Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウクレレ10万馬力

rc

8月17日の続き。

『ウクレレ手塚治虫』を特集した8月30日発行のフリーマガジン「ローリングココナッツ」44号、先週、JEUGIA草津A SQUARE店ウクレレ・コーナーGStringのカタログと共に貰って来ました。表紙や特集もさることながら、個人的に興味深かったのは最近『ウクレレ・ベンチャーズ』を出版された勝誠二さんアレンジによる「スリラー」ウクレレソロスコアと、「101歳のウクレレ弾き」ビル・タピアさんのインタビュー記事。何と、ビルさんは15歳の時に一度ウクレレを手放してジャズ・ギタリストへと転向、それから2001年になって奥様とお嬢様を亡くされた後、再びウクレレを手にする迄の56年間、ウクレレにはまったく触りもしなかったんですってね!?(その辺りの話は「ウクレレ・マガジン」のインタビュー「KAMAKA(カマカ)」のホームページ「カマカ・ウクレレ・クラブ」のインタビューでも語っておられましたけど、そこ迄長いブランクだったとは存じませんでした)。

ウクレレ・ビートルズウクレレ・ビートルズ
(2006/09/27)
オムニバス


そして「カマカ・ウクレレ・クラブ」にはバンバンバザールの富やんのインタビューも掲載されてますが、これがまた何とも面白くて。一応僕もファンなので、富やんが最初に買ったウクレレはドン・キホーテで売ってたべニア板で出来た数千円の安物で、ウクレレ歴も決して長くはないとは知ってはいたものの、まさかウクレレを買ったのは『ウクレレ・ビートルズ』への参加が決まってからで、「Please Please Me」をレコーディングする僅か一週間前だったとは(笑)。でも、元々、凄腕ギタリストだったとはいえ、5年足らずで、ウクレレ・プレーヤーとしてもすっかり地位を確立されたので、あらためて尊敬の念を抱かずにはいられません。

カマカ・ウクレレ・クラブ・ジャパン
Musician's Talk
ビル・タピアwith関口和之
「音楽をやり続けるパワーの源は、
美しい女性とウクレレだね(笑)」

Vol.1:ウクレレとの再会は93歳。(9/3UP)
Vol.2:ウクレレは最高のリズム楽器。(9/10UP)
http://www.kamakaukulelejp.com/talk05.php

Musician's Talk
バンバンバザール 富永寛之
「がんばり過ぎない方が、
ウクレレの良さが出せるんです」

Vol.1:弾けないのに引き受けたレコーディング。(8/13UP)
Vol.2:バンドのリズムを変えたウクレレ。(8/20UP)
Vol.3:ウクレレは何より作曲に向いている。(8/27UP)
http://www.kamakaukulelejp.com/talk04.php


それにしても、ビル・タピアさんといい、富やんといい、人生って、何が転機になるかわからないもんですね(「ピンチはチャンス」「何事も前向きに」「待てば甘露の日和あり」、僕も、そんな心持で日々を歩んで行きたいものです。勿論、大好きなマイ・リトル・ウクレレを片手に♪)。

パシフィック・スウィングパシフィック・スウィング
(2006/06/28)
キヨシ小林



最後に【本日の1曲】は、どうやら『ウクレレ手塚治虫』には「海のトリトン」「レオのうた」で参加されるらしいキヨシ小林さんと、IWAOさんとの豪華コラボによる「I'll See You In My Dreams(夢で逢いましょう)」。キヨシ小林さんのコード感スウィング感溢れるストラミング奏法がとってもゴキゲン!



僕も、もっと腕を磨いて、こうゆうの演りたいぜ!!



関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ビル・タピアさん

ビル・タピアさん、先月の来日公演観に行きましたよ(^^)!
そうそう。関口さんがライブ前に、タピアさんの経歴のお話されてました。
最後、タピアさんが横を通られた時に握手して貰いました♪

富永さんもそうですが、ホント、何がきっかけになるか解らないですよね。うまい具合に分岐点の波に乗れれば、新しい道が開けるのかなーって思いました(^^)。

| ハリー堀田 | 2009/09/09 22:29 | URL | ≫ EDIT

●ハリーさん
ビルさんの来日公演、大盛況だったようですね!
何でも、今回の日本公演の模様はビクターから10/21に
CD化されるそうですから、もしかしたらハリーさんの
拍手や歓声も入ってるかもしれませんね(^^)。

カマカ・ウクレレ・クラブのインタビュー、Vol.2も
アップされましたね♪
http://www.kamakaukulelejp.com/bill_tapia2.php

そういえば亀渕さんも前におっしゃってましたけど、
ボニー・タイラーもノドを痛めてハスキーヴォイスに
なった結果売れた訳ですし、何が幸いするかわからない人生、
やっぱり大事なのは気の持ちようなのかもしれませんね!

| ヤッチンロック。 | 2009/09/11 17:55 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/812-20226602

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT