Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イニシャルは夏

morishita

今月の収穫報告。

まずは森下恵理ちゃんのデビュー・シングル「ブルージン・ボーイ!」(1985年)。
プロデューサー加藤和彦さんのもと、竹内まりやさんや松尾清憲さんをはじめ、鈴木茂さんやユーミン鈴木博文さんに湯川れい子さん等々、豪華作家陣が集結して録音されたアルバム『ボーイ・フレンド』はCD復刻当時、うちの旧掲示板でも大いに盛り上がりましたが(笑)、ドーナツ盤は持ってなかったので、遂にGET出来て嬉しい限り。
A面同様、B面の「秘密のダイアリー」安井かずみ&加藤和彦コンビの手によるものなんですが、これが前にも書いた通り「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」の続編的な隠れた名曲で僕は大好き!もし『音壁JAPAN』第2集を発売するなら、是非この曲も収録して頂きたいものです(^^)。

okazaki

そして偶然にも二つ目の収穫は、その安井かずみ&加藤和彦コンビの最高傑作岡崎友紀さんの「ドゥ-・ユー・リメンバー・ミー」 !。この曲も同名アルバムマキシCD『音壁JAPAN』などでは持っていたものの、ドーナツ盤は持っておらず、やはり同じく安井かずみ&加藤和彦コンビ作によるB面の「ジャマイカン・フェアー」アルバム未収録なだけに、ずっと探してたんですよ(^^)。ちなみに右隣のCDはキタキマユのカヴァー・ヒットを受けて発売されたマキシ。ジャケが岡崎友紀さんじゃないのでイマイチですが、カップリングに「You make me happy」ストーンズ(というか、マリアンヌ・フェイスフル)のキュートなカヴァー、「As tears go by」といったアルバムからの2曲に加え、カラオケが収録されているので、マニアも無視出来ません(^^;)。確か、僕が80年代半ばにリアルタイムで最初に出逢った「ドゥ-・ユー・リメンバー・ミー」はフローレンス芳賀によるカヴァー・ヴァージョンだったんですが(宮川一朗太と一緒に出てたドラマのタイトル、何でしたっけ?)、2000年代のキタキマユのカヴァーもさることながら、90年代のribbonのカヴァー・ヴァージョンも亀田誠治さんによるアレンジが思いっきりロネッツしてて、ガールグループ好きにはグッと来るものがありました。



これも『音壁JAPAN』第2集を発売するなら、是非とも収録して頂きたいな!
(って、そんなことばっか言うてますが・苦笑)。

arai

その他の収穫は、”花の82年組”アイドル、新井薫子「虹いろの瞳」「イニシャルは夏」「大和撫子“春”咲きます」の3枚で、以上5枚にて開放倉庫「1枚50円、5枚で180円コーナー」で締めて180円(笑)。新井薫子さんはとくにファンだったという訳でもなく、「私の彼は左きき」のカヴァー・シングルもなかったものの、なかなかお目にかかれないし、何だかやけに心惹かれるものがあって、気付けば手に取ってました(そう言えばアルバムには松尾清憲さんも楽曲提供されてましたっけ)。

kaoruko

でも家に帰ってから調べてみたところ、ネットオークションだと1枚1000円くらいで売られてたので、それが5枚で180円なら、いい買い物だったかも(^^)。とくに「イニシャルな夏」は鮮やかなブルーのカラーレコードが涼しげで何ともいい感じです♪

ultra

あと、ウルトラマンソフビ・フィギュア50円激安だったので、思わず買っちゃいました!?(どうやら、ところどころ塗装がやや落ち気味で使用感があるので、この値段が付けられたようなんですけど、そのダメージがかえってリアルさを増していて、いい味わいを醸し出してくれてるみたい。結構デカいです)。

シュワッチ!



関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/780-3ab13184

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT