本秀康画伯の内山田くんとトリ号を思い出しちゃいました(タワレコ限定ver.も欲しいな・笑)。

090523_mm

ちなみに企画展「メビウスの世界」京都国際マンガミュージアムにて今月6日(日)まで開催中。

090523_kkmm

ミュージアムの入場料(500円)のみでご覧になれますので、ご興味のある方は是非♪


◎BGM:「Big Jet Plane」/ Primal Scream

ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ(紙ジャケット仕様)ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ
(紙ジャケット仕様)

(2009/01/14)
プライマル・スクリーム



名匠トム・ダウドによるプロデュースのもと、アメリカ南部のスワンピーかつフォーキーファンキーソウルフルなルーツ・ロック・サウンドに挑むべく、ジム・ディッキンソントム・ぺティ&ザ・ハートブレイカーズベルモント・テンチ、更にはマッスル・ショールズ・スタジオのリズム隊やメンフィス・ホーンズら強力な助っ人達をゲストに迎え、メンフィスアーデント・スタジオでレコーディングされた意欲作『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ』(1994年)に収められたグラム・パーソンズ流儀のカントリー・ロック・チューン(ジム・ディッキンソンがいい味出してるんだよね!)。「メビウスの世界」展のポスター画や、マンガミュージアムのほっこりピースフルな雰囲気が、僕の脳内ジュークボックスからこの曲を呼び起こしました。時々イントロがエレファントカシマシ「四月の風」とごっちゃになります(苦笑)。



【追記:Radio Sweetheartからお知らせ】
webマガジンe-days(イーデイズ)にて、5月29日付けで「バラカン×健太の音楽語り」第1回:ブリティッシュ・インベンジョンがUPされてます。ピーター・バラカンさんと萩原健太さんがそれぞれ選んでおられるブリティッシュ・インヴェイジョンBEST5には個人の趣向だけでなく、イギリス人と日本人の違いもありそうですね。

 http://e-days.cc/music/feature/cat148/200905/27285.php

その他、亀渕昭信さんの連載コラム「カメカメポップス!」では本日付けの更新でフィル・スペクター判決の件について。麻田浩さんの「風に吹かれてみたいから」大貫妙子さんの「WOLLEMIPINE」なども拝読させて頂いてるんですが、大貫さんも無事、田植えを終わられたようで何より。

 http://e-days.cc/style/column/onuki/200905/27251.php



関連記事
スポンサーサイト

| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/745-9ca81eac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT