Sweetheart Of The Radio

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仲井戸麗市の「D.N.A.~ロックの殿堂~」#1

DA DADA DA
(1993/02/03)
仲井戸麗市



JFN「D.N.A.~ロックの殿堂~」
2009年10月23日(金)PM19:00-19:55
DJ:仲井戸麗市


OP.Pearly Shells 真珠貝の歌 
 [ W.Edwards / L.Pober ]
 /ビリー・ヴォーン楽団 Billy Vaughn & His Orchestra

【まずは挨拶代わりに1曲】
01.ハッスル /仲井戸“CHABO”麗市

- Break -

ギター弾き語り:「ダイアナ」(※ワンフレーズのみ。歌詞は日本語で)
~更にチャック・ベリーのリフやクラシック・ギター教室に通ってた頃、
発表会で演奏した曲(カルカッシ)など。

【チャボさんが初めて買ったドーナツ盤】
 ~「伊勢丹で買った」とのこと(当時330円)。
02.I Want To Hold Your Hand 抱きしめたい 1964年1位
  [ John Lennon / Paul McCartney ]
 /ザ・ビートルズ The Beatles

【音楽は勿論、”言葉”にも強い衝撃を受けた】
03.Like A Rolling Stone ライク・ア・ローリング・ストーン 1965年2位
 [ Bob Dylan ]
 /ボブ・ディラン Bob Dylan

【チャボさん曰く「ロックの最高峰の名曲」】
04.Little Wing リトル・ウィング 1967年
 [ Jimi Hendrix ]
 /ジミ・ヘンドリックス The Jimi Hendrix Experience

- Break -

【RC時代の代表曲】
05.雨上がりの夜空に(Live) /RCサクセション

【最近受けた仕事について】
~映画『キャデラック・レコード』のパンフレットにコメント


ギター生演奏:チャック・ベリーのリフなど

06.I Can't Be Satisfied アイ・キャント・ビー・サティスファイド 1948年
 [ McKinley Morganfield/Muddy Waters ]
 /マディ・ウォーターズ Muddy Waters

- Break -

ED.ミュージック(Live) /麗蘭


BBSにもメモしておりました通り、10月からJFN系「D.N.A.~ロックの殿堂~」第3週チャボさんがDJを担当されるとのことだったので(とはいえ実際、今月は第4週でしたが・笑)、ラジオのチューニングを合わせてみました(上記が個人的に作成したエアプレイ・リストと大まかな流れ)。

第1回目の放送はまずチャボさんの音楽ヒストリーを辿る形で、前半は「音楽体験」、後半は「ミュージシャンとしてのキャリア」についてざっと自己紹介。チャボさん自身も「1960年代にティーンエイジャーを過ごしたラジオ少年だった」とおっしゃるだけあって、番組オープン二ング・テーマはビリー・ヴォーン楽団「真珠貝の歌」(もしかしたらチャボさんもこの曲が番組テーマに使われていた石田豊さんDJの「リクエスト・コーナー」を熱心にエアチェックされてたんでしょうか?)。

話の合間に時折、ちょこちょこっとギターの生演奏なんかも披露して下さるんですけど、これがほんのワンフレーズだけながら思わず「おおっ!」と声をあげたくなるくらい実に見事な腕前。今後、気が向いたらスタジオで弾き語りや(歌の言葉に触れたい人間なので)詞の朗読のようなこともやるかもしれないし、音楽も(時にはミニ特集なんかも組むことがあるかもしれないけど)基本的に毎回好きなCDを無作為に選んで来て、みんなに届けたい、何よりせっかく自分がDJを担当するからには仲井戸麗市らしいカラーを出して、(今でも自分自身ラジオはよく聴くので)「自分でも聴きたいと思うような番組作りを目指したい」とおっしゃってたので、これは益々もって楽しみ!今から来月の放送が待ち遠しいです♪(第3週の金曜日、忘れないようにしなきゃ・・・)。



関連記事
スポンサーサイト

| Chabo-DNA | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














※スパム投稿は通報します。

TRACKBACK URL

http://yasuhirock.blog16.fc2.com/tb.php/839-94797e68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT