Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カレー・イン・ザ・ライフ

curry

先月に続きまして、またまた少々遅ればせながら「CD Journal (ジャーナル)」 2009年9月号掲載分の松尾清憲さんと本秀康画伯創刊25周年記念コラボ企画『チョコレート・ラヴ』について。第5弾「カレー・イン・ザ・ライフ」は、「遊び心」という名のスパイスが効いたラーガロック、というかインド風のサイケポップインドの神様香辛料の名前と共に神保町のカレー屋さんの店名を列挙した歌詞も、まるでサンスクリット語のマントラを聴いてるかのような響きで、ホント面白いったらありゃしない!

 http://www.cdjournal.com/main/special/chocolate_love.php

今回のお二人のコラボからはいろんなタイプの名曲が生まれてて、全曲シングル・カット出来ちゃいそうなくらいハイクオリティーキャッチーですが、そうゆう意味ではこのカレー賛歌も本画伯のイラストをそのままジャケにして、カップリングにシタールバリバリのインストヴァージョンでも入れてシングルカットして欲しい気分(それこそカレーを食べる時のBGMにも持っていだし、カレー業界のキャンペーン・ソングにもいいかも♪)。

curry

ということで、ここからは少々脱線して僕の「カレー・イン・ザ・ライフ」について。まず、この夏食べた変わり種はお土産で頂戴した北海道限定まりもっこりカレーもっこりビーフまりもは入ってなかったですけど(当たり前じゃ・笑)、確かに味は「もっこりグ~!!」(?)。

curry

それから僕、カレー好きのクセにcoco壱番屋に一度も行ったことなかったので、やっぱ一度は食べとかないとなと思い、この前初めて食べに行ってみました(注文したのは「アメトーーク」「カレーライス芸人」特集で宮川大輔が美味いと言ってたエビにこみカレー。これにチーズをトッピングするんでしたっけ?)。

curry

でも結局、最近食べた中で一番美味しかったのは、先日、久し振りに自分で作ってみたカレーでした(お米は勿論、うちで作った近江米で、人参ジャガイモ玉ねぎもうちの畑で収穫したものなら、お肉は貰い物の近江牛と、ルー以外は紛れもなく地産地消!誰が作っても不味いハズありません・苦笑)。

 
ザ・ビートルズ・CDガイド レコード・コレクターズ2009年10月号増刊ザ・ビートルズ・CDガイド
レコード・コレクターズ
2009年10月号増刊

(2009/09/11)




最後に、本日から配信が始まった「レコスケ・レディオショウ」第9回は、ビートルズのリマスター再発にちなんで、香港女性歌手によるビートルズ・カヴァー特集

 http://recosuke.i-radio.fm/

僕もいろんなビートルズのカヴァーやパロディなどを集めることを趣味にしてるものの、香港方面は守備範囲外だっただけに(^^;)、これまたいい勉強になりました。とりわけ、ほぼメリー・ホプキンの完コピ状態で、杉本理恵ちゃんの日本語カヴァー程インパクトはなくとも、チェルシア・チャン(Chelsia Chan)が歌う「Good Bye」 のカヴァーがかなり僕好み(早速CDチェックしなきゃ!)。

「レコスケ・レディオショウ」#9
(2009/09/04)


1.Ob-La-Di, Ob-La-Da / ナンシー・シット
2.Here There and Everywhere / パトリシア・チャン
3.Good Bye / チェルシア・チャン

どうやら「レコスケ・レディオショウ」のバックナンバーは過去3回分までしか保存されないようなので、一応、今回から個人的にオンエア曲目もメモさせて頂きますね。もしまだ第6回ジョージ特集(後編)や第7回松尾清憲特集第8回インディー特集をお聴きじゃない方いらっしゃいましたら、是非どうぞお早めに!

尚、トップの写真は先月、信楽で撮影したものなんですが、何でも信楽にも最近インド人シェフが腕をふるう本格的なインドカレー店が出来たんだとか。ボリューム満点なのに安くて美味しいという噂なので、密かに気になってマス(^^;)。



関連記事
スポンサーサイト

| Beatles | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/809-8e823ec7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT