Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!#9

想い出の冬休み ~日本語ヴァージョン想い出の冬休み
~日本語ヴァージョン

(1998/10/14)
コニー・フランシス



#9:2009年7月28日放送

01.Girls Just Want To Have Fun 
 ガールズ・ジャスト・ウォント・トゥ・ハヴ・ファン
 (旧邦題:「ハイスクールはダンステリア」
 /シンディ・ローパー Cyndi Lauper  1983年2位
 [ Robert Hazard ]

02.Tumbling Dice ダイスをころがせ 
 /リンダ・ロンシュタット  Linda Ronstadt 1978年32位
 [ Mick Jagger/Keith Richards ]

03.Ruby Tuesday ルビー・チューズデイ 
 /メラニー Melanie 1971年52位
 [ Mick Jagger/Keith Richards ]

04.Vacation ヴァケーション(日本語ヴァージョン) 
 /コニー・フランシス Connie Francis 1962年9位
 [ Connie Francis/Hank Hunter/Gary Weston ]

05.I'm Gonna Be Warm This Winter 想い出の冬休み(日本語ヴァージョン)
 /コニー・フランシス  Connie Francis 1963年18位
 [ Mark Barkan/Hank Hunter ]

06-(a).The Circle Game サークル・ゲーム 
 /バフィ・セント・メリー Buffy Sainte-Marie 1967年
 [ Joni Mitchell ]

06-(b).The Circle Game サークル・ゲーム 
 /ジョニ・ミッチェル Joni Mitchell 1970年
 [ Joni Mitchell ]

07.All Alone Am I ひとり淋しく 
 /ブレンダ・リー Brenda Lee 1962年3位(AC1位)
 [ Arthur Altman/Arnie Altman/Manos Hadjidakis ]

08.It's a Heartache 愛は哀しくて 
 /ボニー・タイラー Bonnie Tyler 1978年3位(Country10位)
 [ Ronnie Scott/Steve Wolfe ]

09.At Last アット・ラスト 
 /エタ・ジェイムス  Etta James 1961年47位(R&B2位)  
 [ Mack Gordon/Harry Warren ]

10.Kiki お転婆キキ
 /ベティ・クルーニー Betty Clooney
 [ Popp/Tobias ]

11.Slow Hand スロー・ハンド 
 /ポインター・シスターズ Pointer Sisters 1981年2位(AC6位/R&B7位)
 [ John Bettis/Michael Clark ]

以上、「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」第9回放送のエアプレイ・リスト。いつものように復習がてら、個人的にアーカイブ(今回はチャート年代に加えて、ソングライターも書き添えてみました。リスト一覧はこちらのカテゴリーよりどうぞ。ブログ内で検索をご利用の場合は「番組名+曲名orアーティスト名」などでお試し下さい)。

今週は、意外にも「過去の放送でまだ女性歌手が10曲もかかってなかった」というもあって女性シンガーの特集。生憎、僕が期待してたオールディーズ系のガールグループやガールシンガーはあまりかからなかったものの、それでもリンダメラニーによるストーンズのカヴァー2連発もあれば、コニー・フランシスは流暢な日本語ヴァージョンを2曲メドレー仕立てにしたり、更に映画『いちご白書』の主題歌「サークル・ゲーム」バフィ・セント・メリーからジョニ・ミッチェルの作者ヴァージョンへとリレー形式で繋げてみたり、といった趣向をこらした選曲や、シンディ・ローパー「歩く渋谷109」と絶妙に譬える亀ちゃん節で存分に楽しませて頂きました(笑)。

そんな中、僕にとってのハイライトは、8曲目にロッド・スチュワートも近年カヴァーしてるボニー・タイラー「愛は哀しくて」をかけて下さったこと(だって、この曲でドラムを叩いてるのは、我が最愛のバンド、バッドフィンガーマイクですから!)。曲紹介の際、亀渕さんが「(ボニー・タイラーがポリープの手術で声がハスキーになったことでヒットが生まれたように)人生何が幸いするかわからない、ピンチはチャンス、チャンスはピンチ、諦めちゃいけない!」とおっしゃってましたけど、ホント、諦めたらそこで終わりですよね・・・。

その他、エタ・ジェイムスはやはり日本でも間もなく公開される映画『キャデラック・レコード-音楽でアメリカを変えた人々の物語』の紹介も兼ねて(上柴とおる親方の番組でも随分前から紹介して下さってますが、この映画は僕も是非観てみたいです)。

そして最後に、ベティ・クルーニー「お転婆キキ」はインストゥルメンタルでヒットした「Portuguese Washerwomen(ポルトガルの洗濯女)」 のヴォーカル・ヴァージョン(というか、亀渕さんも解説して下さってた通り、元々はアンドレ・ポップが作ったシャンソンなんですってね。You Tubeで偶然見つけたこの江利チエミさんのカヴァーも実に素敵だこと!)。

何でも、亀渕さんの叔母さまは宮美子という芸名で米軍キャンプを巡業するジャズ歌手でらしたそうで、亀渕さんはその叔母さまの影響もあって、女性歌手の曲を聴いて音楽が好きになったというお話。ということは、きっとジョージ・クルーニーも叔母のベティ・クルーニーローズマリー・クルーニー姉妹の影響を受けて、音楽もお好きなんでしょうね。今更ながらゴールデングローブ賞主演男優賞を獲得した『オー・ブラザー!』での熱演にも納得です(^^)。

さてさて、次回8月11日(火)放送は普段より1時間前倒しPM8:05から放送時間2倍100分スペシャル版とのこと。森山良子さんをゲストに、「名曲対決!20世紀vs21世紀」と題して、20世紀の名曲と、21世紀のカヴァーの聞き比べ特集を用意して下さってるようですけど、これはマジ面白そう!(聞き逃すことのないように、放送開始時間、間違わないようにしなきゃ!!)。


関連記事
スポンサーサイト

| Kame Radio | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/784-b65db4cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT