Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ザ・ビートル・クラシックス』

beatles

チャック・ベリー「Rock & Roll Music」(1957年8位/R&B6位)バレット・ストロング「Money」(1960年23位/R&B2位)は勿論、アーサー・アレキサンダー「Anna」(1962年68位/R&B10位)バック・オウエンズ「Act Naturally」(1963年カントリー1位)、更にはドネイズ「Devil in His Heart」(1962年)クッキーズ「Chains(愛のくさり)」(1962年17位/R&B1963年7位)等々、ビートルズがカヴァーした曲のオリジナル・ヴァージョンをたっぷり30曲も収録した『ザ・ビートル・クラシックス』。それも公式レコーディング曲だけじゃなくて、チャン・ロメロ「Hippy Hippy Shake」(1959年)エディ・フォンテイン「Nothin' Shakin'」(1958年64位)ジーン・ヴィンセント「Ain't She Sweet」(1956年)クリケッツ「Don't Ever Change」(1962年UK5位)といった初期のライヴ・レパートリーなども含まれているところが実にゴキゲン♪(だって、ジョニー・バーネット・トリオ「Lonesome Tears In My Eyes」「ジョンとヨーコのバラッド」の元ネタだったりしますし・笑)。

そんな訳で相変わらず僕はビートルズ本丸よりも、本丸を眺めながら外堀をグルグル周ってる方が楽しくて仕方ないんですが、どうやら健太さんもNHK-FM「ポップス・グラフィティ」月曜日時代の「ビートルズ・ワンダーランド」特集(1996年10月14日放送)の際、このCDを使用されてたみたいですね(当時のFM雑誌掲載のCD番号から確認しました。もしかしたら1990年12月8日に放送された渋谷陽一さんDJによる特番「オールデイ・ビートルズ」で健太さんがオリジナル・ヴァージョンの紹介コーナーを担当された時もこのCDを使われてたのかも)。久し振りにCD棚から取り出して、あらためてライナー読みながらじっくり聴いてみたら、解説を執筆されてたのが「萩原音楽堂」名物ディレクター鷲津功さんだったことに気付いてビックリしましたよ(^^;)。

opking

ところで「Hippy Hippy Shake」といえば。先日TUTAYA『レコード・コレクターズ』を買いに行った際、レンタル落ちの中古CDワゴンセールをやってたので、「どうせ僕が欲しいものはないだろうけど」とあまり程期待せずに一応軽く覗いてみたら、思いがけずYO-KING(真心ブラザーズ)奥田民生大木温之(The ピーズ)佐藤シンイチロウ(the pillows)の4人からなるスペシャルなロケンロール・バンド、O.P.KINGキングレコード盤(青盤)税込100円で売られてたので、迷わずGET!(当時、大人の事情SMEKi/oonキングのレコード会社3社から同内容・同価格のCDが色違いジャケで3種類発売されてたんですが、キングの青盤は持ってなかったので丁度良かったです・苦笑)。各メンバーのオリジナル曲や共作もさることながら、やっぱり僕のお気に入りは「Hippy Hippy Shake」ラリー・ウィリアムス「Bad Boy」、そしてジョン・レノンもカヴァーした「RIP IT UP〜Ready Teddy」リトル・リチャード・メドレー。 いかにも皮ジャンくさそうな(笑)ハンバッカー系のギターがラウドにギンギン唸ってて、なかなか痛快に仕上がってます(その他、DVDではクールスキャロルと共に初期ビートルズ・ナンバーもカヴァー。チャック・ベリー来日公演の前座に起用されたのも納得です)。

尚、竹内まりやさんのフォト&エッセイ集『インプレッションズ』はTUTAYAの帰りに立ち寄ったブックオフ105円で捕獲(CDは発売当時に買ってたんですけど、本は持ってなかったもので・汗)。杉真理さんらとの大学時代のバンド活動もことなども綴っておられますが、そう言えばミスター年金こと、長妻厚労相慶応大学時代に音楽サークル「リアル・マッコイズ」でロックバンドのヴォーカルを担当されてたんですってね!?(大臣就任時に新聞にもちらっと経歴が載ってましたけど、ということは杉真理さんや竹内まりやさん直系の後輩じゃないですか!!)。厚労大臣のお仕事は年金問題以外にも多岐に渡ってさぞ激務かと思われますが、ロックンロール精神で頑張って頂いて、機会があれば是非一度、歌声も拝聴してみたいものです(^^)。

では最後に一言:
「シルヴァー・ウィークよりシルヴァー・ビートルズ!」



関連記事
スポンサーサイト

| Beatles | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

NHK-FM「浜松アーカイブス三昧」

こんばんは~。

「浜松アーカイブス三昧」、お聴きになりましたか?

昨日(22日)の「軽音楽篇」で、『サージェント・ペパーズ』が、全曲放送していましたが、「ラブリー・リタ」の途中、針飛びが起きてしまって、改めてかけ直していたのには、思わずニンマリしてしまいました^^

僕の知る限り、マディ・ウォーターズの「フーチー・クーチー・マン」(?)でも、針飛びでかけ直してました。レコードそのものの劣化や、もしかすると放送の技術担当の方々も不慣れだったりで、やむを得ないことかもしれませんね。個人的にはハプニング大好きなので、楽しかったです。(不謹慎だったら、ごめんなさい。)

うちのレコードも、数年前にプレーヤーを購入するまで、10年くらいほったらかしにしていましたので、久しぶりに針を落とすと、針飛びやスクラッチ・ノイズがずいぶん目立つように感じられました。本当はうちのすべてのレコードをきれいにしたいところなのですが、手間と暇とフトコロの事情で、それもままならないのが現状です^^;

| ア太郎 | 2009/09/23 21:03 | URL | ≫ EDIT

レコードをきれいに

ア太郎さん、こんばんは!お久しぶりです。

これは昔、私がやってたことなんですが、まず下がぬれないように大きめのポリ袋などを敷いて、水でぬらしてから固く絞ったタオルを敷いて、レコードを置いて、その上から、もう1枚、固く絞ったぬれタオルで、溝にそって力いっぱい思いっ切り、ゴシゴシ擦ります(昔、テレビで見たときは電動やすりを使って擦っておられました)。プレーヤーにかけて、ノイズや音飛びがしなくなるまで根気よく何度もやります。
ちなみに針はタバコのフィルターを水で湿らせたのできれいになるそうです。
昔、NHKテレビ「ウルトラアイ」でやってました。(大昔ですねxx)

| いちおかまり | 2009/09/24 01:10 | URL | ≫ EDIT

いちおかさん、こちらこそ、お久しぶりです♪

お元気ですか?

「ウルトラアイ」懐かしいですね^^

なるほど、効果的な方法のようですね。僕は不器用なので、思いっきりこすると、かえって悲惨な結果を招く可能性があるのが心配ですが、時間がある時に挑戦してみようと思います。教えてくださって、ありがとうございます♪

(9月25日追記)
名前の入力を忘れてしまいました。 不快な思いをさせて、ごめんなさい。

| ア太郎 | 2009/09/24 22:10 | URL | ≫ EDIT

●ア太郎さん
お返事遅くなってしまって申し訳ありません!

「浜松アーカイブス三昧」は生憎、田んぼに行ってたりで
ほとんど聴けなかったんですけど(^^;)、それでも
亀渕さんのコメント&リクエストがオンエアされるとのこと
だった18時台だけタイマー録音しておいてチェックしました
(『ロンバケ』もアルバム丸ごとかかってましたね♪)。

そうですか、針飛びまくりでしたか(笑)。
でも、それもまたアナログの「味」ですよね!
そう言えばかつて健太さんDJの「オールディーズ・オールリクエスト」
(1991年11月23日)でも、確かゲストの伊藤銀次さんだったかが持参
されてたレコードの針が飛んで、松尾清憲さんが曲終わりに
「こりゃまた飛んだ失礼をば」と絶妙な洒落でフォローされてました
けど、そうゆうの込みで楽しかったですし(苦笑)。

レコードのお手入れ、いちおかさん案をお試しになられましたら
是非その効果の程ご報告下さいね(^^)。

| ヤッチンロック。 | 2009/09/26 17:09 | URL | ≫ EDIT

レコードのお手入れ

ってゆーか、聴く前の習慣になってましたね。
1枚ずつだと磨きながらレーベル読んだりして、
結構、楽しいですよ。
おおっ!レコードが喜んでる!
よーな気もしてくるし(って変?)。

| いちおかまり | 2009/09/27 00:33 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/822-efb1fe24

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT