Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ドリームガールズ』

ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)
サントラ、マキシ・アンダーソン 他 (2007/01/31)
ソニーミュージックエンタテインメント

2月13日(火)

映画『ドリームガールズ』の試写会に当選したので、一足早く観に行って来ました。評判通り観応え&聴き応えのある映画で、FM-COCOLO「南港♪ミュージックエンタテイメント」の予習特集(1/14放送)のおかげもあってバッチリ楽むことが出来ました♪(シュープリームスは勿論、プライメッツフローレンス・バラードなどの曲も流して下さいました。あと、ミュージカル版のサントラからもBGMで少し。こんな有難い番組、今どき他にないです)。

226_palco3_dd.jpg

正直なところ、普段のビヨンセは「押し」の強い部分がやや苦手だったりするんですけど(^^;)、でも、この映画の為に10キロの減量をして役に臨んだというだけあって、所作といい歌声といい、見事にあの役を演じ切っていて、随所にダイアナ・ロスを彷彿させるものがあり、実に可憐で素敵でした。

イレプレイスブル/リッスン(DVD付)イレプレイスブル/リッスン(DVD付)
ビヨンセ (2007/03/07)
ソニーミュージックエンタテインメント

そしてビヨンセもさることながら、ジェニファー・ハドソンのソウルフルでダイナミックな歌声はアレサ・フランクリンばりの迫力で、体当たりの演技と共に圧倒されました(アカデミーの助演女優賞へのノミネートも納得です。とはいえ、菊池凛子さんとはまったくタイプが違いので、比較するのは難しいでしょうね)。エディー・マーフィーの役はJBに相当する役というふれ込みでしたけど、実際映画を観てみると、JBであると共に、オーティス・レディングでもあり、そしてマーヴィン・ゲイでもありと、「あの時代のソウルシンガーの象徴的存在」として彼らの姿が幾重にも投影されてるようでした。

ドリームガールズ オリジナルサウンドトラックドリームガールズ オリジナルサウンドトラック
サントラ、ジェニファー・ハドソン 他 (2006/12/06)
ソニーミュージックエンタテインメント

ただ最後に、個人的な感想として、一つケチを付けさせて頂くとしたら、映画版は舞台版と差別化する為にも、ミュージカル仕立てではなく、ドラマの部分はドラマとして描いた方が歌シーンともメリハリが付いて良かったんとじゃないなかという気がしました(それは単に僕が元々ミュージカルがあまり得意じゃないからそう思っただけなのかもしれませんが・苦笑)。とにかく、モータウン好きなら観て絶対損はないと思います(あまりネタバレしてもいけないので、とりあえずこんなところで)。

◎映画の公式サイト:http://www.dreamgirls-movie.jp/top.html

関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/83-0a4fefb2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT