Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長岡京ソングライン'09



2009年10月04日(日) 晴れ

帰省中の弟夫婦は3日連続でF-1日本GPを観に鈴鹿サーキットへ、
僕は仲良しライヴハンターさんと共に京都長岡京ソングライン'09へ。

 http://songline.jp/

今年で2度目の開催とのことでしたが、長岡天満宮の境内に設けられた4つの野外ステージを舞台に繰り広げられるEcoピースフルフリーライヴイベントで、手作り感笑顔溢れる雰囲気もほっこりとアットホーム。とくに目当てにしてた出演アーティストはいなかったものの、青空の下、緑豊かな空間で聴くアコースティック・サウンドは清々しくて心地よく、素晴らしいボランティアスタッフさん達のおかげもあって、ほんわか&のんびりと楽しい一日を過ごすことが出来ました(感謝)。

ちなみに、僕がばっちりステージを全編拝見出来たのは、
梅の丘のステージ松井省悟(from 空中ループ)
大森元気(from 残像カフェ)松崎ナオ広場のステージではズクナシ

その他、ナカノノナカノナカノ石川寛也(from COOLJOKE)はせがわかおりのステージをざっと、更に限られた時間ながらアマネBaconパイナップル独りウェイアランスミシーバンド海老沢タケヲ梶本浩司(fromワゴンズ)、そして井上ヤスオバーガー(以上敬称略)といった方々の演奏も聴くことが出来ました(あとフリーステージニール・ヤング「孤独の旅路」を歌われてた方がいらっしゃったっけ)。

Flower SourceFlower Source
(2006/08/18)
松崎ナオ


中でも個人的に一番印象深かったのは松崎ナオさん。
どちらかというとギターをやさしく爪弾きながら、囁くように歌う感じの出演者が多かっただけに、凛としたロックのグルーヴみなぎる彼女のキーボードとアコギ、加えてまっすぐな歌声は断然胸にぐっと来るものがあり、鍵盤をガンガン叩きながら「いけないルージュマジック」の連呼、「キャベツは好きかー!?」「ノリノリかー?」とぶっきらぼうに投げかけるようなMC(笑)、カホン奏者の方との息の合った掛け合い、熱いコール&レスポンス風のメンバー紹介なども、まさにキヨシロー・スピリッツ!最後5曲目に歌ってくれた「hello,goodbye」を生で、それも木漏れ日に包まれたあの特別な場所で聴けただけでも、今回観に行った甲斐がありました(重松清さん原作の映画『きみの友だち』テーマソングだったんですね。確かにこりゃ名曲だ!)

hirumesi

スライドショーにも盛り込みました通り、我々のランチは飲食ブースで購入した大阪・緑橋SEVENDAYSハンバーガー(600円)と屋台の焼きそば(大500円)。勿論どっちもまいう~(^^)。フリーマーケット手作り市ではレコードは売られてなかったので、残念ながらこれといった収獲はなかったんですけど、でも、ぶらぶら眺めてるだけでも面白かったです(ポータブル・レコード・プレイヤーが800円で売られてたので一瞬迷うも、僕の好みの色ではなく、針もないとのことだったので結局購入には至らず)。

songline

それからこれは会場で頂いたフライヤーパンフレット類。
パンフの裏表紙がスタンプラリーの台紙になってて、広場のステージ梅の丘のステージ竹林のステージ、池の中州のフリーステージの4箇所を巡ってスタンプを集めるとオリジナル缶バッヂを1個貰えるという趣向。100円以上募金に協力したら、もう1個バッヂを下さるというので、僕は緑色のと白い缶バッヂを頂戴ました♪

最後になりましたが、関係者ならびにスタッフの皆様、
お疲れ様でした&どうも有難うございました!
ソングライン、是非今後も続けて下さいね!!




関連記事
スポンサーサイト

| LIVE/EVENT | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/827-fa146558

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT