Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

A Day In The Life



爆裂ニール・ヤング親爺による「A Day In The Life」
(どうやら2009年6月27日ロンドンハイドパーク公演みたいですね)。

じわじわと唸りを上げるラウドワイルド轟音レスポールオーディエンスの大合唱も重なって高揚感抜群ですが、そこにポール・マッカートニーが飛び入りしてニール・ヤングと共に自分のパートを歌っちゃうんですから尚更鳥肌もん!ギターの弦を全部外しちゃったりと後半のグダグダなやりたい放題ぶりにもニール・ヤングならではの熱いロック魂を感じます(笑)。同じくポールと共演した、いつぞやの「Only Love Can Break Heart」共々、是非いつの日か正規でリリースして欲しいものです。


Neil Young Archives 1 (1963-1972) (10pc) [Blu-ray] [Import]Neil Young Archives 1
(1963-1972) (10pc) [Blu-ray] [Import]

(2009/06/02)
Neil Young



ところでニール・ヤングさんといえば、遂に陽の目を見た『ニール・ヤング・アーカイヴ』シリーズ第1弾。とりあえず一番手頃なCD8枚組『CD EDITION』を買っとくか、いや、でもどうせなら思い切ってDVD10枚組『STANDARD DVD EDTION』ブルーレイ10枚『Blu-Ray EDITION』にした方がいいかなと迷ってるうちに結局未だ手が出ないんですけど(値段も値段ですしね・汗)、やっぱりファンならばニール・ヤング本人健太さんもおススメの『Blu-Ray EDITION』を行っとくべきでしょうか?

 warnermusiclife

とはいえ、お財布の中は益々もって厳しい冬で、実を言うとまだブルーレイの再生機器すら持ってなかったり(^^;)。それでも、ニール・ヤング道はまさに「Long May You Run」 、どんなに周囲が移り変わろうと、どこまでも走り続けるしかなそうです。




関連記事
スポンサーサイト

| Beatles | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/764-0b594ab6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT