Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋の鉄分補給2009

foreo

昨年滋賀にオープンしたショッピングモールの中で唯一
まだ行ったことのなかった瀬田フォレオ大津一里山
先月初めて遊びに行って来ました。

foreo

ピエリ守山イオンモール草津よりも小さく、ヴィレッジヴァンガード
もないので、正直僕的にはこれといった目当てのショップはなかったん
ですけど(うちからだと一番遠いし)、それでも足を運んでみようということ
になった理由の一つがこの新幹線展望テラス

foreo

小さなテラスながら、琵琶湖比良山系なども見えてなかなか
景色もよく、大体、5分に一本間隔で、時には上りと下りの新幹線が
同時に通過するので、その筋の方や小さなお子ちゃま連れの
買い物客の人気を集めているようです(テラス手前の屋内には
丸テーブルや自販機と共にこんなパネルも展示されていました)。

foreo

早速、僕も「にわか撮り鉄」となって、新幹線の撮影に挑戦してみた
ものの、何しろ猛スピードで目の前を通過するので、ご覧のような感じで
失敗の連続(苦笑)。

500

せっかくの500系も先頭車両を捕えるには一歩間に合わず(^^;)。

300

しかしながら、鉄子さんからアドバイスを受けつつ(笑)、早すぎたり
遅すぎたりと失敗を繰り返すうちにだんだんコツも掴めて来たのか、
最後の方にはどうにかそれなりに納得のいく写真が撮れるようになり
ました(これは300系。タイミング的にはちまだちょい早いですね・苦笑)。

700

そして700系。一応これがベストショットということで(^^;)。

foreo

そんなふうに、ひとしきり新幹線展望を楽しんだ後は、銀座パノラマ
大津店でランチタイム(前に「タモリ倶楽部」タモさんと原田芳雄
さんが「バー銀座パノラマ 新宿店」でロケされてるの見て一度行って
みたいなと思ってたんです・笑)。

foreo

僕が注文したのはジャンボチキンカツプレート(スープも付いて600円
+100円ソフトドリンクを追加出来るとのことだったのでアイスコーヒー
をオーダー)。もっとお高いのかと思いきや、リーズナブルでボリューム
もあって、カツもサクサクでまいう~(^^)。

foreo

勿論、テーブルの前に広がるのはNゲージジオラマ
(山肌にガンダムザクを立たせたいぜ・笑)。

foreo

鉄道模型撮るのなんて、新幹線に比べたら簡単だろうと
気軽にケータイのカメラを構えてみるも、これが意外と難しく・・・(^^;)。

foreo

なかなか上手く撮れないので、何度もパシャパシャとシャッター押してたら、
お子ちゃまに「何撮ってるの~?」と話しかけられたり、店員さんに「お客様は
鉄道模型集めておられる方ですか?」とマニアに間違えられたりと、少々
気恥ずかしい思いもしましたが(苦笑)、何とも楽しいひと時でした。

foreo

どうやら鉄子さんは新幹線展望台が相当気に入ったようなので、
銀座パノラマ共々、いずれまた再訪することになりそうな予感
(一日張り込んでたら、ドクターイエロー見れるでしょうか?)。

Garden of JoyGarden of Joy
(2009/10/06)
Maria Muldaur


最後に、今の気分で選ぶトレイン・ソングは、春の鉄分補給ジェフ&マリア・マルダー「Blue Railroad Trainだったので、マリア・マルダー「Waitin' for the Train to Come In」 (2003年)。

そう言えば間もなくクレア&リーズンズの新作『アロー』がリリースされますけど(バッファロー・レコードさんのサイトで何曲か試聴出来ますよ♪)、マリア・マルダーも新作『Garden of Joy』をリリースしたようですね。アルバム・タイトルや彼女が従える同名のグループ名を聞いただけでもジャグバンド・ファンなら思わずニンマリしちゃいますが、My SpaceAMGで試聴してみたところ、やはり全編ジャグバンド・ミュージックの模様!しかもダン・ヒックスジョン・セバスチャンに加え、デヴィッド・グリスマンタジ・マハール、更には今は亡きフリッツ・リッチモンド(涙)も参加してるようなので、これは断然「買い」でしょう!!(詳しくは彼女の公式サイトMy Spaceをご参照されたし)。

 http://www.myspace.com/mariamuldaurtoday

それでふと思い出したんですけど、マリアさんの実の娘で、クレアの異母姉にあたるジェニー・マルダー、先月BS-2「黄金の洋楽ライヴ」でオンエアされたトッド・ラングレンの東京公演(1990年)でバックコーラスやってましたね(デビューアルバム結構好きでした。今どうされてるのでしょうか・・・?)。




【ボーナス・トラック】ケータイで動画も撮ってみました(^^;)。



関連記事
スポンサーサイト

| Diary | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

はじめまして。草津に実家があるonemorechanceといいます。今は訳あって湖北に住んでいます。フォレオの検索で寄せていただきましたが、それ以上に音楽の面で非常に似たよった趣味でびっくりしました。ジェ二はボンゴスのリチャード・バロンとキッチュでサイケなパンクバンド『Angry Elves』を組んで一枚アルバムを出しています。クレアがあまりにもファミリートゥリーな音でしたので、ファーストも含めジェニに妙な愛着を感じてしまいます。今は実質的には夫婦ではないかな。ケディーズも大好きです。個人的にはイギリスよりの趣味ですので、英国フォークアプローチの変名バンド的なThe Strangelingsが一番好きだったりします。フォレオは子供が新幹線テラスに言ってみたいと前から言ってましたので動画も拝見させていただき非常に約に立ちました。ありがとうござました。イオン草津のサーカスに連れて行く予定ですので、ついでにフォレオにも行ってみます。またちょくちょく拝見させていただきます。それでは。

| onemorecahnce | 2009/11/06 15:44 | URL |

●onemorechanceさま
はじめまして&コメント有難うございます!
滋賀の方、それもケネディーズやThe Strangelings(!)が
お好きな方からコメント頂けて僕の方こそビックリで、
大変嬉しいです(^^)。

そうですか、ジェニーも妹のクレア同様、人生のパートナーと音楽
やってるんですね(あれから気になって調べてみたら、彼女も
My Spaceにアカウント持ってました。スケジュールとかは載って
ないですけど、またアルバムとか出して日本にも来て欲しいですね)。

http://www.myspace.com/jennimuldaur

実は僕も元々がビートルマニアなので、どちらかというと英国寄り
なんですが、ニック・ロウやデイヴ・エドモンズ、ジェフ・リンや
ロイ・ウッドの肩越しにアメリカンのロックンロールやヒット・
ポップス、ルーツ・ミュージックへの興味も年々増してて、その上で
もう一度英国の音楽もより楽しめたらいいなと思ってます(^^;)。
残念ながら、ネット以外では音楽の話がなかなか通じない生活を送って
ますので、これをご縁に、是非今度とも「ちょくちょく」宜しくお願い
申し上げます(^^)。

フォレオの展望テラス、夕方が一番新幹線の本数が多いらしいんですが、
それ以外の時間帯でも本当に大体5分に一本間隔くらいの感じで新幹線
見れますから、どうぞ楽しんで来て下さい(土日には、お子様向けの
鉄道イベントなどもよく開催されてるようですね。ショッピングモール
自体は小さいので、イオンとはしごするくらいが丁度いいかもしれません。
実を言うと僕もフォレオの後、イオンモール寄って帰りました・笑)。

| ヤッチンロック。 | 2009/11/07 18:07 | URL | ≫ EDIT

お返事ありがとうございます

フォレオの情報ありがとうございます。参考にさせていただきます。ドクター・イエロー見れればラッキーなんですが。

デュークスの強烈なブツがでるのですね。さすがに価格的に手がでません。今年最後に買う作品はやはりイアン・ゴムとジェブ・ロイのデュオ。ジェブ・ロイはFellow Travellersの時代から約20年追っかけてきましたが、先日出た新作は彼の毒気がまったく出ておらず、亜流のブリティッシュジャズの系譜で面白味のない物でしたので、ゴムとのデュオは意表をつかれた感じでかなり期待が大きいです。情報ありがとうございました。

今頃ニック・ロウ、ライ・クーダー、そして息子は日本でしょうか。見たかったのですが、さすがに12000円は手がでませんでした。私は77年に17歳だった、まさにClass Of 77なパンク世代。私のクラスはでストーンズかビートルズではなくロンドンパンクかDTBB(宇崎のアレです)のどちらかというムチャクチャな選択肢しか公言できませんでした。しかしながら一回り上の兄が強烈なモダンフォーク、英国フォーク、ビートルズ、フィル・スペクターのファンでしたので、そちらの影響が強いです。Nick LoweやDave Edmundsにはその両方の魅力があるので大好きですが、さすがに最近は落ち着きすぎかなと思ったりします。

87年以降、CD購入において再発は決して買わない、後ろは振りかえらないと徹底してまいりましたが、さすがにBarry GoldbergとEddie Hintionの新装盤は買ってしまいました。あとは以前持っていたDon Everlyの85年頃の作品を買い戻すだけです。たしかこれはNick Lowe抜きのRockpilleがバックをしていた様な。かなり良いアルバムでしたので、もう1度なんとか聴いてみたいのです。

私の周りにも音楽的趣向の合う方がおられないので、こちらこそ今後とも宜しくお願いいたします。

それでは

| onemorecahnce | 2009/11/08 14:53 | URL |

●onemorecahnceさま
こちらこそご丁寧にお返事頂き恐縮です(有難うございます!)。

僕も年内はイアン・ゴム&ジェブ・ロイとトム・ぺティの
ライヴ・アンソロジー、あとディランのクリスマス・アルバム
が聴けたらそれで大体満足です(笑)。ゴムとジェブ・ロイの
デュオは絶妙の顔合わせで、ホント楽しみですね!

確かにニック・ロウとライ・クーダーの来日公演のチケットは
(安田謙一さんも「ミュージック・マガジン」の連載でちらっと
書かれておられましたけど)流石にちょっと高すぎますよね~(^^;)。
それに基本的に僕、ホール・ライヴにはもうあんまり興味ないので、
ニック・ロウもライ・クーダーも、もう少し小さな箱でじっくり
ワンマンで観てみたいです。イアン・ゴムとジェブ・ロイも磔磔
あたりに来てくれたら嬉しいんですが(^^)。

そう言えば、エヴァリー・ブラザーズの『ストーリーズ・ウィ・クッド・テル』
が先日パイド・パイパー・デイズ紙ジャケ・コレクションで再発されました
けど、この際ドンさんは勿論、フィルのソロ・アルバムなんかも含めて
是非まとめてリイシュー再発して頂きたいですよね。亀渕さんが
無人島レコードに選んでおられたフィルの初ソロなんかも、CD出たら
欲しいです♪

ではフォレオとサーカス、どうぞ楽しんで下さいね!

| ヤッチンロック。 | 2009/11/10 01:51 | URL | ≫ EDIT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/835-267e759b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT